Flickr


  • www.flickr.com

exhibition

« デジタル時代のネガフィルム | Main | 書棚にシモン »

January 09, 2012

にっぽん劇場写真帖、日輪の遺産そして寺山

新年あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。
と、松が取れてからいうのもどうかとも思うけれど、年末年始はこれまで入手したかった本をネットで探し、全国の古書店に在庫確認のメールを出すなどして少々すっきりした。ちらほらと返信を頂いているのであとはそれらを入手するのみ。最近は映画もほとんど見なくなってしまった。近所のレンタルDVD店の近くが不潔なので近寄りたくないというのもあるが、観たい映画はあらかた見尽くしてしまったというのもある。新作もそれほど気を引く作品がないし、古い映画はまだ見たいものもあるが、そもそもそういうものはなかなか棚に置いていない。以前、京都にいた頃には、何と言ったか忘れてしまったが、古い映画がそろっている公共施設があって(京都文化博物館だったかな)、邦画がかなり揃っており、地下のブースで映画を視聴できたのでよく行った。そこで寺山の「書を捨てよ、街へでよう」(71年)、「田園に死す」(74年)などを受付で出して貰っては観た。もう何年前の話だろう。
京都と言えば京大西部講堂での映画上映や今はないが四条大宮のスペースベンゲット、東寺のみなみ会館などに通い詰めた。懐かしいがもうあの頃は戻ってこない。

新宿のTSUTAYAも古い邦画が充実しているが、最近は途中下車するのも億劫だ。ここは監督別の排列なのが好感が持てる。借りる人もこだわって探しに来る人が多いのだろうと思う。

最近劇場に行ったのは昨年の夏の終わりに浅田次郎原作の「日輪の遺産」(2011年)を見に行ったきりだ。
日輪の遺産 特別版 [DVD]

そういえば、森山のにっぽん劇場写真帖が復刊されていたのを思い出した。
小生が持っているのは新潮のフォトミュゼシリーズだが、今回は講談社のペーパーバックのシリーズだ。
にっぽん劇場写真帖

このペーパーバックというのは写真集という意味では少々理解を超えていて、少なくとも判型の縦横比率が写真集には決定的に向いていないのにどういう訳だろうと思うのだが、「遠野物語」が朝日ソノラマの現代カメラ新書だったこともあって森山作品には縁のある判型なのかもと無理矢理思っても何か一抹納得いかないものがある。

そんなこんなで今年もよろしくお願いいたします。

« デジタル時代のネガフィルム | Main | 書棚にシモン »

CINEMA」カテゴリの記事

写真」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

The comments to this entry are closed.

NAVIGATION

GALLERY


  • Gangs of Kabukicho.
    渡辺克巳

    097154803X
    新潮社フォトミュゼの「新宿」が絶版となっているなかで最近刊行された渡辺克巳の最新写真集。洋書。



    先般亡くなった路上の写真家、渡辺克巳の写真集。インサイダーとして夜の新宿を流した彼の生の証はその写された人々と共に永く記憶されるべき。


    ジャパン
    倉田 精二
    4106024330
    渡辺克巳とくれば倉田精二を挙げずにはいられない。日本のウィージーと言われたストリートフォトの神髄。都市の殺伐と虚像をこれほど表現した写真はない。

    にっぽん劇場写真帖
    寺山 修司・森山大道
    4106024187
    寺山と森山のコラボレーションは「あゝ、荒野」以前にもこの作品で既に成就していた。68年刊のこの作品は強烈なコントラストとイメージで時代を色濃く表現している。腰巻きの惹句「奇才ふたりが火花を散らすイメージ地獄巡り」も凄いが、天井桟敷率いる寺山へぶつける森山の渾身の「返歌」が熱い。中平卓馬がカメラを構える有名なショットもあり。これを見ずに森山は語れない。


    奈良原の写真は既に絶版になった朝日新聞社の「昭和写真全仕事」を所有しているが、トラピスト修道院に取材した「沈黙の国」「人間の土地」「消滅した時間」などパースを駆使した知的で静謐な写真は独特の美。「無国籍地」は廃墟をモチーフにした写真集。その圧倒的な画面の構成美を。

    Cui Cui
    川内 倫子
    4902943026
    川内の作品は柔らかい光と深度の浅いクローズアップなどを多用して日常の「合い間」を独特の色調で表現している。小生の勝手な感覚ではあるが彼女の作品にはどこか「彼岸の匂い」のようなものが感じられてならない。明るく静かな日常。ふと視線を外して見上げる窓の外の空。こよないものたちの空間。この作品は家族の何気ない日常をテーマとした写真集。なぜだろう、頁をめくってゆくたびに胸が詰まってくるのは。


    この間東京都写真美術館で行われた回顧展で再び植田の仕事が再評価されている。砂丘シリーズに代表されるこのモダニズムはいつまでも古びない。

Blog People

無料ブログはココログ

search


  • Google

thank you!