« ショートスリーパー再び、そしてディースカウ | Main | ててごとははごと »

July 16, 2012

マミヤに餌を。

1342421771116.jpg
なんとも暑い。こういう日はカメラ掃除に限るということで随分昔に親戚にお下がりで貰ったMamiya Universal Pressを引っ張り出してブロアで埃を吹き飛ばしつつ、スローシャッターを切ってみたが、低速で明らかにネバリが出ていて四分の一が二分の一ぐらいにはなっている。何度か切っているうちに段々と正常に戻って来たようだ。

しかし、このカメラは如何にもマミヤらしい佇まいで、セットにはレンズ二本、グリップ、6x9と6x7のホルダー、手札判ホルダー、光学ファインダーにスポーツファインダーまで揃っていて、スポーツファインダーなどはレンズの焦点距離に応じてパララックスを補正する機構まで付いている。勿論手動だ。この機械感というか機械工作感溢れる機構は、以前持っていたRB67ProS の、例えば画面の縦横をフィルムバックの回転で切り替える際にフレームに現れる視野を示す棒しかり、如何にもマミヤだ。

120フィルムはまだ入手可能だし、ことによると135より長生きするのではないかとも思えるので、久しぶりに入れてやるかと思った。まるで猫に餌を与えるみたいだけれど。

そろそろデジイチを買っても良い頃ではないかと思うのだけれど、電気がないと動かないというのはカメラではないというような思い込みがまだ根深く心の底にあって、そんなものに何万円もつぎ込むことがどうしてもできない。カメラは金属とガラスが物理的な仕掛けで動くものであって、その中でフィルムが化学変化を起こしてナンボのものなのだ。

いやそんなことを言う奴は今どきいないわけで、もう観念していま何を買おうか研究中だ。ナイコンのE800かオリパのOM-Dか、お財布事情から結局OMになりそうだが、買ったら買ったで夢中になりそうな気配。

しかし暑い。
(写真はスイス鉄道、チューリッヒ駅だったか。)

« ショートスリーパー再び、そしてディースカウ | Main | ててごとははごと »

写真」カテゴリの記事

Comments

The comments to this entry are closed.

NAVIGATION

無料ブログはココログ

search


  • Google

thank you!