Flickr


  • www.flickr.com

exhibition

« 澁澤龍彦とMinolta CLE | Main | 木村肥佐生、ハートロッカー、ボートマッチ »

May 31, 2010

ヰタ・マキニカリス(その5)

突然思い出したように続く我がカメラ遍歴のその5。コダック・シグネット35は購入して直ぐに手元から離れて行ったが、その後手元に舞い込んできたのがニコンFだった。わが手をすり抜けて別の男のもとに行ってしまった娘の代わりにその姉がやって来たような、少なくとも小娘の保護者的存在感のニコンFなのだった。その重量感、戦場でも活躍する堅牢無比な作り、フィルムを抜けばそのまま武器としても使えそうな無骨感、姉に例えて無骨感もないものだが、そういう堅牢、無骨な割には繊細さを兼ね備えているのがニコンFのデザインの不思議さと言えるのではないかと思う。その理由の一つは、金属感に徹していて操作性を向上させるためなどとして余計な樹脂部品を付けていないことにあると思う。もう一つは筐体に変な丸みを付けていないことだ。

巻き上げノブは摩擦を上げるためにギザギザが付いている。決して樹脂を張り付けたりはしないのだ(後期モデルでは付くのだが)。そのため巻き上げるたびに右の親指が擦り剥けて痛くなる。血の滲んだ親指の腹にバンドエイドを巻いて凌いだりした。カメラを持たない日も何故か親指にはバンドエイド。このバンドエイドがニコンFを所有する者の証しのような、そんなことを妄想しながら、実は絆創膏をしているニコンF使いなど誰もいないのだった。それは単に指の皮が薄いだけだったろう(笑)。

これは新橋駅前のウツキカメラで買った。シルバーのアイレベルだった。いまアイレベルと打って「愛レベル」と変換されたが、これは凄い。そう、そうなんだ、愛レベル、小生のニコンFへの思いはまさしく愛レベルなのだった。MS-IMEは天才か。(変換が馬鹿とも言う。いや馬鹿は小生か。)

当時新橋駅前はちょっとした中古カメラ街、というほどではなかったが、他に新橋カメラ、大庭商会があって、それぞれが個性的な店だった。ウツキカメラは舶来指向でライカのヴィンテージが揃っていたし、新橋カメラは実用、大庭は国産や部品などが充実していた。

そのころ普段よく利用していた東横線で、ローライ35をまるでペンダントのようにいつも首に下げている青年を見かけて、そのおしゃれ感に打ちのめされた。知り合いではないが駅でよく見かける人だった。ある日、彼が友人と話しながら、自然なしぐさでローライの沈胴を捩じって友人を写すのを見て途端に欲しくなった。この東横線は小生のなかではかなりカメラグレードというか、カメラ指数というかの高い路線で、ライツのM5やローライフレックスなどを極く自然に肩にかけている人を車内でよく見かけたし、ボレックスをむき出しで当たり前のように手に提げている人を見たことまである。やはり沿線は高級住宅街でもありそういう趣味の人が多いのだと思うが、小生にとって目に毒な路線ではあった。

(執拗につづく)

« 澁澤龍彦とMinolta CLE | Main | 木村肥佐生、ハートロッカー、ボートマッチ »

写真」カテゴリの記事

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21097/48498814

Listed below are links to weblogs that reference ヰタ・マキニカリス(その5):

« 澁澤龍彦とMinolta CLE | Main | 木村肥佐生、ハートロッカー、ボートマッチ »

NAVIGATION

GALLERY


  • Gangs of Kabukicho.
    渡辺克巳

    097154803X
    新潮社フォトミュゼの「新宿」が絶版となっているなかで最近刊行された渡辺克巳の最新写真集。洋書。



    先般亡くなった路上の写真家、渡辺克巳の写真集。インサイダーとして夜の新宿を流した彼の生の証はその写された人々と共に永く記憶されるべき。


    ジャパン
    倉田 精二
    4106024330
    渡辺克巳とくれば倉田精二を挙げずにはいられない。日本のウィージーと言われたストリートフォトの神髄。都市の殺伐と虚像をこれほど表現した写真はない。

    にっぽん劇場写真帖
    寺山 修司・森山大道
    4106024187
    寺山と森山のコラボレーションは「あゝ、荒野」以前にもこの作品で既に成就していた。68年刊のこの作品は強烈なコントラストとイメージで時代を色濃く表現している。腰巻きの惹句「奇才ふたりが火花を散らすイメージ地獄巡り」も凄いが、天井桟敷率いる寺山へぶつける森山の渾身の「返歌」が熱い。中平卓馬がカメラを構える有名なショットもあり。これを見ずに森山は語れない。


    奈良原の写真は既に絶版になった朝日新聞社の「昭和写真全仕事」を所有しているが、トラピスト修道院に取材した「沈黙の国」「人間の土地」「消滅した時間」などパースを駆使した知的で静謐な写真は独特の美。「無国籍地」は廃墟をモチーフにした写真集。その圧倒的な画面の構成美を。

    Cui Cui
    川内 倫子
    4902943026
    川内の作品は柔らかい光と深度の浅いクローズアップなどを多用して日常の「合い間」を独特の色調で表現している。小生の勝手な感覚ではあるが彼女の作品にはどこか「彼岸の匂い」のようなものが感じられてならない。明るく静かな日常。ふと視線を外して見上げる窓の外の空。こよないものたちの空間。この作品は家族の何気ない日常をテーマとした写真集。なぜだろう、頁をめくってゆくたびに胸が詰まってくるのは。


    この間東京都写真美術館で行われた回顧展で再び植田の仕事が再評価されている。砂丘シリーズに代表されるこのモダニズムはいつまでも古びない。

Blog People

無料ブログはココログ

search


  • Google

thank you!