« 林静一 / 『Red Colored Elegy』 | Main | 中西健二 / 『花のあと』 »

April 29, 2010

あはれ乙女よなぞ泣くか

エントリが少ない上にバックデートしまくりのブログではあるが、最近面白かったもの(小学生か)。
題名は例によって全然関係ありません。

書店繁盛記 (ポプラ文庫)田口久美子「書店繁盛記」(ポプラ文庫)。ジュンク堂池袋店の副店長である著者の内部からみた業界事情。丁度この頃台頭してきたamazonに代表されるネット書店を横目にしつつ語る実店舗書店のエピソードが興味深い。ジュンク堂はい言わずと知れた大型書店の嚆矢だが、その棚の並べ方で売れ行きが変わるという話は面白いし良く理解できる。以前も書いたが、大型書店は在庫数を稼げる代わりに排列が味気ないともいえる。前にも書いたが神保町の新刊書店なら三省堂と東京堂の違いとでも言えば良いか、しかしそういう大型書店でも棚の中ををどう並べるか、またフロアではジャンル毎にどう配置するか、例えば理工学書の横に意図的に文芸書を配置することでその売れ行きが変わるというような、いかに客に対して仕掛け、遊ばせるかに腐心するプロの仕事が垣間見える。この辺りはマーケティングと書店員の美学とでも言うべきものとのせめぎ合いなのだろうか、こうしてみると書店は実に知的な大人のテーマパークだし、実際ネット書店に対抗して生き残るにはにはそういうアプローチを避けて通れないのだろう。
アメリカの書店は日本のように再販制度がないために、書籍の価格は店の裁量で、新刊本と古書が同時に並んでいるというのもこの書で知った。この間滞在した際によく行ったドイツの大型書店、Mayerscheでは料理本のコーナーに食材まで並べてあったりしてなかなか楽しかったが、アメリカのように古書と一緒に並んではいなかったと思う。そういうアメリカの書店文化だからこそ、amazonでは新刊とマーケットプレイスという古書流通が併存していたのか、と合点がいった。あれはアメリカの実店舗でも当たり前の光景であり売り方だったのだ。

書店の大型化で取り残された街の小さな書店の経営者がこういう本を書いたなら読んでみたい。

桜井徳太郎編「民間信仰辞典」(東京堂出版、昭和55年)。こういう辞典はつい引くというより初めから読み込んでしまう。日本の素朴な民間信仰から禁忌、まじないなどをまとめた辞典なのだが、例えば「指切り」という項では「子供が小指を掛け合って約束の証とする行為。」という解説に続いて、東京では「ユビキリカマキリ」と唱えるという。東京生まれの小生でもそんな言葉は聞いたことがないが、小生の子供の頃には「指切りげんまん、嘘ついたら針千本飲ます」と言った。そのカマキリとは髪切りの転訛だそうで、指や髪に賭けて誓うという意味らしい。それに続いて、江戸時代には遊女が実際に指を切り落として客に贈ったという話が続くなどなど。面白すぎてつい夜が虱、いや白むまで。

« 林静一 / 『Red Colored Elegy』 | Main | 中西健二 / 『花のあと』 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21097/48211505

Listed below are links to weblogs that reference あはれ乙女よなぞ泣くか:

« 林静一 / 『Red Colored Elegy』 | Main | 中西健二 / 『花のあと』 »

NAVIGATION

無料ブログはココログ

search


  • Google

thank you!