Flickr


  • www.flickr.com

exhibition

« January 2012 | Main | April 2012 »

1 post from March 2012

March 31, 2012

読書メモ

一か月ほど前になるがNHKのETV特集で放送の「見狼記」は興味深かった。既に絶滅したといわれるニホンオオカミを追う人々のドキュメンタリだ。生物学的な側面と並行して民俗学的興味も掻き立てられる番組だった。オオカミ信仰は秩父の三峯神社や奥多摩の御嶽神社などに色濃く残っている。自分の家にはなかったが、友人の家に御嶽山のお札が貼ってあるのを良く見かけたものだった。山でオオカミに出会った人々のインタビューでは、なにか神々しく運命的な出会いの感動が伝わってきて興味深い。何故か共通するのは、そのケモノは人に出会っても目もくれずに無視して擦過するという。それはのら犬が野犬化しただけだという意見もある。所謂生物学会ではその生存が否定されているが、そんなことに関係なく彼らは絶滅したオオカミを確かに見ていた。単なるケモノに出会ったというより、言わば山のスピリットそのものとの邂逅なのだった。そしてそれは出会った人の人生までをも変えてしまうのだ。

秩父の民家に伝わるオオカミの頭骨は、いわゆる憑物に効果があるとしてそれが起こった家に貸し出されたらしい。その家では頭骨を削り患者に飲ませるという風習があって、桐箱に大事にしまわれた頭骨はところどころが削られているのだった。最近刊行された、これに関連する内容の「オオカミの護符」(小倉美惠子著、新潮社)を是非読みたいと思い早速図書館に予約を入れたが、予約待ち15人と、どうも読めるのは半年先になりそうなので購入しようかと思っている。

この関係の書籍を数冊読了。

西田智「ニホンオオカミは生きている」(二見書房、2007年)
世古孜「ニホンオオカミを追う」(東京書籍、1988年)
藤原仁「まぼろしのニホンオオカミ」(歴史春秋社、1994年)

« January 2012 | Main | April 2012 »

NAVIGATION

GALLERY


  • Gangs of Kabukicho.
    渡辺克巳

    097154803X
    新潮社フォトミュゼの「新宿」が絶版となっているなかで最近刊行された渡辺克巳の最新写真集。洋書。



    先般亡くなった路上の写真家、渡辺克巳の写真集。インサイダーとして夜の新宿を流した彼の生の証はその写された人々と共に永く記憶されるべき。


    ジャパン
    倉田 精二
    4106024330
    渡辺克巳とくれば倉田精二を挙げずにはいられない。日本のウィージーと言われたストリートフォトの神髄。都市の殺伐と虚像をこれほど表現した写真はない。

    にっぽん劇場写真帖
    寺山 修司・森山大道
    4106024187
    寺山と森山のコラボレーションは「あゝ、荒野」以前にもこの作品で既に成就していた。68年刊のこの作品は強烈なコントラストとイメージで時代を色濃く表現している。腰巻きの惹句「奇才ふたりが火花を散らすイメージ地獄巡り」も凄いが、天井桟敷率いる寺山へぶつける森山の渾身の「返歌」が熱い。中平卓馬がカメラを構える有名なショットもあり。これを見ずに森山は語れない。


    奈良原の写真は既に絶版になった朝日新聞社の「昭和写真全仕事」を所有しているが、トラピスト修道院に取材した「沈黙の国」「人間の土地」「消滅した時間」などパースを駆使した知的で静謐な写真は独特の美。「無国籍地」は廃墟をモチーフにした写真集。その圧倒的な画面の構成美を。

    Cui Cui
    川内 倫子
    4902943026
    川内の作品は柔らかい光と深度の浅いクローズアップなどを多用して日常の「合い間」を独特の色調で表現している。小生の勝手な感覚ではあるが彼女の作品にはどこか「彼岸の匂い」のようなものが感じられてならない。明るく静かな日常。ふと視線を外して見上げる窓の外の空。こよないものたちの空間。この作品は家族の何気ない日常をテーマとした写真集。なぜだろう、頁をめくってゆくたびに胸が詰まってくるのは。


    この間東京都写真美術館で行われた回顧展で再び植田の仕事が再評価されている。砂丘シリーズに代表されるこのモダニズムはいつまでも古びない。

Blog People

無料ブログはココログ

search


  • Google

thank you!