Flickr


  • www.flickr.com

exhibition

« Daido Moriyama / 「The World through My Eyes 」 | Main | 樹液したたる »

November 06, 2011

十一月はうらがなし

十一月はうらがなし 世界を濡らし雨が降る
十一月に降る雨は あかつき来れどなほ止まず
初冬の皮膚に降る雨の 真実つめたい悲しさよ
されど木の葉の堪へもせで つぐみ、うづらも身ぶるひす
  ---堀口大學「月光とピエロ」より「十一月にふる雨」

十一月に雨が降ると、ついこの歌を口ずさんでしまう。多田武彦作曲の組曲「雨」の一曲。その後、これに続く歌詞に現代においては問題となる語があって別の歌に差し替えられたようだ。しかし自分が高校生の時にはまだこの堀口大學が使われていて、演奏会で歌ったのもこの曲だった。
YOU TUBEで会津混声合唱団による男声合唱の演奏を見つけた。こんな曲です。
http://youtu.be/GGoPsn96vlI

合唱は勿論音楽であるから聴くものではあるが、大学のグリークラブのように舞台に50人以上も上がるような大合唱も、先のような少人数でのアンサンブルでも、見ているだけで胸が詰まってしまう。人間が声を合わせて歌っている姿というものには何か敬虔な、ひたむきさというべきものを感じてしまうのだ。見ているとそれぞれの人生までをも想って、何も知らない他人ではあるのに、何故か胸が一杯になって涙がこぼれてしまう。高校の時の合唱は人数が少なく、先のようなアンサンブル形式にならざるを得なかったが、それでも新宿や表参道の教会などを借りて行った演奏会では、終了したあと舞台の袖で皆感極まって泣いたものだった。

そんな話を以前知人の家に遊びに行った際に食事をふるまわれつつしたところ、彼の奥さんにちょっと歌ってみてよと言われて固辞したが、結局奥さんの伴奏でオンブラマイフを歌う羽目になった。その奥さんは音楽大学で声楽を教えていたプロの演奏家なのだった。内心、もっと声が出るかと思ったのに案の定、散々な結果になった。「ほら、ね、だから才能がないと悟って大学ではグリーに入らなかったんですよ。」と言い訳しつつ飛んだ恥を掻いてしまったことを思い出した。発声どころか最近は普段でも声がかすれることすらあるのに。そんなことが芋づる式に浮かんで来たりと。

* * *

写真は皇居の馬場先堀に浮かぶ白鳥。気持ちよさそうに。

« Daido Moriyama / 「The World through My Eyes 」 | Main | 樹液したたる »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

The comments to this entry are closed.

NAVIGATION

GALLERY


  • Gangs of Kabukicho.
    渡辺克巳

    097154803X
    新潮社フォトミュゼの「新宿」が絶版となっているなかで最近刊行された渡辺克巳の最新写真集。洋書。



    先般亡くなった路上の写真家、渡辺克巳の写真集。インサイダーとして夜の新宿を流した彼の生の証はその写された人々と共に永く記憶されるべき。


    ジャパン
    倉田 精二
    4106024330
    渡辺克巳とくれば倉田精二を挙げずにはいられない。日本のウィージーと言われたストリートフォトの神髄。都市の殺伐と虚像をこれほど表現した写真はない。

    にっぽん劇場写真帖
    寺山 修司・森山大道
    4106024187
    寺山と森山のコラボレーションは「あゝ、荒野」以前にもこの作品で既に成就していた。68年刊のこの作品は強烈なコントラストとイメージで時代を色濃く表現している。腰巻きの惹句「奇才ふたりが火花を散らすイメージ地獄巡り」も凄いが、天井桟敷率いる寺山へぶつける森山の渾身の「返歌」が熱い。中平卓馬がカメラを構える有名なショットもあり。これを見ずに森山は語れない。


    奈良原の写真は既に絶版になった朝日新聞社の「昭和写真全仕事」を所有しているが、トラピスト修道院に取材した「沈黙の国」「人間の土地」「消滅した時間」などパースを駆使した知的で静謐な写真は独特の美。「無国籍地」は廃墟をモチーフにした写真集。その圧倒的な画面の構成美を。

    Cui Cui
    川内 倫子
    4902943026
    川内の作品は柔らかい光と深度の浅いクローズアップなどを多用して日常の「合い間」を独特の色調で表現している。小生の勝手な感覚ではあるが彼女の作品にはどこか「彼岸の匂い」のようなものが感じられてならない。明るく静かな日常。ふと視線を外して見上げる窓の外の空。こよないものたちの空間。この作品は家族の何気ない日常をテーマとした写真集。なぜだろう、頁をめくってゆくたびに胸が詰まってくるのは。


    この間東京都写真美術館で行われた回顧展で再び植田の仕事が再評価されている。砂丘シリーズに代表されるこのモダニズムはいつまでも古びない。

Blog People

無料ブログはココログ

search


  • Google

thank you!