« 犬の記憶 | Main | 『prints 21 特集・楳図かずお』 »

December 25, 2009

昔の本

年末ということで殊勝にも仕事場の机周りを整理してみたのだけれど、引き出しの奥に宝くじのハズレ券や期限切れのイソジン、劣化してべとついた輪ゴムの束にクリップがめり込んでくっついた物体など得体の知れないものが次から次に出てきて、何これ、現代美術?などと自分自身にツッコミながらごみ箱へ捨てて少々すっきりした。何年も仕事中の足置きに使っていてそもそも何が入っているかをすっかり忘れていた足元の段ボール箱に気付いて開けてみると、出てきたのは昔、仕事の行き掛けに電車で読んだ本だった。

中身は、大沢在昌の単行本三冊、篠田節子の単行本と文庫各一冊、柳美里の文庫一冊、林静一の「赤色エレジー」、徳南晴一郎の気が触れたような漫画本一冊、原寮「愚か者死すべし」、田中長徳「名機礼讚」、新潮の池波「剣客商売」三冊、倉田精二の新潮社フォトミュゼ「ジャパン」、それに何故か岩波の「定家八代抄」上下巻がここ何年か毎日小生の足で踏みにじられていたのだった。

なかでも、林静一と倉田精二を足蹴にしていた罪は重い。それ以外の作家は踏み付けて良いという訳ではないが。

「ジャパン」は以前、家の本棚を探したことすらあったのだが、こんなところにあったとは。

早速出して整理したが、さて来年、足置きはどうしようかと(笑)。

« 犬の記憶 | Main | 『prints 21 特集・楳図かずお』 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21097/47108134

Listed below are links to weblogs that reference 昔の本:

« 犬の記憶 | Main | 『prints 21 特集・楳図かずお』 »

NAVIGATION

無料ブログはココログ

search


  • Google

thank you!