Flickr


  • www.flickr.com

exhibition

« April 2010 | Main | June 2010 »

10 posts from May 2010

May 31, 2010

ヰタ・マキニカリス(その5)

突然思い出したように続く我がカメラ遍歴のその5。コダック・シグネット35は購入して直ぐに手元から離れて行ったが、その後手元に舞い込んできたのがニコンFだった。わが手をすり抜けて別の男のもとに行ってしまった娘の代わりにその姉がやって来たような、少なくとも小娘の保護者的存在感のニコンFなのだった。その重量感、戦場でも活躍する堅牢無比な作り、フィルムを抜けばそのまま武器としても使えそうな無骨感、姉に例えて無骨感もないものだが、そういう堅牢、無骨な割には繊細さを兼ね備えているのがニコンFのデザインの不思議さと言えるのではないかと思う。その理由の一つは、金属感に徹していて操作性を向上させるためなどとして余計な樹脂部品を付けていないことにあると思う。もう一つは筐体に変な丸みを付けていないことだ。

巻き上げノブは摩擦を上げるためにギザギザが付いている。決して樹脂を張り付けたりはしないのだ(後期モデルでは付くのだが)。そのため巻き上げるたびに右の親指が擦り剥けて痛くなる。血の滲んだ親指の腹にバンドエイドを巻いて凌いだりした。カメラを持たない日も何故か親指にはバンドエイド。このバンドエイドがニコンFを所有する者の証しのような、そんなことを妄想しながら、実は絆創膏をしているニコンF使いなど誰もいないのだった。それは単に指の皮が薄いだけだったろう(笑)。

これは新橋駅前のウツキカメラで買った。シルバーのアイレベルだった。いまアイレベルと打って「愛レベル」と変換されたが、これは凄い。そう、そうなんだ、愛レベル、小生のニコンFへの思いはまさしく愛レベルなのだった。MS-IMEは天才か。(変換が馬鹿とも言う。いや馬鹿は小生か。)

当時新橋駅前はちょっとした中古カメラ街、というほどではなかったが、他に新橋カメラ、大庭商会があって、それぞれが個性的な店だった。ウツキカメラは舶来指向でライカのヴィンテージが揃っていたし、新橋カメラは実用、大庭は国産や部品などが充実していた。

そのころ普段よく利用していた東横線で、ローライ35をまるでペンダントのようにいつも首に下げている青年を見かけて、そのおしゃれ感に打ちのめされた。知り合いではないが駅でよく見かける人だった。ある日、彼が友人と話しながら、自然なしぐさでローライの沈胴を捩じって友人を写すのを見て途端に欲しくなった。この東横線は小生のなかではかなりカメラグレードというか、カメラ指数というかの高い路線で、ライツのM5やローライフレックスなどを極く自然に肩にかけている人を車内でよく見かけたし、ボレックスをむき出しで当たり前のように手に提げている人を見たことまである。やはり沿線は高級住宅街でもありそういう趣味の人が多いのだと思うが、小生にとって目に毒な路線ではあった。

(執拗につづく)

May 30, 2010

澁澤龍彦とMinolta CLE

澁澤龍彦 ドラコニア・ワールド (集英社新書ヴィジュアル版)河出文庫から澁澤龍彦編集の伝説の雑誌「血と薔薇」を覆刻した文庫が出ているのを見つけたが、奥付を見ると初版が2005年と随分前に出ていたのに全くのノーチェックで我が身の不明を恥じる思い。

今年3月に刊行の集英社ヴィジュアル新書「澁澤龍彦ドラコニア・ワールド」は夫人の澁澤龍子編になる澁澤の遺品を中心に写真とともにその思い出を編んだ本。写真は沢渡朔だ。四谷シモンの少女やオートマタ風作品、ハンス・ベルメールの人形なども見える。

そのなかで晩年に、旅行用に求めたというカメラが掲載されていた。ミノルタCLEだ。
ごく普通のたたずまいでストラップもおそらく純正の黒紐のもの。レンズはロッコール40mmF2のようだ。
そのキャプションに、桑原甲子雄に「簡単によく撮れるから」という理由で勧められたとある。その写真を見る限り特にカメラにこだわっていた様子は伺えず標準の40mmをセットで買ってそのまま使っているようではあるが、何となく澁澤にはCLEが良く似合うという気がした。無骨な一眼レフではイメージにそぐわないし、ライカでは何か年寄りの趣味のようでやはり違う気がする。何となく女性的でエレガントな感じのCLEは澁澤にふさわしいと思う。

May 27, 2010

細江英公 - 写真絵巻

四谷のギャラリー、ルーニィで細江英公の写真展「細江英公人間写真展「土方巽舞踏大鑑」」が開催されるようだ。サイトによると会期は6月1日から13日までとなっている。
http://www.roonee.com/?p=755

細江英公の写真展示の方法の一つである「写真絵巻」は、あたかも絵巻物のように写真と文章を並べ巻物に仕立てたもので、このギャラリーでも上記の展覧会に関連してこの写真絵巻の展覧も行われるようだが、それがどんなものかは下記のサイトに詳しい。

- 細江英公 人間写真展 写真絵巻「死の灰」 at 杉並公会堂 | アワガミファクトリーだより
http://awagami.jugem.jp/?eid=189

サイトによると、「「写真絵巻」とは、連続性のある複数の写真と、その関連する詩書(文章や詩歌)を組み合わせて一体化した巻物で、細江氏率いるチームの新しい表現方法です。」(同サイトより引用)とのことだが、楮(こうぞ)紙をベースとしたインクジェット用紙に出力して伝統的な方法で表装したものとのことで、こんな作品をひとつ所有して、一人部屋でじっくりと巻物をほぐしつつ見てみたい。

銀塩の印画紙ではなかなかこういう表現形態は取れない。メディアの種類という意味では銀塩とは比較にならないほどのバリエーションがあるインクジェット用紙ならではのものだ。和紙ベースなどの特殊なマテリアルのインクジェット用紙は家電量販店などでも少量扱っているが、竹尾のような専門の紙卸商ならばそれこそ驚くほど豊富な取り扱いだ。最近のプリンタは顔料インクが使われていてアーカイバル性も向上したようだし、色の再現幅も銀塩を超えているらしい。


細江、土方といえば「鎌鼬」を思い出すが、上記のギャラリーで展示されるのはまた違った作品であろうか。是非見に行きたい、のだけれど今の境遇ではしばらくは無理か。

May 23, 2010

高梨豊写真展 『PORTRAIT ポルトレ』

お茶の水のgallery bauhausで5月25日から高梨豊の写真展、「PORTRAIT ポルトレ」が開催される。
44名の著名人のポートレートをヴィンテージプリントを含む60点のプリントで展示と。
(gallery bauhausは右のリンク集から辿れます。)

■関連エントリ
- 高梨豊 / 『東京人1978-1983』: 月球儀通信
http://azusayumi.tea-nifty.com/fragment/2004/08/___1.html

- 高梨豊 / 『囲市(kakoi-machi)』: 月球儀通信
http://azusayumi.tea-nifty.com/fragment/2007/03/post_2699.html

May 22, 2010

明日は雨らしい

そろそろ短かったようで長かったような、まるで小学生の卒業式の答辞のような旅が終りに近づいている。今を基点にこの一年を振り返ってみると殆ど家に居なかったことになると思い至って少々感傷的に、なる筈もなくただ公共料金の基本料が勿体なかったなと思ったりしているが、どうもこれは家に居たくないと思う潜在意識が現実化しているような感じもする。しかし自分はそんなことを本当に思っているのだろうかと。

基本的に出無精で用事がなければどこにも行かない、そもそも面倒臭いと考える性格と自己分析しているのだけれど、どうにもそれを許さない抗い難い運命的なものがあるのではないかと少女のように夢想することもある。まぁ俸給人をやっていれば実質住所不定になるのは当たり前のことかもしれないが。

夢想ついでに、このまえ均一台で買った司馬遼太郎「街道を行く38 オホーツク街道」(朝日文庫)を読みながら、以前から何故か薄々感じていた、遠い前世はアイヌ人かオホーツク人、もしくはギリヤークなどの北方少数民族だったのではないかという感を強くしたのだけれど、その前は比叡山での修業に耐え切れずに山を下りた僧侶だったのではないかとこれも何故か感じていた(笑)こともあったりして結構いい加減なものだと思う。いやそもそもそれ以前に今生の自分すら何者なのかも考えてみればよく分からない訳だし。

文芸春秋から「ゲゲゲの娘、レレレの娘、らららの娘」という本が出ていて立ち読み。それぞれ水木しげる、赤塚不二夫、手塚治虫の娘さんの鼎談。娘が推す父親の作品も一作づつ収録。面白そうなので後で買ってしまうかも。

最近の映画になかなか惹かれるものがなかったが、北野武の新作「アウトレイジ」、小林政広「春との旅」はちょっと観てみたい。

May 16, 2010

せせらぎとAnneとマドリガル

せせらぎのCDというのを買った。というか随分前に買って今の仮住いに持ってきたCDの段ボールの隅に見つけたのだけれど、トラック1が奥入瀬渓谷、2が四万十川のそれぞれせせらぎの音が各30分入っている。BGMというか環境音楽として売られているシリーズの一枚。
これがまぁ、せせらぎというより有体にいえば単に水の音であって、奥入瀬は渓谷らしく時折鳥の鳴き声が入っていて多少の自然を感じるわけだが、四万十川に至ってはひたすらちょろちょろとした水の音が聞こえるのみ。すっかり忘れて別の部屋から戻ったときに、一瞬蛇口を閉じていなかったのかと思わず確かめてしまった。

やはり川の水の音は難しいのではないかと思う。いっそ渓谷の鳥の鳴き声を主体にして、せせらぎはその効果音位が丁度良いのかも知れない。

このシリーズとして波の音というのがあるが、こんな話を友人にしたら一枚持っているらしく、ひたすら反復する波の音を夜中に聴いているうちにものすごく心細くなって耐えきれず思わず止めてしまったらしい。

段ボール箱をあさってみると、こんなCDも出てきた。

Madra
イギリスの女性三人のユニットMiranda Sex Gardenの「Madra」。このアルバムは16世紀のマドリガルを全てア・カペラで収録したもの。90年代のアルバムで今はどうしているのか知らないが、かなりアルバムによってジャンルを違えていたらしい。路上パフォーマンス、いわゆるBaskingで演奏していたらしいが、欧州ならばさもありなんと思う。普通に街角で声楽を披露するパフォーマーなどを見掛けるし、結構レベルが高い。日本のように音程も取れないような若者が路上でギター片手に思いつきでするレベルとは訳が違う。上手い人もいるけれど。


デンマークのシンガーソングライター、Anne Dorte Michelsenのアルバム「Næste Dans」。86年。当時来日してコンサートまでしたらしいが、全然知らなかった。このCDも何故買ったのか覚えていない。たぶん、CDショップで試聴して衝動買いしたのだと思う。勿論デンマーク語だがアレンジも80年代らしい懐かしい感じのPOPS。

May 15, 2010

五月にしては肌寒い

NHKの土曜ドラマ、「チェイス」が面白い。国税局査察官に扮する江口洋介とARATA演ずる脱税専門アドバイザー(というのかどうか)との確執を描く話なのだけれど、全六回で後二回の放送。テレビがないのに何故ドラマをと思われるかも知れないが、それはつまりワンセグでちんまりと見ているのだった。

しかもマンションのなかでは殆ど電波が入らず、部屋の一角、窓のそばでかろうじて微弱な電波が入るのみ。ケータイのアンテナの角度も微妙に調整して、なおかつそれだけではまだ不安定で画面が途切れたりなど見られたものではないのだが、アンテナを手でつまむと割と安定的に見られることが分かってから、ドラマが始まるや窓に寄りかかって最適な姿勢を見つけ、アンテナをつまんでドラマの一時間を微動だにせずしているというわけ。

これは既に禅の境地なのではないだろうか(んなわけない)。しかしアンテナをつまむと何故電波が安定するのか。もしかして体がアンテナの代わりをしているのかも知れない。全身をアンテナと化して不自然な姿勢で見るテレビは格別だ。原一男の井上光晴を題材にしたドキュメンタリー「全身小説家」ならぬ全身アンテナ男、もしくは電波男とでもいうのかな。余計なお世話だ(笑)。番組中は痒いところも掻けないし、しかもNHKはCMがない・・・。

May 06, 2010

とにもかくにも

いろいろと家でやらなければならないことが多く残っているが、なかなか進まない。緩んでいた玄関のドアノブを締め付け、まだ設置していなかった火災警報機をようやく天井に貼り付けるなどちまちまと。その他諸々やらなければならない細かいことが出来ていないが、ゆっくりとやる以外にない。

5月3日にBSで放送されたという勝間和代と西村ひろゆきの対談をネットでみたが、そもそも噛み合いそうにない両氏のスタンスの違いがあるとはいえ。しかし勝間さん何でこんなに必死なのか。世の中思い通りに行かないもんだね、と思ったらブログに謝罪文が出ていてコメントが凄いことになっている。

amazonの著作にもなんだか凄い言葉のタグが付けられたりしているが、何でこのひとこんなにアンチが多いのか。いえ良く知らないんですが、少なくとも勝間さんに限らず若者に起業を鼓舞はしてもそのリスクを語らないのが評論家だし、ましてやその責任を負わないのがこれまた評論家というものなのだろう。

近所の古書店にて、宮田登「生き神信仰」(塙新書、昭和45年)、木村肥佐生「チベット潜行十年」(中公文庫、昭和57年)、司馬遼太郎「街道を行く38 オホーツク街道」(朝日文庫)を購入。計八百円。同時に五木寛之「隠し念仏・隠れ念仏」(講談社、95年)を捜すも、新刊古書図書館共に在庫なく諦めたところで東京堂に在庫あり購入。流石は東京堂。今年創業120年だそう。その後久しぶりに散髪。美容師と神保町のカレー談義など。

May 05, 2010

『Showa Style 再編・建築写真文庫』

Showa Style―再編・建築写真文庫(商業施設)

昨年の刊行だが、昭和28年から45年まで刊行されていたブックレット「建築写真文庫」を再編したもの。抜粋とはいえかなり分厚い造本。資料的価値もさることながら、眺めていて飽きない。

個人的には渋谷の名曲喫茶、田園などが懐かしくて。他に都市施設編もあり。都築響一編。

May 03, 2010

中西健二 / 『花のあと』

GWということもあって近所の小屋に久しぶりに映画を観にいった。最終回と言うこともあってか小生含め観客は7人のみ。観ながら持っていった明治の板チョコを全部食べてしまったが、そんなことはどうでも良くて、しかし藤沢周平原作の作品はどれも外れがない。話の骨格がしっかりしているということだろうと思う。データベースをみてみると、中西健二の監督作は劇場公開映画では本作が2008年の「青い鳥」(日活)に続いて2作目のようだ。同じショットの使い回しが少々気になるものの(これは効果を狙ったものであると分かりつつ)、淡々とした演出の本作では逸脱したような画面もなくオーソドックスな作りは正解だと思う。

しかし現代的に綺麗な北川景子が時代劇、殊にしんみりした藤沢作品に収まるのかと心配だったが、剣術を使う武家の女性という役柄にははまっているかも知れない。武家の一人娘に生まれ剣術を志す以登は藩随一の剣術の腕をもつ下級武士江口孫四郎と出会い試合を申込む。女剣士ということで手加減せずに対等に剣を交えてくれた孫四郎に淡い恋が芽生えるが、以登には才助という許嫁がいた。一方、孫四郎の婿入り先の娘、加世と不義密通をする藩の重臣、藤井勘解由はその発覚を怖れ、孫四郎を陥れ自害に追い込む。それを知った以登は・・・・この先は作品を。

江口孫四郎にはクラシックバレエの宮尾俊太郎、才助に甲本雅裕、以登の父親に國村隼、藤井勘解由に市川亀治郎、加世に伊藤歩、ほか柄本明など。ナレーションの声が一瞬岸田今日子かと思ったが、もう物故しているし誰だろうと思ったら藤村志保だった。しかし声がそっくりだ。國村隼と伊藤歩をみて思わずサントリーのCMを連想してしまい、スキャット「夜がくる」が頭に浮かんでしまったが。

しかしいつも思うのだが、邦画作品の最後に流れる主題歌というのが耳障りだ。一青窈が嫌いというのではなく一般的な話としてなのだけれど、主題歌を入れるというのはおそらく音楽事務所とのタイアップでの興行収入的側面があるのだとは思うが、最後に興ざめすることもある。効果的な場合もあるのだろうが殆どの場合は歌でなくても良いのではないかと思うが如何に。

山形、鶴岡の桜が美しくしっとりとした佳作に仕上がっている。2010年、東映、107分。

« April 2010 | Main | June 2010 »

NAVIGATION

GALLERY


  • Gangs of Kabukicho.
    渡辺克巳

    097154803X
    新潮社フォトミュゼの「新宿」が絶版となっているなかで最近刊行された渡辺克巳の最新写真集。洋書。



    先般亡くなった路上の写真家、渡辺克巳の写真集。インサイダーとして夜の新宿を流した彼の生の証はその写された人々と共に永く記憶されるべき。


    ジャパン
    倉田 精二
    4106024330
    渡辺克巳とくれば倉田精二を挙げずにはいられない。日本のウィージーと言われたストリートフォトの神髄。都市の殺伐と虚像をこれほど表現した写真はない。

    にっぽん劇場写真帖
    寺山 修司・森山大道
    4106024187
    寺山と森山のコラボレーションは「あゝ、荒野」以前にもこの作品で既に成就していた。68年刊のこの作品は強烈なコントラストとイメージで時代を色濃く表現している。腰巻きの惹句「奇才ふたりが火花を散らすイメージ地獄巡り」も凄いが、天井桟敷率いる寺山へぶつける森山の渾身の「返歌」が熱い。中平卓馬がカメラを構える有名なショットもあり。これを見ずに森山は語れない。


    奈良原の写真は既に絶版になった朝日新聞社の「昭和写真全仕事」を所有しているが、トラピスト修道院に取材した「沈黙の国」「人間の土地」「消滅した時間」などパースを駆使した知的で静謐な写真は独特の美。「無国籍地」は廃墟をモチーフにした写真集。その圧倒的な画面の構成美を。

    Cui Cui
    川内 倫子
    4902943026
    川内の作品は柔らかい光と深度の浅いクローズアップなどを多用して日常の「合い間」を独特の色調で表現している。小生の勝手な感覚ではあるが彼女の作品にはどこか「彼岸の匂い」のようなものが感じられてならない。明るく静かな日常。ふと視線を外して見上げる窓の外の空。こよないものたちの空間。この作品は家族の何気ない日常をテーマとした写真集。なぜだろう、頁をめくってゆくたびに胸が詰まってくるのは。


    この間東京都写真美術館で行われた回顧展で再び植田の仕事が再評価されている。砂丘シリーズに代表されるこのモダニズムはいつまでも古びない。

Blog People

無料ブログはココログ

search


  • Google

thank you!