Flickr


  • www.flickr.com

exhibition

« また今年も | Main | テレビがない »

January 10, 2010

それでも外へそれでも外へ

人とよもやま話をしているときそれが同年代であれば子供の話になることが多い。子供を持たない自分ではあるけれど、そういう話を聞くのはむしろ楽しい。この間も知人の、上の子は神経質なんだけど、下が驚くほど社交的でね、などという話を聞きながら、我が身を振り返ると、勿論親としてではなく子としてなのが致し方ない訳だけれど、例えばわが姉弟ではその性差を割り引いてもかなり性格が違う。

人の性格というものは生まれながらのものなのか、それとも後天的なものなのか、そういう話を聞く度にその人にどう思うかを質問したりする。実際には先験的なものと後天的なもの、親の性格やさまざまな境遇などの複合なのだろうと思うが、ではその先天的なものとはそもそも何なのだろうと思うことがある。

以前、あることで知り合った人と話をしているうちに、その人が小生と誕生日が同じことが分かったことがあった。よくよく聞いてみると歳も同じだった。つまり全く同じその日に生まれた人に偶然巡り会ったという訳だ。その奇遇にお互い驚きながら、占いなら同じ運命にあることになりますね、などと話をしたのだったが、その場に居合わせた共通の知人が占星術に凝っていて、時間や産まれた場所の違いで運命は異なるのだと言ったのを聞いて、それはそもそも外れた時の言い訳にしか聞こえなかったのだが、例えば四柱推命などでは正確に占うとき、占いの正確さにそもそも意味があるのかは疑問としても、その親の運命ももみるのだそうだ。

運命は振り返った時にさも存在するかのように感じる錯覚だと思うのだが、どうしてもその錯覚にリアリティを感じざるを得ない時がある。

* * *

ある場所への道を犬の散歩中のご婦人にきいたのだけれど、その犬に何故かじゃれ付かれ、ハグして欲しいのか前足を小生の脚に掛けて甘えてくるので、「それで国道を左に?」などと説明も良くわからなくなり、その間、小生の手はペロペロと舐め回され、「で、百メートル程で右に曲がるんですか。」「こら、やめなさい、左へ曲がるんですよ。」「また左ですね。」「これ、止めなさい。そうです。」などとなんだか頭に全然入らないのだった。買ったばかりのダウンジャケットと鞄が汚されたのではないかと気になったが、「有難うございました。じゃぁな、ペロ。」と勝手に名前を付けてやったら怪訝な顔をされた。いや、犬にではなくて。

しばらくネット環境のない場所に蟄居していますので、間歇的なモバイルからの投稿になりますが宜しくお願いいたします。
(題名は古井戸の曲、"叙情詩"から。)

« また今年も | Main | テレビがない »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21097/47256197

Listed below are links to weblogs that reference それでも外へそれでも外へ:

« また今年も | Main | テレビがない »

NAVIGATION

GALLERY


  • Gangs of Kabukicho.
    渡辺克巳

    097154803X
    新潮社フォトミュゼの「新宿」が絶版となっているなかで最近刊行された渡辺克巳の最新写真集。洋書。



    先般亡くなった路上の写真家、渡辺克巳の写真集。インサイダーとして夜の新宿を流した彼の生の証はその写された人々と共に永く記憶されるべき。


    ジャパン
    倉田 精二
    4106024330
    渡辺克巳とくれば倉田精二を挙げずにはいられない。日本のウィージーと言われたストリートフォトの神髄。都市の殺伐と虚像をこれほど表現した写真はない。

    にっぽん劇場写真帖
    寺山 修司・森山大道
    4106024187
    寺山と森山のコラボレーションは「あゝ、荒野」以前にもこの作品で既に成就していた。68年刊のこの作品は強烈なコントラストとイメージで時代を色濃く表現している。腰巻きの惹句「奇才ふたりが火花を散らすイメージ地獄巡り」も凄いが、天井桟敷率いる寺山へぶつける森山の渾身の「返歌」が熱い。中平卓馬がカメラを構える有名なショットもあり。これを見ずに森山は語れない。


    奈良原の写真は既に絶版になった朝日新聞社の「昭和写真全仕事」を所有しているが、トラピスト修道院に取材した「沈黙の国」「人間の土地」「消滅した時間」などパースを駆使した知的で静謐な写真は独特の美。「無国籍地」は廃墟をモチーフにした写真集。その圧倒的な画面の構成美を。

    Cui Cui
    川内 倫子
    4902943026
    川内の作品は柔らかい光と深度の浅いクローズアップなどを多用して日常の「合い間」を独特の色調で表現している。小生の勝手な感覚ではあるが彼女の作品にはどこか「彼岸の匂い」のようなものが感じられてならない。明るく静かな日常。ふと視線を外して見上げる窓の外の空。こよないものたちの空間。この作品は家族の何気ない日常をテーマとした写真集。なぜだろう、頁をめくってゆくたびに胸が詰まってくるのは。


    この間東京都写真美術館で行われた回顧展で再び植田の仕事が再評価されている。砂丘シリーズに代表されるこのモダニズムはいつまでも古びない。

Blog People

無料ブログはココログ

search


  • Google

thank you!