Flickr


  • www.flickr.com

exhibition

« 森山大道 / 『にっぽん劇場 1965‐1970』 | Main | 藤原新也と痕跡本 »

May 06, 2012

ニコライ堂、ユイスマンスそして読書メモ

Fallen_petals_2

普段近くにいるのに今日久しぶりにニコライ堂の鐘の音を聴いた。しばらくその東方教会の瞑想的な音色を聴きながら、以前短期間ではあるが滞在したドイツのローマンカトリック教会での鐘とは明らかに旋律も音色も異なっているのに気付いた。なにか世の終わりに鳴り響く鐘のような、戦慄と同時に諦念にも似た感情を呼び起させる。全く勝手で独りよがりのイメージではあるが、そんなことを思うと何故か心の片隅に長い間澱のように溜まっていたものが少しばかり溶けてゆくような気さえした。立ち止まって終わりまでを聴いた。

ユイスマンスの「彼方」だったかに鐘楽への執拗ともいえる描写があって、聴きながらこれを思い出していたが、帰ってからYOU TUBEに録音が上がっているのを見つけた。

http://www.youtube.com/watch?v=UvtoxC-r8vg

森達也「オカルト」(角川書店)読了。

 前作「スプーン」(文庫では「職業欄はエスパー」)の続編。
 「下山事件」でもそうだったが、この人の作品はルポルタージュの体を取っているようで実は著者の心象風景を語っているのであって、今回もオカルトに関する人々に取材しながらその周辺を逡巡しつつ終わる。その手法を意図して使うことでオカルト=隠されたものの本質を表現したとのことだが、これはドキュメントなのか、森自身のポエジーなのかがいつも分からず著者の意図とは別のところで隔靴掻痒の感がある。

甲野善紀 内田樹 「身体を通して時代を読む―武術的立場」(文春文庫)
 
 三分の一ほどを読んだが、なかなか面白し。内田は合気道の修行をしているのは知らなかった。甲野の本は何冊かを読んで、以前甲野を追ったドキュメンタリー映画のDVDまで買ったことがあるが、武術家が紡ぐ言葉というものは、そもそも言葉では表現できない内容であるがゆえに、(近くで技を実際に見ても分からないらしいのでなおさら)、その内容を他人に伝えることは難しい。敢えて表現しようとすればそれは臨済の公案のようにならざるを得ない。その難しさを内田が巧みに引き出しているような感を受けた。残りを読むのが楽しみだ。

ほか、中平卓馬関係、倉石信乃など数冊を借りる。

« 森山大道 / 『にっぽん劇場 1965‐1970』 | Main | 藤原新也と痕跡本 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

The comments to this entry are closed.

NAVIGATION

GALLERY


  • Gangs of Kabukicho.
    渡辺克巳

    097154803X
    新潮社フォトミュゼの「新宿」が絶版となっているなかで最近刊行された渡辺克巳の最新写真集。洋書。



    先般亡くなった路上の写真家、渡辺克巳の写真集。インサイダーとして夜の新宿を流した彼の生の証はその写された人々と共に永く記憶されるべき。


    ジャパン
    倉田 精二
    4106024330
    渡辺克巳とくれば倉田精二を挙げずにはいられない。日本のウィージーと言われたストリートフォトの神髄。都市の殺伐と虚像をこれほど表現した写真はない。

    にっぽん劇場写真帖
    寺山 修司・森山大道
    4106024187
    寺山と森山のコラボレーションは「あゝ、荒野」以前にもこの作品で既に成就していた。68年刊のこの作品は強烈なコントラストとイメージで時代を色濃く表現している。腰巻きの惹句「奇才ふたりが火花を散らすイメージ地獄巡り」も凄いが、天井桟敷率いる寺山へぶつける森山の渾身の「返歌」が熱い。中平卓馬がカメラを構える有名なショットもあり。これを見ずに森山は語れない。


    奈良原の写真は既に絶版になった朝日新聞社の「昭和写真全仕事」を所有しているが、トラピスト修道院に取材した「沈黙の国」「人間の土地」「消滅した時間」などパースを駆使した知的で静謐な写真は独特の美。「無国籍地」は廃墟をモチーフにした写真集。その圧倒的な画面の構成美を。

    Cui Cui
    川内 倫子
    4902943026
    川内の作品は柔らかい光と深度の浅いクローズアップなどを多用して日常の「合い間」を独特の色調で表現している。小生の勝手な感覚ではあるが彼女の作品にはどこか「彼岸の匂い」のようなものが感じられてならない。明るく静かな日常。ふと視線を外して見上げる窓の外の空。こよないものたちの空間。この作品は家族の何気ない日常をテーマとした写真集。なぜだろう、頁をめくってゆくたびに胸が詰まってくるのは。


    この間東京都写真美術館で行われた回顧展で再び植田の仕事が再評価されている。砂丘シリーズに代表されるこのモダニズムはいつまでも古びない。

Blog People

無料ブログはココログ

search


  • Google

thank you!