Flickr


  • www.flickr.com

exhibition

« 神保町から九段、さらに東洋文庫ミュージアム | Main | Daido Moriyama / 「The World through My Eyes 」 »

October 29, 2011

千鳥ヶ淵に浮かぶ蓮の葉

untitled, Tokyo

China関連のニュースで二歳の子供が車に何度も轢かれ、何人もの通行人が見て見ぬふりをするという衝撃的な映像がNHKのニュース9で先週放送されたが、その後、アナウンサーが「しかし、都会というのは時々寒々しい素顔を見せるものです。何も中国の事だけではないようです。」と締めくくったのに唖然としてしまった。

子供が交通事故に遭い、それも何度も続けて轢かれている状況を見て見ぬ振りをすることなど日本ではありえない。むしろそんな国は殆ど無い筈だ。それは社会構造や拠って立つ主義以前に人間の本能だろう。何故こういうことがこの国家では起こるのか、その異常性、特殊性をこそ報道するのがマスコミの仕事ではないのか。

こんな異常な事態をいかにも世界的普遍的な出来事のように「時々見せる都会の素顔」というNHK。気が狂っているとしか言いようのないコメントだ。これは既に暴言でさえある。

「何も中国の事だけではないようです。」とわざわざ言わせる力、このコメントに働く気味の悪い圧力とは一体何なのか。この不自然かつあからさまな誘導はNHKに限らないが、テレビを注意深く見ているとこれに類する妙な力学が随所にみられる。しかもこの気分は現政権の持つそれと似ている。日韓通貨スワップも新規の300億ドルはIMFが関与しないらしい。既にくれてやっているのと同じだ。これにどういう事前の議論がなされたというのか。これがあと二年もあるのかと思うと気が遠くなる。

* * *

星野之宣「宗像教授伝奇考」全6巻+特別版をある方から借りて現在通読中。頗る面白し。


(写真は千鳥ヶ淵。)

« 神保町から九段、さらに東洋文庫ミュージアム | Main | Daido Moriyama / 「The World through My Eyes 」 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

The comments to this entry are closed.

NAVIGATION

GALLERY


  • Gangs of Kabukicho.
    渡辺克巳

    097154803X
    新潮社フォトミュゼの「新宿」が絶版となっているなかで最近刊行された渡辺克巳の最新写真集。洋書。



    先般亡くなった路上の写真家、渡辺克巳の写真集。インサイダーとして夜の新宿を流した彼の生の証はその写された人々と共に永く記憶されるべき。


    ジャパン
    倉田 精二
    4106024330
    渡辺克巳とくれば倉田精二を挙げずにはいられない。日本のウィージーと言われたストリートフォトの神髄。都市の殺伐と虚像をこれほど表現した写真はない。

    にっぽん劇場写真帖
    寺山 修司・森山大道
    4106024187
    寺山と森山のコラボレーションは「あゝ、荒野」以前にもこの作品で既に成就していた。68年刊のこの作品は強烈なコントラストとイメージで時代を色濃く表現している。腰巻きの惹句「奇才ふたりが火花を散らすイメージ地獄巡り」も凄いが、天井桟敷率いる寺山へぶつける森山の渾身の「返歌」が熱い。中平卓馬がカメラを構える有名なショットもあり。これを見ずに森山は語れない。


    奈良原の写真は既に絶版になった朝日新聞社の「昭和写真全仕事」を所有しているが、トラピスト修道院に取材した「沈黙の国」「人間の土地」「消滅した時間」などパースを駆使した知的で静謐な写真は独特の美。「無国籍地」は廃墟をモチーフにした写真集。その圧倒的な画面の構成美を。

    Cui Cui
    川内 倫子
    4902943026
    川内の作品は柔らかい光と深度の浅いクローズアップなどを多用して日常の「合い間」を独特の色調で表現している。小生の勝手な感覚ではあるが彼女の作品にはどこか「彼岸の匂い」のようなものが感じられてならない。明るく静かな日常。ふと視線を外して見上げる窓の外の空。こよないものたちの空間。この作品は家族の何気ない日常をテーマとした写真集。なぜだろう、頁をめくってゆくたびに胸が詰まってくるのは。


    この間東京都写真美術館で行われた回顧展で再び植田の仕事が再評価されている。砂丘シリーズに代表されるこのモダニズムはいつまでも古びない。

Blog People

無料ブログはココログ

search


  • Google

thank you!