« 百太郎、鬼形礼、そして三上博史 | Main | 使い込まれた美しさ / 『CAMERA magazine 10』 »

July 23, 2009

何もかも捨てて遠くへ

何もかも捨てて遠くへ行ってしまいたくなることがある。

そんな設問が心の健康度を測るというテストの項目にあって、間違えて思わずマルをしてしまい慌てて消した。これは仕事のストレス度を検査するテストとのことで、縁あって試しにやってみたのだったが、他にも、「朝、仕事に行きたくなくなる時がある。」などという分かり易いトラップのような設問があって、テストを受ける際には正直に答えるのが前提なのだろうが、仮に解答がイエスであったとしてもそれを選ばない常識というものを試されているのかも知れないとふと考えた。

しかし、仕事を休みたいなどは少しでも思ったことのない人というのも異常な気がする。たいていの人は誰しもそう思う瞬間というものが一度たりともあるのが普通ではないかと思うのだが、この試験はそれを前提に、ノーと答えた場合をこそ逆に異常と見做すのではないかとも勘繰ってしまった。

そんなことを考えてしまうと一歩も動けなくなるので、例えば「皆が私のことを噂している。」「いつも死にたいと考えている。」などという異常すぎる設問は別にして、そういうことは人間、誰しも多少はあるものではなかろうか、というスタンスで答えて行ったのだが、後日、郵送されてきた診断結果に、「あなたのストレス度は高です。仕事、プライベートともに現時点で深刻というほどではありませんが要注意です。悩みがあればカウンセラーに相談してください。電話 xxx-xxxx-xxxx。」というメッセージが(笑)。やっぱり素直に答えておけば良かったようではある。でもとりあえず電話番号は控えておこう(笑)。

---

ばかうけ、というお煎餅があって、割と好きで良く食べているが、袋の裏を見るともなしに見ていると、ホームページの案内があった。そのドメインに思わずのけ反ってしまった。
ttp://www.baka.ne.jp
バカ、エヌイー、ジェイピー。馬鹿・・・。
これ、この間小生が取得しようとして取れずに歯噛みしたドメインじゃないかと(嘘)。bakaukeでも取れたのではと思ったが、ドメインは短いに越したことはないという鉄則に忠実で素晴らしい。

---

昨日の日蝕は東京では曇天で見ることが出来なかったが、ネットから硫黄島で撮影された皆既日蝕の写真を拝借してPCの壁紙にしてみた。

« 百太郎、鬼形礼、そして三上博史 | Main | 使い込まれた美しさ / 『CAMERA magazine 10』 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21097/45715901

Listed below are links to weblogs that reference 何もかも捨てて遠くへ:

« 百太郎、鬼形礼、そして三上博史 | Main | 使い込まれた美しさ / 『CAMERA magazine 10』 »

NAVIGATION

無料ブログはココログ

search


  • Google

thank you!