« ヰタ・マキニカリス(その3) | Main | 由宇、明宏、そしてにゃんこ先生 »

July 16, 2009

ヰタ・マキニカリス(その4)

わがカメラ遍歴の続き。しかしこう書いていると次第に自分がどういう基準でカメラを選んできたのかということがよく分かって来る。カメラという限定された分野のなかで、入手したもの、し得なかったものを問わず、それが欲しいと思うときの基準は多分こうだ。つまり、まずメカニカル。電池駆動はなにか偽物という感じを拭えなかった。

例えばペンタックスLXはその大きさ、スペックの高さそしてデザインのどれを取ってもまさしく欲しいカメラの筆頭に上がるはずだったが、一点、電気式シャッターである点で候補から外れてしまうのだ。正確にはこのLXは高速部はメカニカル、低速部は電気式なのだが、それがまるで白いワイシャツにスパゲティが跳ねて付いた赤い染みのように感じてしまう。

あるいはミノルタCLE、これもかなり所有欲度数の高いカメラだが、電磁シャッターでアウトとなる。その点、ライツミノルタCLは合格で今でも機会があれば欲しいカメラの上位に入る機種だ。

次に金属製というのがある。強化プラスチックや樹脂類を部品に使って欲しくない。しかしそれは土台無理があるしそんなカメラはそうそうないのだが、例えばニコンNew FM2もマウントとミラーの隙間から垣間見えるシャッターユニットの白い樹脂製の歯車が気に入らなかった。なんで歯車がプラスチックなのかと。これは強度的不安などではなく、単に金属への偏愛、もしかすると不安神経症の一種かも知れない(わけない。)。

同じ金属製でもチタンより真鍮がいい。そもそもチタンボディは高くて買えないのだが、塗装が剥げて真鍮の地肌が少し見える風情には惹かれてしまう。知り合いに新品の軍艦部をヤスリで削った人がいたが、これはプラモデルでいうところのウェザリング、新品なのにヴィンテージ風に加工したジーンズのようなものか。ちょっと違うような気もするが。

話を元に戻すが、その後時を同じくして新宿西口にあったカメラのドイの中古コーナーでコダックシグネット35を買った。これは衝動買いだったが、この持ち重りのするユニークなデザインのカメラは、距離計の二重像部分が三角なのがお洒落でポップだった。レンズが極く薄く曇っていたためかほんわりした写りだったが、しかしそもそもこのカメラはフィルムを入れて写す機械というより、首から下げて歩くアクセサリーとして作られ、それが本来の存在意義なのではないかと勘違いさせるような小粋さだった。

その随分後に一時的に人気が出て中古価格が異常に高まったことがあったが、その時にはもう手元にはなかった。その名残はコニカビッグミニで写した一枚のポートレート写真のみ。勿論その被写体はシグネットという名の小娘なのだった。

(さらにつづく)

« ヰタ・マキニカリス(その3) | Main | 由宇、明宏、そしてにゃんこ先生 »

写真」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21097/45651695

Listed below are links to weblogs that reference ヰタ・マキニカリス(その4):

« ヰタ・マキニカリス(その3) | Main | 由宇、明宏、そしてにゃんこ先生 »

NAVIGATION

無料ブログはココログ

search


  • Google

thank you!