« とにもかくにも | Main | 渡辺克巳 / 『新宿、インド、新宿』 »

February 05, 2011

西村多美子 / 『実存 1968-69状況劇場』

四谷シモンさんのブログ「人形日記」に紹介あり、版元の蒼穹舎のサイトへ。
1968-69年の状況劇場を取材した作品と。蒼穹舎のサイトによると、過度に押した真っ黒なネガから一時間近くも露光してプリントした作品とのことでいかにも殊更粒子を荒らす60-70年代らしい手法だと思う。

写真家、西村多美子を知らなかったが、プロフィールによると73年に写真集「しきしま」を発表、その後「熱い風 vent calmoso」、「福島泰樹 短歌絶叫」を2005年に発表しており、また森山大道「蜉蝣」(72年、芳賀書店)には風景写真担当としてクレジットされている。


熱い風 vent calmoso

福島泰樹短歌絶叫

福島泰樹の短歌絶叫といえば90年代に京都のライブハウス「磔磔」へ聴きに行ったことがある。中也や岸上大作、そして福島の作品をエモーショナルに朗読するパフォーマンスだった。夭折した岸上の遺書は前から何度も読んでいたが、福島の朗読は無念さ、絶望、青春の懊悩というものを、まるで岸上の肉声をもって間近に聞いたかのようだった。岸上は失敗しないよう深夜、ブロバリン百五十錠を嚥んだうえに下宿の二階の窓から外へぶら下がるように縊死したのだった。その死の直前まで七時間にわたり書き綴った遺書が「ぼくのためのノート」だ。

 顔はレーンコートでかくす/電気を消して真暗闇の中で/書いている。デタラメダ!
                      国文社「現代歌人文庫 岸上大作歌集」より


話が飛んでしまったが、この写真集は70年代資料としても是非欲しいと思う。

« とにもかくにも | Main | 渡辺克巳 / 『新宿、インド、新宿』 »

写真」カテゴリの記事

Comments

The comments to this entry are closed.

NAVIGATION

無料ブログはココログ

search


  • Google

thank you!