« いづこも同じ秋のゆふぐれ | Main | 千鳥ヶ淵に浮かぶ蓮の葉 »

October 25, 2011

神保町から九段、さらに東洋文庫ミュージアム

untitled, Tokyo

少々用事があって神保町から九段へといつもの道を歩いたが、気温はそれほど高くはないのに汗だくになってしまった。今日もまだ湿度が異常に高いようだ。それから日比谷へ行き、皇居のお堀端を歩いていると、鯉が勢いよく水面を跳ね、その飛沫が道の行く先にまで落ちて意表を突かれた。その後は気温も下がってようやく涼しくなってきたが、これならクールビズも10月末まででもおかしくない気候になっている。そういえば最近は以前のように温暖化ということが言われなくなっているような気がする。そもそも温暖化の原因がCO2ではないという研究もあるようだ。しかし思いつきで出来もしない削減を約束するような気味の悪い政府の、その後も何の議論もない思いつきを次々と世界に垂れ流す様には本当に嫌気がさす今日この頃。

駒込の六義園そば、東洋文庫にミュージアムが開館したようだ。今度の休みにでもじっくりと見てみたいと思う。

- 財団法人 東洋文庫
http://www.toyo-bunko.or.jp/

(写真は九段会館のドア。)

« いづこも同じ秋のゆふぐれ | Main | 千鳥ヶ淵に浮かぶ蓮の葉 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

The comments to this entry are closed.

NAVIGATION

無料ブログはココログ

search


  • Google

thank you!