« ヰタ・マキニカリス(その4) | Main | 荒木経惟 / 『トーキョー・アルキ』 »

July 18, 2009

由宇、明宏、そしてにゃんこ先生

偶に割とあらたまった席上で何々です、と言うところを何々だす、と言ってしまうことがある。
別に自分は船場の商人でもないし細腕繁盛記(古い)とかそういう訳ではなく単なる言い間違いに過ぎない。で、そんなときは大抵、失笑を買う。我慢しきれず大笑いする人もいる。そんなときは「あ、だす、だって。あはは。」などとごまかしてしまうのだが、実はそういうときに心の中で「だす」の後にこっそり「にゃんこ先生。」と続けているのは誰も知らないだろう(知るか)。ちなみに小生のお茶碗に穴は空いていない。

今月号の美術手帖の特集が「伊勢」なのには驚いた。香椎由宇をモデルにした写真もあり。日頃、彼女は誰かに似ていると思っていたが、美輪明宏がまだ丸山明宏だった頃、長崎海星中学の学帽を被ったポートレイトにそっくりだということに気付いた。後にシスターボーイなどと言われるわけだが、しかし綺麗過ぎて怖い程。眼が似てるんですかね。(勝手にリンクして済みません。)

いやしかし、単なる埋め草エントリで恐縮だす。(にゃんこ先生)

« ヰタ・マキニカリス(その4) | Main | 荒木経惟 / 『トーキョー・アルキ』 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21097/45671237

Listed below are links to weblogs that reference 由宇、明宏、そしてにゃんこ先生:

« ヰタ・マキニカリス(その4) | Main | 荒木経惟 / 『トーキョー・アルキ』 »

NAVIGATION

無料ブログはココログ

search


  • Google

thank you!