« 独逸で教授 | Main | 黒沢、エイゼンシュテインそしてリュミエール兄弟 »

October 03, 2009

古書肆にて


Untitled, somewhere in Germany

いつも通る道で気になる古書店があって、外にはいわゆる均一台があるのは日本と同じだが、なかに入るとさらに箱に入った本がテーブルに並んでいるという体裁で、こういう並べ方もドイツでは多いのかも知れないしこの店だけなのかも知れないが、これは掘り出すという行為を楽しませるための店主の計らいなのかも知れない。

そこに、戦中の子供向けと思しき人体に関する小冊子があって、それはかなりボロボロなのだったが、値段が2EURO程と安かったのでつい手が出たものの結局その日は買わずに帰った。その古び方、いかにも戦中らしい風情が資料というより本そのものの存在感ともいうべきものに惹かれ部屋に帰ってから反芻するうちにどうしても欲しくなり翌日に買いに行った。しかし昨日あった場所にはもうなくなっていた。売れてしまったのか店主が整理してしまったのか、付近の棚を舐めるように探したが結局見つからずに歯噛みした。洋の東西を問わず古書店で目を付けた本は資金が許せばとりあえずは買っておくという鉄則は変わらないと思った次第。残念至極。

« 独逸で教授 | Main | 黒沢、エイゼンシュテインそしてリュミエール兄弟 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

買わずに後悔するなら買って後悔しろってカメラの格言と同じですね。古本屋さん愉しそうです。もし機会が巡ってきたら…1940年以前の年鑑やDeutsche Lichtbildなんか探したい。本国では安価なのでしょうか。映像ミュージアムも面白そうですね。お気を付けて。

買って後悔のケースも多々あったりしますが(笑)買わないと分からないんですよね。
Deutsche Lichtbildって知らなかったのですが、調べてみるとドイツの写真年鑑なのですね。ドイツの古書店のサイトを調べると古いものは高いようですね。最近のもので程度が悪ければ4位で出ているものもありました。今度是非探してみることにします。

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21097/46377547

Listed below are links to weblogs that reference 古書肆にて:

« 独逸で教授 | Main | 黒沢、エイゼンシュテインそしてリュミエール兄弟 »

NAVIGATION

無料ブログはココログ

search


  • Google

thank you!