Flickr


  • www.flickr.com

exhibition

« 読書メモ | Main | 写真集 / 『OKUGAKE 吉野から熊野へ、駈ける』 »

April 03, 2012

高円寺じゃないよね

エイプリルフールのtwitterには色々な虚構が散乱したことだろう。そのなかでNHKが国旗掲揚と国歌の放送を再開したというのがあって正直一旦は釣られたが、こんな当たり前のことがエイプリルフールになるような異常な状況がまさに今の日本そのものなのだろう。少なくともNHKへは良く出来た痛烈な皮肉だと思う。思いやりと事なかれ主義の国民性を逆手に取られ言いがかりをつけられれば易々と従い、それをきっかけとして傷口が広がって行く、そんな悪循環がそこかしこに見られる。全く気味の悪い世の中になったものだ。

関係ないが、今日の暴風雨で暇なので、一旦は解約したスマホの再契約を逡巡中の小生が愛用するWalkmanに偶々今現在ブックマークされた曲を暇つぶしに列挙してみようかと。

「さよならColor」 スーパーバタードッグ(永積タカシ)
「トンネル抜けて」 UA カヴァー
「ヒッピーに捧ぐ」 RCサクセション
「かすかなしるし」 UA
「頼りない天使」 Fishmans
「finger」 Ego-Wrappin'
「そして僕は途方に暮れる」 ハナレグミ カヴァー
「アイデン&ティティ」 峯田和伸
「Season of the end」 Rei Harakami
「高円寺」 吉田拓郎
「いかれたBABY」 Fishmans
「ポスターカラー」 古井戸

Walkmanのブックマーク機能は曲毎に纏められるもので、いくつかを作ることが出来る。
上の一連は仕事帰りのリラックスモード、ほかにテンションアゲアゲモード(笑の選曲にはボ・ガンボスやローザ・ルクセンブルグ、最近では在日ファンクやオーサカ=モノレールなどのFunk系とか、凛として時雨、水中、それは苦しいとか、泉谷、拓郎などフォークも含めもう滅茶苦茶。

ちなみにUAの「トンネル抜けて」は言わずと知れたボ・ガンボスの名曲だがUA版は独特のグルーヴ感がいい。
「Season of the end」は細野晴臣「終わりの季節」のカヴァー。Rei Harakamiは好きでCDを何枚か持っているが、この間まだ40代そこそこで亡くなられたのは非常に残念だ。

Fishmansは上の2曲が神の領域。いつも口を突いて出てしまう。しかし佐藤もどんともハラカミも、そして清志郎もみんな亡くなってしまったね。


(題名は拓郎「高円寺」より。高円寺というと小学生の時に無理矢理やらされていた四谷大塚の会場テストというトラウマが今だに少々。)

« 読書メモ | Main | 写真集 / 『OKUGAKE 吉野から熊野へ、駈ける』 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

Comments

The comments to this entry are closed.

NAVIGATION

GALLERY


  • Gangs of Kabukicho.
    渡辺克巳

    097154803X
    新潮社フォトミュゼの「新宿」が絶版となっているなかで最近刊行された渡辺克巳の最新写真集。洋書。



    先般亡くなった路上の写真家、渡辺克巳の写真集。インサイダーとして夜の新宿を流した彼の生の証はその写された人々と共に永く記憶されるべき。


    ジャパン
    倉田 精二
    4106024330
    渡辺克巳とくれば倉田精二を挙げずにはいられない。日本のウィージーと言われたストリートフォトの神髄。都市の殺伐と虚像をこれほど表現した写真はない。

    にっぽん劇場写真帖
    寺山 修司・森山大道
    4106024187
    寺山と森山のコラボレーションは「あゝ、荒野」以前にもこの作品で既に成就していた。68年刊のこの作品は強烈なコントラストとイメージで時代を色濃く表現している。腰巻きの惹句「奇才ふたりが火花を散らすイメージ地獄巡り」も凄いが、天井桟敷率いる寺山へぶつける森山の渾身の「返歌」が熱い。中平卓馬がカメラを構える有名なショットもあり。これを見ずに森山は語れない。


    奈良原の写真は既に絶版になった朝日新聞社の「昭和写真全仕事」を所有しているが、トラピスト修道院に取材した「沈黙の国」「人間の土地」「消滅した時間」などパースを駆使した知的で静謐な写真は独特の美。「無国籍地」は廃墟をモチーフにした写真集。その圧倒的な画面の構成美を。

    Cui Cui
    川内 倫子
    4902943026
    川内の作品は柔らかい光と深度の浅いクローズアップなどを多用して日常の「合い間」を独特の色調で表現している。小生の勝手な感覚ではあるが彼女の作品にはどこか「彼岸の匂い」のようなものが感じられてならない。明るく静かな日常。ふと視線を外して見上げる窓の外の空。こよないものたちの空間。この作品は家族の何気ない日常をテーマとした写真集。なぜだろう、頁をめくってゆくたびに胸が詰まってくるのは。


    この間東京都写真美術館で行われた回顧展で再び植田の仕事が再評価されている。砂丘シリーズに代表されるこのモダニズムはいつまでも古びない。

Blog People

無料ブログはココログ

search


  • Google

thank you!