Flickr


  • www.flickr.com

exhibition

« 夢日記とずれる感覚 | Main | 寂しさのつれづれに »

June 18, 2009

オリンパスペンデジタル発表

オリンパスペンデジタルE-P1が予定を一日遅れてようやく発表されたが、てっきりレンジファインダーかと思っていたので、一眼とは意表を突かれた気持ちだった。説明を読むとなるほどペンFの設計思想に通じるところがあって、一眼でありながらペンタプリズムの突起がなく平坦なデザインは質感も良さそうだ。どうせやるならオリジナルに合わせてフォーマットを縦位置にしてしまうと面白かったかも知れない。軍艦部はペンFの両端を引き絞る優美な曲線を「模した型」が付いているが、実際の形は異なる。これは少々残念だ。ペンは女性の手に持たせて様になるというイメージがあって、コンパクトで小さい手に持ちやすく、かつエレガントさを兼ね備えたものだったが、今回のデジタルは武骨、良くいえば質実なデザインとなっているように思う。

サイトにはまだ作例写真が上がっていないが、早く実写画像を見てみたい。
このカメラは縦吊りが似合うのではないかと思うのだけれど、アイレットは横のみのようだ。新聞によれば価格はボディで9万円ほどらしい。

広角がもう少し広かったらと思うが、今後の発売を期待。
マイクロフォーサーズならではのフランジバックの短さを生かしたアダプタが安価に出てくれば買いかもしれない。

« 夢日記とずれる感覚 | Main | 寂しさのつれづれに »

写真」カテゴリの記事

Comments

E-P1、出ましたねぇー。その後、予想実勢価格を知ってからと言うもの、私は一も二もなく白旗掲げ、一粒300mのグリコ状態です。実機を触っても覆りそうにありません。やはり、デジタルは遠いです.....。
たぶん、銀塩の皮を被ってくれただけではダメなのかもしれません。たとえPen Wのデジタル版が出たとしても。「たぶん」ですけど.....。

とうとう出ましたね、E-P1。
しかし発表からペン50周年のサイトオープン、ネットに少しづつ流れる断片、予定日を一日ずらす等々、これはやはりティザー広告の手法が功を奏した一例とも言えるのではないかと思いますが、最近のデジ一眼はデザインがむっくりと丸っこくて、機械としての緻密感に欠けると個人的には思うのですよね。贅肉をそぎ落とした無骨な金属感とメカニカルな内部がカメラの所有欲に繋がっている私にすれば(笑)、デジタルはその枠組みをそもそも外れているのですが、やはりどうにも時代には勝てそうにありません。
とはいっても技術の進歩と陳腐化が激しいなかで、なかなかこれを買う、という気にならないのがデジタルの良いところ(?)でしょうか。
でも9万円といってもフィルムのランニングコスト換算約50本で回収できてしまうことを考えると、決して高くはないのかも知れませんね。お財布と相談してみます(相談ばかり・・・)。

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21097/45375650

Listed below are links to weblogs that reference オリンパスペンデジタル発表:

« 夢日記とずれる感覚 | Main | 寂しさのつれづれに »

NAVIGATION

GALLERY


  • Gangs of Kabukicho.
    渡辺克巳

    097154803X
    新潮社フォトミュゼの「新宿」が絶版となっているなかで最近刊行された渡辺克巳の最新写真集。洋書。



    先般亡くなった路上の写真家、渡辺克巳の写真集。インサイダーとして夜の新宿を流した彼の生の証はその写された人々と共に永く記憶されるべき。


    ジャパン
    倉田 精二
    4106024330
    渡辺克巳とくれば倉田精二を挙げずにはいられない。日本のウィージーと言われたストリートフォトの神髄。都市の殺伐と虚像をこれほど表現した写真はない。

    にっぽん劇場写真帖
    寺山 修司・森山大道
    4106024187
    寺山と森山のコラボレーションは「あゝ、荒野」以前にもこの作品で既に成就していた。68年刊のこの作品は強烈なコントラストとイメージで時代を色濃く表現している。腰巻きの惹句「奇才ふたりが火花を散らすイメージ地獄巡り」も凄いが、天井桟敷率いる寺山へぶつける森山の渾身の「返歌」が熱い。中平卓馬がカメラを構える有名なショットもあり。これを見ずに森山は語れない。


    奈良原の写真は既に絶版になった朝日新聞社の「昭和写真全仕事」を所有しているが、トラピスト修道院に取材した「沈黙の国」「人間の土地」「消滅した時間」などパースを駆使した知的で静謐な写真は独特の美。「無国籍地」は廃墟をモチーフにした写真集。その圧倒的な画面の構成美を。

    Cui Cui
    川内 倫子
    4902943026
    川内の作品は柔らかい光と深度の浅いクローズアップなどを多用して日常の「合い間」を独特の色調で表現している。小生の勝手な感覚ではあるが彼女の作品にはどこか「彼岸の匂い」のようなものが感じられてならない。明るく静かな日常。ふと視線を外して見上げる窓の外の空。こよないものたちの空間。この作品は家族の何気ない日常をテーマとした写真集。なぜだろう、頁をめくってゆくたびに胸が詰まってくるのは。


    この間東京都写真美術館で行われた回顧展で再び植田の仕事が再評価されている。砂丘シリーズに代表されるこのモダニズムはいつまでも古びない。

Blog People

無料ブログはココログ

search


  • Google

thank you!