« ポーランドの踊り | Main | Untitled »

October 09, 2009

電子ブックリーダーと甘いもの

こちらに来てから何かが決定的に欠けていると感じていたが、今日ふとそれは甘いものだ、と気づいてスーパーでまるで物狂いのようにチョコレート、ロールケーキ、クランベリーのジャム、プリンそして煮物用に砂糖などを買って甘い物尽くしの一日。しかし、よく考えてみるとこの間招待された家でケーキ、オランダへの移動途中にガソリンスタンドでアイスクリーム、その他もろもろ結構甘いものは食べているのだった。しかし何でも量が多いのでつい食べ過ぎてしまい少々お腹が疲れた模様。それでも日本ではコンビニがあるのでつい食べていた余計なお菓子の類を食べずに済ますのは健康には良いのかも知れない。しかし甘い物のない世の中なんて考えられない(病気?)。

amazonがテキストリーダを発売と。Kindleというらしい。アメリカで先行発売し日本へもamazon.comから出荷を開始したらしい。ソフトはワイヤレスでPCを介さずダウンロードでき、1500冊分の容量を持つと。ワイヤレスとは携帯電話のインフラを使うらしいが、ユーザは電話会社と契約する必要はない。しかし現在のソフトは英語のみで、いわば洋書と購読料の要る新聞、ブログがあるだけだが、普及の仕方では和書も参入するかも知れない。
しかし本というオールドメディアが持っている半ばDNAに染み込んだような、皮膚感のようなものはなかなか切り替わらないのではないかと思う。端末という意味では、単機能のガジェットをそれぞれ独立して持ち歩く、というのが普及の妨げになるのではないかとも思う。結局、ネットブックがPCのままより軽量で長寿命になれば電子ブックリーダとしても活用されるだろうし、あるいは携帯端末にテキストビューアの機能を持たせる方がより現実的でビジネスモデルとしても考えやすいのではないかと思うがどうか。

現実に小生はwindows mobileを使っているが、フリーのテキストビューアを入れて青空文庫を読んでいるし、ネットで気になったサイトをテキストに落して電車の中で読んだりしている。これ以上の別のテキストリーダ専用機を持ち歩く気にならない。偶にPCが入る鞄に余裕はないわけだ。そういう枠組みのなかでも新刊書籍が電子書籍なら安い、ということがあれば利用するかも知れない。しかし単機能で応用の利かない専用機器をそのために持ち歩くかと言われれば考えてしまう。

ここに環境問題とか資源というような何か別のファクターが入ってくればまた別の道を辿るのかも知れないが、しまいにはスイッチを入れるとインクの香りが漂うとか、偶に突然に紙魚が飛び出してくるようなギミックが電子書籍に組み込まれたりして。そういう世界での古本屋は店に入ると壁にケーブルが飛び出していたりして、客はおもむろにそれを端末に繋げて本を買うような未来もあるかも知れない(そんなわけない)。

« ポーランドの踊り | Main | Untitled »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21097/46426452

Listed below are links to weblogs that reference 電子ブックリーダーと甘いもの:

« ポーランドの踊り | Main | Untitled »

NAVIGATION

無料ブログはココログ

search


  • Google

thank you!