Flickr


  • www.flickr.com

exhibition

« チョコと神社とささる本 | Main | 『土門拳の昭和』 »

January 31, 2010

日々逍遥

あっという間に睦月も終わり、財布のなかの喫茶店やなにかの期限を迎えて無駄になってしまった割引券、コンビニのレシートなどを捨てたりするうちにすっかり忘れていた音楽ギフト券を発見した。これはさる方に貰ったものなのだけれど、期限を見ると年末で、これで五千円が無駄になってしまったと嘆息した。しかし良く見るとそれは2013年の年末なのだった。

こういうものは取っておかずその時に欲しいものを買ってしまうのが正解と思うのだが、さてこれで何を買おうか、新品を買うならばCDが二枚、DVDなら一枚をそれぞれ少々のお金を足して買える額面だ。もしくは神保町交差点のDISK UNIONで中古盤を何枚か買うという手もある。しかしいまは簡単に行けない境遇。嗚呼、神保町は遠くなりにけり。いっそチケット屋に売るという手もあるが。

そういえばJALのマイルはどうなるのだろう。このあいだ、当のJALからどう転ぼうとこれからもマイルは有効なのでご安心くださいという内容のメールが来たが、それでも少々不安だ。そもそも毎日ニュースを見るだに安心できなくなる。パスポートにスタンプが押されてゆく度に貯まったマイルで、纏まった休みを取って世界のどこかを彷徨うのを、そもそも休みなど取れない無理を頭から掻き消しつつ夢想することが唯一の楽しみだったのに(笑)。もしマイルが無くなったとしたら、せめて休みだけでも取ってやりたいと思う。最低でも2週間は。十年に一度位はいいじゃないかと思うのだが(誰に言ってるのか。)

最近、眼が悪くなった。特に右目が急速に衰えている気がする。一度眼科に行ったほうが良いかも知れないのだが、左とのバランスが悪くどうにも疲れる。これはとうとう眼鏡デビューということなのだろうか。

今日、あるレストランで昼食を食べたのだが、オーダーを取りにきたウエイトレスが、このあいだ引っ越してきた方ですよね、大きな荷物を持って、というので、確かに最近来たばかりだが一時滞在で引っ越しという規模でもないし、そもそもこのレストランに来たのは初めてで、ましてやこのウエイトレスとも初対面なのだ。それ、別人じゃないですかね、と言ったら腑に落ちない様子だった。

もしかして小生は夢遊病で自分でも知らないうちにこのレストランに大きな荷物を持って来ていたのかも知れないとか、あるいはドッペルゲンガーなのか、親に知らされない双子の兄がいるとか、自分の知らないところで彷徨うそっくりなレプリカントかとかいろいろと下らない想いを巡らせたが、大体、仮にそういう人が居たとしても何故このウエイトレスにそんな身の上話をしたのだろうかというのが疑問でもあり、考えるだに不可解さは増してゆくのだった。

帰りに節分用の豆を買った。折角買ったのに当日撒くのを忘れそう。

« チョコと神社とささる本 | Main | 『土門拳の昭和』 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21097/47445507

Listed below are links to weblogs that reference 日々逍遥:

« チョコと神社とささる本 | Main | 『土門拳の昭和』 »

NAVIGATION

GALLERY


  • Gangs of Kabukicho.
    渡辺克巳

    097154803X
    新潮社フォトミュゼの「新宿」が絶版となっているなかで最近刊行された渡辺克巳の最新写真集。洋書。



    先般亡くなった路上の写真家、渡辺克巳の写真集。インサイダーとして夜の新宿を流した彼の生の証はその写された人々と共に永く記憶されるべき。


    ジャパン
    倉田 精二
    4106024330
    渡辺克巳とくれば倉田精二を挙げずにはいられない。日本のウィージーと言われたストリートフォトの神髄。都市の殺伐と虚像をこれほど表現した写真はない。

    にっぽん劇場写真帖
    寺山 修司・森山大道
    4106024187
    寺山と森山のコラボレーションは「あゝ、荒野」以前にもこの作品で既に成就していた。68年刊のこの作品は強烈なコントラストとイメージで時代を色濃く表現している。腰巻きの惹句「奇才ふたりが火花を散らすイメージ地獄巡り」も凄いが、天井桟敷率いる寺山へぶつける森山の渾身の「返歌」が熱い。中平卓馬がカメラを構える有名なショットもあり。これを見ずに森山は語れない。


    奈良原の写真は既に絶版になった朝日新聞社の「昭和写真全仕事」を所有しているが、トラピスト修道院に取材した「沈黙の国」「人間の土地」「消滅した時間」などパースを駆使した知的で静謐な写真は独特の美。「無国籍地」は廃墟をモチーフにした写真集。その圧倒的な画面の構成美を。

    Cui Cui
    川内 倫子
    4902943026
    川内の作品は柔らかい光と深度の浅いクローズアップなどを多用して日常の「合い間」を独特の色調で表現している。小生の勝手な感覚ではあるが彼女の作品にはどこか「彼岸の匂い」のようなものが感じられてならない。明るく静かな日常。ふと視線を外して見上げる窓の外の空。こよないものたちの空間。この作品は家族の何気ない日常をテーマとした写真集。なぜだろう、頁をめくってゆくたびに胸が詰まってくるのは。


    この間東京都写真美術館で行われた回顧展で再び植田の仕事が再評価されている。砂丘シリーズに代表されるこのモダニズムはいつまでも古びない。

Blog People

無料ブログはココログ

search


  • Google

thank you!