« 深夜、猫の。 | Main | デジタル時代のネガフィルム »

December 23, 2011

携帯をなくす。

untitled, Tokyo

携帯電話をなくしてしまった。夜に枕元に置いておく習慣から寝際にカバンや上着のポケットなどありそうなところをくまなく探したが見つからなかった。枕元に置くのはアラーム機能を目覚ましに使っているからだ。
結局、おそらく電車内で落としたのだろうと思い、翌日を待ってJRの遺失物係へ問い合わせた。しかしそれらしいものの届け出はないという。これから届けられる可能性もあるので、しばらくしてからまた問い合わせることにして、前日の行動を振り返った。

日中には確かにあった。何度かメールチェックをした覚えもある。そうだ、その後帰りの電車のなかで一旦席に座り、時間を見ようと半腰になってズボンのポケットをまさぐったな。そのとき隣のおばさんが迷惑そうな顔をした。ということは帰り際まではあった訳だ。いやしかしそれは昨日のことだったのか、それ以前の記憶なのか。

その後、家電量販店に寄って、中華チェーン店で食事をした。いや、それは昨日だったか、昨日はサブウェイでサンドイッチじゃなかったのか、いやそれは一昨日だ、などと考えているうちに、しかしその前に自分の名前は何だっけ、そもそも自分って何者?などと、いやさすがにそこまでの境地にはまだ到達していないが、結局記憶をたどってその中華チェーン店で見つかった。やれやれと。これは今のケータイをiPhoneに機種変しろというジョブズからのスピリチュアルメッセージかも知れない、と思うこともなかったが、そういえば二年契約の更新ももうすぐだし、考えてみても良いかもと思った次第。しかし携帯を失くすというのは恐ろしい。お財布機能とかSuicaなどの決済を行っているのならなおさらだ。自分の場合はスマホをやめてから音声通話専門機になっているので、webもやっていないし、悪用されたところでたかが知れている。それでも長距離通話などされたらたまらないので、ネットから通話停止をしておいたが。

しかし年末。また年が改まる。もう飽きたなと。

« 深夜、猫の。 | Main | デジタル時代のネガフィルム »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

The comments to this entry are closed.

NAVIGATION

無料ブログはココログ

search


  • Google

thank you!