Flickr


  • www.flickr.com

exhibition

« May 2009 | Main | July 2009 »

9 posts from June 2009

June 29, 2009

人は人吾はわれ也とにかくに吾行く道を吾は行くなり

誰の詠んだ歌だったのかはすっかり忘れていたが、ふと口を衝いて出た。随分理屈めいていながら少々の未練も感じさせる、見方によっては駄々っ子のような青臭い歌だなどと個人的には思うが、調べてみると西田幾多郎の歌だった。京都の哲学の道に碑が立っているらしい。京都には通算十年近くも住んでいたが、普段、独りでは行かないこの場所も、京都に住んでいるというだけで宿代が浮いたと単純に思うことの出来る人達が時折り訪ねてくるときには、意地悪くも殊更京都らしい場所に案内して歩く、そういう場所の一つだった。南禅寺の大門を見せて湯豆腐を食べ、この哲学の道を歩かせるだけで喜んでいたが、そもそもこんなに人出の多過ぎる道を歩いて何が嬉しいのか、では新宿に行けばもっと嬉しいだろうと思うのだが、なかにはありきたりの京都では面白くないから、もっと観光ずれしていないところへ連れて行けという人向けに、全然面白くないかも知れないが、自分の気に入っている場所ならあるのでと文句は言わないことを約束させて連れて行く場所があった。それは寂れた喫茶店だったり、河原町の何の変哲もない一角だったりしたが、それを分かってくれるひとには喜ばれた。

京都は何年住んでも永遠に部外者は部外者のままであり、そのエトランジェ気分を少々辟易するほどに楽しめる人が住むには良い場所だ。まさしく都会の、いや都の孤独を味わい感傷に耽るのには打ってつけの街なのだ。干渉しなさ過ぎることの自由を一度知ってしまったら、永遠の傍観者として独り住いするのにこれほど良い街はない。そんなことを何故か思い出してしまった。

- - -

邦画によく出てくる古いアパートに住みたいと思うことがよくある。例えば、刑務所帰りの男が当座に転がり込むような、田舎から東京に駆け落ちした男女が訳知りの不動産屋に紹介してもらうような、そんな黴の饐えたような古さに、余計な家具を置かずがらんどうのような部屋でひっそりと息を殺して暮らしてみたい。

最近何作かの邦画を観たが、そのなかにもいくつか、どうやってこんな良い具合に古びたアパートを捜してくるのだろうとほれぼれするような物件があった。一度「邦画不動産」というシリーズでコレクションをしてみようかと考えているのだが果たして。

June 27, 2009

オリンパスペンデジタルE-P1(OLYMPUS PEN E-P1)の実機をさわる

OLYMPUS PEN マイクロ一眼 E-P1 ツインレンズキット シルバー E-P1 TKIT-SLVオリンパスペンデジタルE-P1(OLYMPUS PEN E-P1)は7月3日の発売だそうだが、既に量販店には実機サンプルが展示されており実際に手にとってみた。かなりの人気で手に取るにしても順番待ちの状況だったが、いわゆる伝統的なスタイルの筐体デザインと大きさは、コンパクト過ぎずホールディングという意味でも丁度良い感じ。以下感想。

レンズはM.ZUIKO DIGITAL17mm F2.8とズームM.ZUIKO DIGITALED 14-42mmF3.5-5.6の2本がラインナップされており、17mmはパンケーキで本体とのバランスがよい。ズームはズームリングを広角側に回すことでフラットな格納状態に出来て携行性は良いが、撮影時には広角側でも相当長くなって見た目はあまりよろしくない。

レンズを外すといきなり剥き出しでCCDが見えるのには驚く。ダストクリーニング機構が付いているとはいえ、レンズ交換時にホコリやヨゴレの付着が心配だ。こういう機構ではあまり交換はしないほうが良さそうだ。

ボディはシルバーとホワイトの2ラインナップ。銀塩では大体シルバーとブラックというのが普通だったが、女性を意識しているのだろうがホワイトというのはちょっと違和感を感じる。触った実機はシルバーだったが、そのシルバーとはサイトの写真では分かりにくいが前部がかなりのっぺりとツヤツヤした鏡面に近い仕上げで、いわゆるカメラでイメージする銀梨地の金属感というより、ステンレス鍋の表面といった質感。デジタルは光学機器というより家電に近いとよく言われるが、このツヤツヤ感は好みの別れるところかも知れない。ここはレトロにグッタペルカを貼り付けて欲しかった。

シャッターのタイムラグは思っていたほど遅くはない感じだったがAFの合焦速度はあまり速くないと感じた。電源はシャッターボタンの左にあり、電源オンではボタンの周囲が緑に光るのだが、この光で消費する電力消耗が気になった。光らせないようにカスタマイズ出来るのだろうか。小生の後ろに控えた人々の、早く触らせろというオーラを感じてそこまで確認できなかったが。

しかしこのカメラはメーカでは一眼と謳っていて、しかもミラーレスだというのだが、光学ファインダが付いていないものを一眼と言って良いのかどうかが疑問だ。どうひっくり返しても一眼のファインダーが存在しない。あるのは背面の液晶のみ。それなら普通のコンパクトカメラで光学ファインダのない、例えばリコーGX200は一眼か、という議論になる。レンズ交換式が一眼の根拠なのだろうか。これでは無眼と言うべき(そんな言葉はないが)なのではないかと訝しく思うのは小生だけだろうか。サイトの製品仕様にある、一眼なのにミラーレス、という説明はなかなか理解できない。
ホットシューに装着する外付け光学ファインダーが別売となるようだが、まさしくそれがこの矛盾を物語ってはいないだろうか。

しかしどうもサイトを良く見ると「一眼画質」という文句があって、一眼ではないが画質は一眼並、と言いたいようだ。しかしそうであれば製品区分ではっきりと一眼に分類されているのはまずいのではないか。これでは小生のように一眼なのに軍艦部がフラットなのは光学系を工夫しているのだろうと勘違いする人が出てもおかしくないと思うのだが。

予約特典としてフォーサーズマウントアダプタかメモリが付くらしいが、ここはマウントアダプタを選択するのが正解だろう。オリジナルのペンFのレンズやOMズイコーのアダプタも発売して欲しいと思う。

オリンパスペンの後継と言われればそんな気もするが、言われなければ気付かないといった感じではある。
しかし、ゴテゴテした一眼を持ち歩くのであれば、こちらの方が数段スマートなことには変わりない。
取りあえず小生の脳内ウィッシュリストには挙げておくことしようかと。

June 25, 2009

美術手帖 2009年7月号 特集『アウトサイダー・アートの愛し方』

美術手帖 2009年 07月号 [雑誌]

美術手帖 2009年 07月号は『アウトサイダー・アートの愛し方』と題した生の芸術=アール・ブリュット特集。
ヘンリー・ダーガー、松本国三などアウトサイダー・アート入門編といった趣き。表題の愛し方というのは気に入らないが。

■関連エントリ
松本国三 / アール・ブリュット(Art Brut)の衝撃: 月球儀通信
http://azusayumi.tea-nifty.com/fragment/2007/05/art_brut_1b6e.html

June 21, 2009

寂しさのつれづれに

最近休みのうち、半日は昼寝で潰してしまうようになった。昨日は庭に異常繁茂したドクダミの草むしりをしたが、抜いても抜いても一向に減らずへとへとに。干して乾燥させドクダミ茶にでもしようと思ったが、そもそも飲んだことないし何に効くのかも知らず面倒くさいのでそのまま燃えるゴミに。結局大袋で3つにもなってちょっと腰が痛い。

ちなみに草むしりは京都にいた頃に当地では草引きと言うと知ったが、草抜きなどという地方もあるようだ。どうも草むしりと言わないとしっくりこない。

で、最近観た映画のまとめ第一弾。

ラーメンガール [DVD]
西田敏行ハリウッド進出初作品の「ラーメンガール」。日本に来て彼氏に振られた傷心のアビーはふとしたことで食べたラーメンに魅せられ、西田の店に無理矢理弟子入りするというラーメン版カラテ・キッド。息抜きにはマル。主演のブリタニー・マーフィーは「17歳のカルテ」で精神病の少女役で出ていたらしい。全然記憶に残っていなかったが。西田敏行が頑固なラーメンマスター。そのおかみさんに余貴美子、ほか石橋蓮司、山崎努など。しかしアビーと恋に落ちる日本人役になんで韓国人俳優なのかが意味不明。2008年102分。

サンダーハート [DVD]
「サンダーハート」。テレビ放映を録画。ヴァル・キルマーがインディアンを父に持つFBI捜査官に扮する。スー族の居留地で起こる殺人事件。しかしこれはウラン鉱を巡る陰謀だったという話。スー族の虐殺事件であるウーンデッド・ニーの史実を絡め、なかなか面白かった。ハリウッドの描くインディアン映画を続けて観たくなった。ダンス・ウィズ・ウルヴズは良かったが。1992年119分。

硫黄島からの手紙 期間限定版 [DVD]
「硫黄島からの手紙」。戦記物を観たくなってTSUTAYAの戦争棚に粛々と移動。これは米国版と日本版がある異色作。観たのは日本版。日本人自身がテレビや映画で描く日本軍は悪、戦前は暗黒時代などというようなステレオタイプな左翼リベラル視点というか小国民視点というかの偏向した描写にはかねてから辟易していたが、その辺は日本向ということで監督のクリント・イーストウッドはかなり気を遣ったと思しき筋書き。栗林中将に渡辺謙。パン屋から召集された西郷二等兵に二宮和也、特高崩れの清水に加瀬亮、カラ威張りで最後は情け無い伊藤中尉に中村獅童。しかし渡辺謙の演技はちょっと観ていて疲れる。あの眼ヂカラが小生の弱い心臓にはきつい(笑)。二宮はなかなか上手いと思う。2006年141分。

つづきはまた。

June 18, 2009

オリンパスペンデジタル発表

オリンパスペンデジタルE-P1が予定を一日遅れてようやく発表されたが、てっきりレンジファインダーかと思っていたので、一眼とは意表を突かれた気持ちだった。説明を読むとなるほどペンFの設計思想に通じるところがあって、一眼でありながらペンタプリズムの突起がなく平坦なデザインは質感も良さそうだ。どうせやるならオリジナルに合わせてフォーマットを縦位置にしてしまうと面白かったかも知れない。軍艦部はペンFの両端を引き絞る優美な曲線を「模した型」が付いているが、実際の形は異なる。これは少々残念だ。ペンは女性の手に持たせて様になるというイメージがあって、コンパクトで小さい手に持ちやすく、かつエレガントさを兼ね備えたものだったが、今回のデジタルは武骨、良くいえば質実なデザインとなっているように思う。

サイトにはまだ作例写真が上がっていないが、早く実写画像を見てみたい。
このカメラは縦吊りが似合うのではないかと思うのだけれど、アイレットは横のみのようだ。新聞によれば価格はボディで9万円ほどらしい。

広角がもう少し広かったらと思うが、今後の発売を期待。
マイクロフォーサーズならではのフランジバックの短さを生かしたアダプタが安価に出てくれば買いかもしれない。

June 14, 2009

夢日記とずれる感覚

梅雨入りとなってから東京ではあまり雨が降らないのだけれど、昨日今日は日中かなり暑くてもうすぐ本格的な夏が近づいているようだ。以前に比べて四季の移ろいが性急になったというか、春秋の気持ちの良い時期が短くなっているような気がする。途端に夏となり、急に冬が来るという印象だ。季節の良い時期には空き時間を利用して皇居周辺をよく散歩しているのだが、その気持ちの良い期間が最近は体感的に短くなっている気がする。

* * *

数ヶ月前から付け始めた夢日記の影響かどうか分からないが、夢がここ何週間か非常に明瞭になっている。夢日記も最初の頃は起きて数分間の、それこそトイレに行くまでの間程しか記憶しておらず、その後は全く忘れてしまいどうしても思い出せないことが多くて日記にならなかったのだが、そのためしばらく枕元にメモを置いて記憶の断片を書き付けていたものの、それも段々と面倒になってきて続かなくなってしまっていた。しかしその後、紙のメモからデジタルレコーダーへ方法を変えて記録し、箇条書きのような文章にしているうちに次第に夢そのものの明瞭度が上がって来た感じがする。特にヴィジュアル的なリアリティが増してきたと言う感覚なのだ。しかもメモを取らなくても記憶に残るようになってきた。

夢に関連する話かどうか分からないが、随分前に体が肉体から抜け出だしかけた、少なくともそういう感覚になったことが二度ほどある。そもそも主観的なものでしかないし実際夢の一部なのかも知れないが、感覚的には夢とはまるで異なるものだった。

最初は仕事の研修で行った先の旅館で寝入りばなにいわゆる金縛りに遭い体が思うように動かずに何とか解放されたいと悪戦苦闘しているうちに、金属音に似た耳鳴りのような強烈な轟音が聞こえ始め、ふと上半身から滑り出てしまったことだ。完全に離れたというわけではなく、腰から上が持ち上がったところで部屋全体に白い霧のような存在がみえて、よく見るとその霧のなかに人の顔が数個浮かんでいるのが分かったのだが、かなり昔の、しかも実は良く知っている人々という感じがあった。非常な恐怖感に捕らわれて、このまま抜け出ないよう強く願ったところで元に戻ったのだが、その感覚は最初肉体からずれる感じから頭の上方斜め後ろ方向に持って行かれるようなものだった。いわゆる幽体離脱、というより体の実感を伴った意識のようなものが離れた、という表現が近いかも知れない。どなたか心理学の先生にでも説明を乞いたいものだ。

二回目は以前倍音関連でもエントリしたが、高野山で全山の僧侶、尼僧、学僧が集まって行われる法要(弘法大師の誕生会)に同座した際に、やはり頭の方からずれる感覚で出そうになったことだ。こう思い出してみると、最初に聞こえた轟音といい、読経の倍音といいどうも音に関連して起こっているような気もする。

この二回とももう十年以上前のことなのだが、夢と言うには余りにも明瞭で、いわゆる夢をみた、と言う感覚ではなく通常の覚醒時の体験という感じがそれとは異なっている。いややはり夢か幻覚のようなものなのだろうか。
そういえば、ついこの間も電車のなかで本を読んでいるうちに眠くなり瞼を閉じたのだが、何故か手元の本が読めることに気付き、混乱して瞼が閉じている感覚を確かめ直してなお周囲の光景が見えてしまうという経験をしたが、これは流石に寝ぼけていたのだろうとは思う。

いやしかし、変なエントリで恐縮ですが。

June 13, 2009

ボルタ判を捜す

時折、子供の頃に良く遊んだおもちゃとか昔買った筈の本などがふと頭に浮かんで、それが夜中であっても探し出さずにはいられないことがある。

この間も、小学生の頃に持っていたボルタ判のおもちゃカメラがあるはずと考えが浮かぶや、半ば脅迫観念のように押し入れや戸棚の奥を探したのだが結局見つからなかった。このカメラは名前も思い出せないのだけれど、小学生だった小生の首に掛かっている昔の記念写真を仔細にみればそれがどんな機種だったかが今でも分かるかもしれない。

放課後、学校近くの営業写真館でボルタ判のフィルムを一本買ったが帰りに水溜まりに落としてしまい、親に怒られながらもう一本分のお金を貰って買い直した思い出もある。

ボルタ判は裏紙の付いたおもちゃ用のフィルムだが、買ったのはモノクロだった。よく覚えていないがサクラパンだったかも知れない。裏紙にはちょうど120判と同じように駒数の印刷があり、カメラの裏蓋にある赤窓で確認する仕組みだった。裏紙があるため135判のようにパーフォレーションは空いていなかったと思うが、フォーマットはほぼ135と同じだった。カメラはセルフコッキングも付いておらず、うっかりすると多重露出になってしまうという原始的なものだった。

そんなものを捨てる筈がないし捨てた記憶もない。捨てていなければまだどこかにある筈だと思って深夜の家捜しになる。

同じようにねだって買ってもらったプレパラート付き顕微鏡セットとか、菓子缶にぎっしり詰まったメンコ(当時はパースと言っていた)など、どうしても捨てたという記憶がないものたちの行方が気になって頭を離れないことがある。

多分、物置きか父親の洋服箪笥の奥辺りに潜んでいるに違いないと思うのだけれど、いつもなかなかそこまで探せずに終わってしまう。
もしかしたら探し出さない方が良いのかも知れないとも思う。
ある筈とおもいつつ、記憶を暴かずにいるのが良いということもある。

June 11, 2009

PHOTOGRAPHICA Vol.15 / 『ゼロ年代の写真 2000-2009』

Photo GRAPHICA (フォト・グラフィカ) 2009年 07月号 [雑誌]

PHOTOGRAPHICA誌2009年夏号。「ゼロ年代の写真 2000-2009」と題してこの10年を振り返る特集。
仕事柄、見本誌一冊を貰って帰ったが、「同時に2010年代の写真を予測する」という小特集もあり、なかでも鈴木親の作品が気に入る。北島敬三の作品とインタビューもあり、これだけでも手元に置いておきたい。

8月発売の次号は森山特集だそうだ。

June 10, 2009

みかかが怖いので今日は落ちます

ここ何日かエントリをしていなかったのだけれど、それはココログのログイン方法が変わって、従来はココログ専用のアカウントでログイン出来たものが、ニフティのアカウントでしかログイン出来なくなったからだ。ニフティのアカウントは日頃あまりアクセスしないのと、パスワードを複雑なものにしているため面倒臭いのでついつい敷居が高くなったというのもあるが、この仕様変更も一昨日からなのであまり言い訳になっていない。

しかし久しぶりに自分のアカウントをみて、以前のパソコン通信時代を思い出ししばし感慨に耽ってしまった。ニフティの某フォーラムでスタッフをやっていたので課金は免除されていたが、それでも電話代(みかか、と言ったものだが)はかかったので、ボランティアみたいなものだった。まだ2400bpsという通信速度の時代。ダウンロード中のスクロールを見ながらテキストが読める速度だった。スタッフといっても会議室の運営と、時折起こる喧嘩や荒らしの対応、そしてオフ会の幹事など、好きでなければやってられないものだったが、あれよという間にパソコン通信など無くなってしまった。今となっては接続時のネゴシエーション、あのモデムから聞こえてくるピー、ガルルルという音は既にノスタルジーだ。

毎晩テレホーダイが始まる11時になるとチャット(ニフティではリアルタイム会議などと言っていたが)も途端に重たくなって、深夜1時を回ると
「みかかが怖いので今日は落ちますね。」
などと言っては三々五々退室してゆくのだが、翌日になるとまたいつものように同じメンバーが集まるのだった。そういえば、こういう常連を当時アクティブなどと言い、フォーラムの会議室でよくアクティブの人達が新参者を疎外している、などという書き込みで揉めたものだったが。

ちなみに念のため、みかか、とはキーボードを半角にして「みかか」と打ってみれば分かる隠語。もう死語の世界。

« May 2009 | Main | July 2009 »

NAVIGATION

GALLERY


  • Gangs of Kabukicho.
    渡辺克巳

    097154803X
    新潮社フォトミュゼの「新宿」が絶版となっているなかで最近刊行された渡辺克巳の最新写真集。洋書。



    先般亡くなった路上の写真家、渡辺克巳の写真集。インサイダーとして夜の新宿を流した彼の生の証はその写された人々と共に永く記憶されるべき。


    ジャパン
    倉田 精二
    4106024330
    渡辺克巳とくれば倉田精二を挙げずにはいられない。日本のウィージーと言われたストリートフォトの神髄。都市の殺伐と虚像をこれほど表現した写真はない。

    にっぽん劇場写真帖
    寺山 修司・森山大道
    4106024187
    寺山と森山のコラボレーションは「あゝ、荒野」以前にもこの作品で既に成就していた。68年刊のこの作品は強烈なコントラストとイメージで時代を色濃く表現している。腰巻きの惹句「奇才ふたりが火花を散らすイメージ地獄巡り」も凄いが、天井桟敷率いる寺山へぶつける森山の渾身の「返歌」が熱い。中平卓馬がカメラを構える有名なショットもあり。これを見ずに森山は語れない。


    奈良原の写真は既に絶版になった朝日新聞社の「昭和写真全仕事」を所有しているが、トラピスト修道院に取材した「沈黙の国」「人間の土地」「消滅した時間」などパースを駆使した知的で静謐な写真は独特の美。「無国籍地」は廃墟をモチーフにした写真集。その圧倒的な画面の構成美を。

    Cui Cui
    川内 倫子
    4902943026
    川内の作品は柔らかい光と深度の浅いクローズアップなどを多用して日常の「合い間」を独特の色調で表現している。小生の勝手な感覚ではあるが彼女の作品にはどこか「彼岸の匂い」のようなものが感じられてならない。明るく静かな日常。ふと視線を外して見上げる窓の外の空。こよないものたちの空間。この作品は家族の何気ない日常をテーマとした写真集。なぜだろう、頁をめくってゆくたびに胸が詰まってくるのは。


    この間東京都写真美術館で行われた回顧展で再び植田の仕事が再評価されている。砂丘シリーズに代表されるこのモダニズムはいつまでも古びない。

Blog People

無料ブログはココログ

search


  • Google

thank you!