Flickr


  • www.flickr.com

exhibition

« 樹液したたる | Main | 『R-イリナ・イオネスコ写真集』 »

December 04, 2011

そして船は行く

この間、朝の通勤電車で珍しく座っていたのだが、長い同じ座席の端に座っていた男性に、何やら若い女性が話しかけている。聞くともなく聞いていると、気分が悪いので席を替って貰えますか、と言っているのだった。男性は最初その意が呑み込めないようだったが、漸く理解して一瞬逡巡する素振りをみせたが席を譲った。
この一瞬の逡巡について考えたが、多分こういうことだろうと思う。つまり、気分が悪いのだから譲るのは当然としても、しかしもし自分ならば次の駅で降り、ホームのベンチで休むことを選択するだろうと。次の駅まで座らせてください、というのか、それとも替ったままなのか、そう本当に思ったのかどうかは分からないが、この辺りはかなり難しい。気分が悪いがどうしても遅れることができないこともあるだろうし、他人を退かしてまで時間に間に合わせるのならば次の駅で礼を言って降りるのが正解なのかも知れない。いや、降りるまでもないような具合だったらこれで良いのか、なかなかに難しい問題なのだった。思うに、譲ってもらう方も、譲る方もそれぞれ思いやりがあればそれで良いということだろうと思う。そう思いながら当事者でない自分は呑気に寝てしまったのでその後の結末は分からないが。それともいや、自分が替りますと手を挙げれば良かったのか。

* * *

ロモグラフィーから出ているLomoKinoが面白そう。35㎜、手回しの超アナログ動画撮影カメラだ。
http://japan.shop.lomography.com/lomokino

35mmのポジフィルムを手回しで撮影する仕組み。最も原始的な映画撮影の仕組みそのものだ。
ネガから紙焼きしてパラパラマンガのように見ても動くだろう。YOU TUBEやVIMEOに動画が上がっているのだが、ロモロモしてて(笑)結構いい感じだ。
しかしどうせなら8㎜の手回しでやってほしかった。35㎜フィルムの方が入手しやすいということもあるが、Lomoが8㎜カメラを出せばフィルムはあとからついてくるとも思うのだけれど。そんな簡単じゃないか。

以前学研から8mm映写機が出たが、その際にカメラも出すかどうかを検討中ということだった。それを心待ちにしているのだけれど、FUJICHROME R25Nは平成24年3月で販売終了、富士の調布での現像も平成25年9月終了とシングル8もあと少しの命で、もう企画が通らないだろう。KODAKはとうの昔に終了しているし。(まだ製造中とのことです。訂正いたします。)

それならそれなら、16㎜ではどうなのか。ロシア製のクラスノゴルスクで予算100万円ほどを酔狂して映画を撮ってみたい。iPhoneのカメラで8㎜エフェクトとかで妥協しそうではあるが。しかししかし、フィルムで何とかお願いしますよ(誰に??)。

フェリーニ「そして船は行く」(85年)の沈みゆく船のなかで、オペラ歌手の映像を手回しで映写するシーン、あれが小生の8㎜への憧憬の原点なのだが、如何せん目覚めたのが遅かった。そしてその憧憬のまま手つかずにずるずると、脳内エア8㎜を。刻々とハードルが高くなる。

* * *

上原隆の作品だったかで、ある若者が寺に修行にゆき、その師に自分の所為ではないことで罵倒され葛藤する話があった。その後、師の言うには、これから世の中に出れば理不尽なことはいくらでも起きる。そのための修行なのだと。
大雑把にはそんな話だったと思うが、確かに世の中は混沌として理不尽極まりない。それに押しつぶされることもあるだろう。しかしこの世はアプリオリにそういうものであると。しかし、しかし。その理不尽にただのた打ち回ることしか出来ないこともある。その苦しさをどう止揚するのか。ただ思うのは、ここから見えてくることもあるのだろうと。
(写真は皇居の木々)

« 樹液したたる | Main | 『R-イリナ・イオネスコ写真集』 »

CINEMA」カテゴリの記事

ビデオアート/8mm」カテゴリの記事

写真」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

KODAKの8ミリフィルムは,現在も発売中で,当面製造中止の予定はありません。

http://wwwjp.kodak.com/JP/ja/motion/super8/products.shtml

大野様、こんにちは。大変失礼ですが、もしかしてあのオオノ隊員でいらっしゃいますか?直々にありがとうございます。
サイトを見ますと、まだ供給しておりました。大変失礼いたしました。全くの誤報でした。訂正いたします。
EKは昨年(だったか)、Chapter11の発動によりいま青色吐息でいつまで供給されるのか心配ですね。部門別損益をみるとTraditional photoが前々から足を引っ張っているようですが、cinema関係は黒なのでどこかの資本が引き取ればなんとかというところでしょうか。

はい。オオノ隊員でございます。KODAKの存在意義は,映画にあり!というところで,頑張って欲しいところです。VISION3が発売されるなど,Super8の底力を感じます。

オオノ隊員様、有難うございます。
いつかボレックスで映画を撮影してみたいです:)

The comments to this entry are closed.

« 樹液したたる | Main | 『R-イリナ・イオネスコ写真集』 »

NAVIGATION

GALLERY


  • Gangs of Kabukicho.
    渡辺克巳

    097154803X
    新潮社フォトミュゼの「新宿」が絶版となっているなかで最近刊行された渡辺克巳の最新写真集。洋書。



    先般亡くなった路上の写真家、渡辺克巳の写真集。インサイダーとして夜の新宿を流した彼の生の証はその写された人々と共に永く記憶されるべき。


    ジャパン
    倉田 精二
    4106024330
    渡辺克巳とくれば倉田精二を挙げずにはいられない。日本のウィージーと言われたストリートフォトの神髄。都市の殺伐と虚像をこれほど表現した写真はない。

    にっぽん劇場写真帖
    寺山 修司・森山大道
    4106024187
    寺山と森山のコラボレーションは「あゝ、荒野」以前にもこの作品で既に成就していた。68年刊のこの作品は強烈なコントラストとイメージで時代を色濃く表現している。腰巻きの惹句「奇才ふたりが火花を散らすイメージ地獄巡り」も凄いが、天井桟敷率いる寺山へぶつける森山の渾身の「返歌」が熱い。中平卓馬がカメラを構える有名なショットもあり。これを見ずに森山は語れない。


    奈良原の写真は既に絶版になった朝日新聞社の「昭和写真全仕事」を所有しているが、トラピスト修道院に取材した「沈黙の国」「人間の土地」「消滅した時間」などパースを駆使した知的で静謐な写真は独特の美。「無国籍地」は廃墟をモチーフにした写真集。その圧倒的な画面の構成美を。

    Cui Cui
    川内 倫子
    4902943026
    川内の作品は柔らかい光と深度の浅いクローズアップなどを多用して日常の「合い間」を独特の色調で表現している。小生の勝手な感覚ではあるが彼女の作品にはどこか「彼岸の匂い」のようなものが感じられてならない。明るく静かな日常。ふと視線を外して見上げる窓の外の空。こよないものたちの空間。この作品は家族の何気ない日常をテーマとした写真集。なぜだろう、頁をめくってゆくたびに胸が詰まってくるのは。


    この間東京都写真美術館で行われた回顧展で再び植田の仕事が再評価されている。砂丘シリーズに代表されるこのモダニズムはいつまでも古びない。

Blog People

無料ブログはココログ

search


  • Google

thank you!