« 練炭、テレーズ、あるいは押入れの奥 | Main | 鬼海弘雄 / 『東京ポートレイト』 »

April 29, 2012

森山大道x瀬戸正人 / トークイベント@東京堂書店

先般エントリした神保町すずらん通り、東京堂書店本店にて行われた森山大道氏のトークイベントを聞きに行って来た。会場は同書店6Fのイベントホール。聞き手は写真家の瀬戸正人氏。(月球技通信エントリ「瀬戸正人 / 『picnic』」「瀬戸正人 / 『bin ran』」参照、)。

午前中に仕事を済ませそのまま神保町をうろつき時間を潰す。森達也「オカルト」(角川書店)を購入。キッチン南海の開店を待ってカツカレーを。やはりいつも通り全ては食べきれず残す(どうでも良いが)。その後東京堂へ向かうが、その途次、Tシャツに黒のジャケット、ジーンズ姿の森山先生をお見かけしてしまう。軽く会釈し会場へ。満員だったが、殆どは20-30代の若い人々でこれは場所柄もあるかも知れない。小生は最前列に陣取る。当日、この直前に銀座で森山氏の師匠である細江英公氏との対談を終えて来られたとのこと。なお、聞き手の瀬戸正人氏は森山氏に師事しておられた訳で、当日は師弟関係の対談を2つ行ったことになる。

お話のなかで、写真に限らず欲望と過剰さを持っていることが表現者の資質であるという話は感慨深かった。都市は圧倒的に、すさまじく面白く刺激的で飽きないとも。瀬戸氏のCAMP時代の話も含め、興味深い話が聞け得るものの多いイベントだったと思う。帰宅22時。

« 練炭、テレーズ、あるいは押入れの奥 | Main | 鬼海弘雄 / 『東京ポートレイト』 »

写真」カテゴリの記事

Comments

The comments to this entry are closed.

NAVIGATION

無料ブログはココログ

search


  • Google

thank you!