« 『日本写真集史 1956-1986』 『Japanese Photobooks of the 1960s and 70s』 | Main | 終わる世界 »

December 06, 2009

犬の自覚とソトゴトと仁、もしくはお茶の水渓谷などなど

よく若い頃には休日の朝にいくらでも眠れたが最近歳のせいか早朝に目が覚めてしまい眠れなくなった、眠るにも体力が必要だからなどという人がいるが、小生の場合決して若くはないのだが何故かいくらでも眠れてしまい、土曜の朝など気がつくと十時を回っていたりする。ひょっとすると睡眠障害なのかも知れない。もしかして嗜眠症?それとも金曜の夜にタモリ倶楽部を見つつ読書などして夜更かしをするからかも。NHK版タモリ倶楽部とも言うべき、いやこれはタモリ倶楽部のパクリではないかとも思える番組、ブラタモリは最近のお気に入りで毎週観ている。先週は文京区の本郷台地を特集していたが、そのなかで御茶の水の渓谷は治水の為に江戸初期に人の手で掘られたものだったという話には驚いた。あれは自然ではなく人工の、しかも手堀りで作られたものだというのは驚愕の事実。これは久々の驚き、まるでいままで母親だと思っていた人が実は女装した男だったというに等しい驚きだ。気味の悪い例えではあるが。

で、休日の遅い朝に近所を散歩していると、前に二匹の犬を連れた若い女性が歩いていたが、それを見るともなく見ながら、あの二匹の犬たちはそれぞれ自分を犬と認識しているのだろうかとふと思った。自分の横を歩く主人ともう一匹の犬を見ながら、自分はそのどちらの仲間なのかを明確に分かっているのだろうかと。もしかして自分は人間でもう一人の人間と一匹の犬と散歩をしていると思っているかも知れない。それにしては何故首輪を嵌められているのかを疑問に思っていたりして。それとも自分は犬に属している、というか犬族としての自覚が明確にあって、主人は別の種の生き物なのだと分かっているのか。どっちなんだと犬に直接聞いてみたい衝動に駆られたが、そんなことをすると通報されそうなのでやめておいた。そういうお前は実はネコじゃないか、などと言われるのも怖いし。にゃん。

最近のお気に入りの番組といえば、先のブラタモリと同じくNHKの土曜ドラマ「外事警察 ソトゴト」、それにTBS日曜の「JIN -仁-」だ。この二つのドラマは久々に素晴らしい。前者は麻生幾の原作になる公安警察を題材にした重厚な大人のテイスト、後者は現代の外科医が幕末にタイムスリップするという医療系SFとも言うべきヒューマンドラマで毎回感動。両方ともDVDが発売されたら借りて通しで観たい気にさせる作品だ。共に年内に最終回を迎えるが、毎週末が待ち遠しい。

« 『日本写真集史 1956-1986』 『Japanese Photobooks of the 1960s and 70s』 | Main | 終わる世界 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21097/46955330

Listed below are links to weblogs that reference 犬の自覚とソトゴトと仁、もしくはお茶の水渓谷などなど:

« 『日本写真集史 1956-1986』 『Japanese Photobooks of the 1960s and 70s』 | Main | 終わる世界 »

NAVIGATION

無料ブログはココログ

search


  • Google

thank you!