Flickr


  • www.flickr.com

exhibition

« 『赤色エレジーマニア』 | Main | 犬の自覚とソトゴトと仁、もしくはお茶の水渓谷などなど »

November 29, 2009

『日本写真集史 1956-1986』 『Japanese Photobooks of the 1960s and 70s』

日本写真集史 1956-1986

写真史家、金子隆一のコレクションから日本の主要な写真集約50点を詳細な解説と写真集の外観、内容を見開きでカタログした待望の書。デザイン、印刷技術、製本などの背景についても詳細に記されている。企画、監修のGoliga Booksによる解説では、日本で何故写真集が独自にしかも高度に発展を遂げたのかについて、「日本では欧米のようにギャラリーや美術館といったインフラがなかなか整わなかった文化環境もあって、「写真集」という表現媒体に写真家たちの情熱や才能が一極集中していった(Golia Booksウェブサイトより引用。)」とある。これに日本の高度な印刷技術が相俟って、特に60、70年代にはその頂点を迎えたという。

解説には金子隆一や森山大道のインタビューも付されており、戦後写真史を語る上で外せないものとなっている。これは凄いの一言。こういう本をこそ待っていた。発行は赤々舎。

このGoliga Bookが写真家のインタビューをVimeoにビデオでアップしているのを見つけた。刊行書籍のTrailerまで用意するというのは、ウェブ時代の出版社の新しいありようを示唆しているのではと感心した。
細江英公、荒木経惟、石内都、ホンマタカシ等々が自作品他を語っている映像が見られる。これは久々の収穫。
http://vimeo.com/6844793

ほか、同社に送られた自作品「Northern」のポストカードに書かれた森山大道直筆の礼状までサイトにアップされている。

この「日本写真集史 1956-1986」の発行に先駆けて、同社の企画でApertureから英文版の「Japanese Photobooks of the 1960s and 70s」が発行されている。

Japanese Photobooks of the 1960s and '70s

« 『赤色エレジーマニア』 | Main | 犬の自覚とソトゴトと仁、もしくはお茶の水渓谷などなど »

写真」カテゴリの記事

Comments

これは新聞で見て欲しいと思っていまして、機会を見て買おうと思っていたのです。しかし今少し下のほうで鎌鼬様5,000円也を見ちゃったので、すると両方で8990円すか。二ヶ月に分けて買うか。片方をサンタさんにお願いして、片方をパパにお年玉としてもらうか。昔は確かに写真家の写真は写真集で見るものと決まっていたようです。その中の3-4枚がアサヒカメラとかで宣伝に載っていたり。しかし欧米では違ったんでしょうか。

パパに両方ともねだる、に一票(笑)。
本はそうそう逃げませんから分割で買うというのがよろしいかと。
本当は近所の図書館で購入してもらうのが有り難いのですけれど、例えば恵比寿の写美で閉架から都度出してもらうとか。
昔のアサヒカメラとかが古書店に百円程で出ているとつい買っちゃいますね。

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21097/46840733

Listed below are links to weblogs that reference 『日本写真集史 1956-1986』 『Japanese Photobooks of the 1960s and 70s』:

« 『赤色エレジーマニア』 | Main | 犬の自覚とソトゴトと仁、もしくはお茶の水渓谷などなど »

NAVIGATION

GALLERY


  • Gangs of Kabukicho.
    渡辺克巳

    097154803X
    新潮社フォトミュゼの「新宿」が絶版となっているなかで最近刊行された渡辺克巳の最新写真集。洋書。



    先般亡くなった路上の写真家、渡辺克巳の写真集。インサイダーとして夜の新宿を流した彼の生の証はその写された人々と共に永く記憶されるべき。


    ジャパン
    倉田 精二
    4106024330
    渡辺克巳とくれば倉田精二を挙げずにはいられない。日本のウィージーと言われたストリートフォトの神髄。都市の殺伐と虚像をこれほど表現した写真はない。

    にっぽん劇場写真帖
    寺山 修司・森山大道
    4106024187
    寺山と森山のコラボレーションは「あゝ、荒野」以前にもこの作品で既に成就していた。68年刊のこの作品は強烈なコントラストとイメージで時代を色濃く表現している。腰巻きの惹句「奇才ふたりが火花を散らすイメージ地獄巡り」も凄いが、天井桟敷率いる寺山へぶつける森山の渾身の「返歌」が熱い。中平卓馬がカメラを構える有名なショットもあり。これを見ずに森山は語れない。


    奈良原の写真は既に絶版になった朝日新聞社の「昭和写真全仕事」を所有しているが、トラピスト修道院に取材した「沈黙の国」「人間の土地」「消滅した時間」などパースを駆使した知的で静謐な写真は独特の美。「無国籍地」は廃墟をモチーフにした写真集。その圧倒的な画面の構成美を。

    Cui Cui
    川内 倫子
    4902943026
    川内の作品は柔らかい光と深度の浅いクローズアップなどを多用して日常の「合い間」を独特の色調で表現している。小生の勝手な感覚ではあるが彼女の作品にはどこか「彼岸の匂い」のようなものが感じられてならない。明るく静かな日常。ふと視線を外して見上げる窓の外の空。こよないものたちの空間。この作品は家族の何気ない日常をテーマとした写真集。なぜだろう、頁をめくってゆくたびに胸が詰まってくるのは。


    この間東京都写真美術館で行われた回顧展で再び植田の仕事が再評価されている。砂丘シリーズに代表されるこのモダニズムはいつまでも古びない。

Blog People

無料ブログはココログ

search


  • Google

thank you!