Flickr


  • www.flickr.com

exhibition

« 歴史的仮名遣ひ | Main | ポラロイドが復活?! »

May 10, 2009

小百合&光夫 / 『泥だらけの純情』

泥だらけの純情 [DVD]

いま阿佐ヶ谷のラピュタで中平康特集を上映しているが、先日吉永小百合、浜田光夫主演の「泥だらけの純情」を観た。
アルジェリア大使外交官の娘である真美(小百合)はチンピラに因縁を付けられているところを駆け出しのやくざ、次郎(光夫)に救われる。これがきっかけとなって始まる境遇を超えた純愛とその結末。撮影当時、吉永小百合17才、浜田光夫は20才と若いが、フィルモグラフィをみると吉永はこの作品までに既に40本もの作品に出演している。吉永のイノセント過ぎる表情に当時の人気を思わせるものがあるが、浜田光夫の可愛らしさもポイントだ。
逃避行の一夜を当座に借りたアパートの部屋であくまで清く過ごす幼い二人、だが翌日には雪山で睡眠薬を飲んで心中してしまう。この作品は昭和30年代らしい純愛もののはしりだろう。その後、山口百恵、三浦友和でリメークされ、また韓国には換骨奪胎されることになる。そのアパートに追手が来たと思えば、単なる新聞の勧誘員だったという落ちも。その勧誘員に野呂圭介と懐かしいが、新聞購読の見返りに差し出されたチケットは村田英雄のコンサートなのだった。お嬢様の真美は村田を知らない。そこで次郎は「王将」を歌って聴かせる。この辺りの演出はいかにも時代を感じさせる。次郎が偶々駅で会うチンドン屋のおばさんに武智豊子。なにかと次郎に目を掛けるやくざの兄分に小池朝雄。親分の娘にまだ16才の和泉雅子他。(1963、91分、日活)

« 歴史的仮名遣ひ | Main | ポラロイドが復活?! »

CINEMA」カテゴリの記事

Comments

初めまして。
「泥だらけの純情」という映画は、吉永小百合のが最初の版で山口百恵のはリメイクなんですね。私は百恵&友和版の方が馴染み深いので、初めて知った時、双方の作風の違いに驚いた口です。
描写の違いを挙げますと、吉永&浜田版は「理想的」で、百恵&友和版は「現実的」な世界の追及ですね。前者はとことん追い詰められながらも、逃避行の中で精一杯2人だけの世界を楽しみ、逃げ切れないと悟った瞬間、2人で仲良く・・・と言った感じですが、後者はその逃避も叶わず・・・ですからね。現実はそう上手くいかないよと、辛口の展開です。
それでも、どちらもそれぞれ様になるのは、百恵&友和が試練に耐えるのが似合うタイプで吉永&浜田は優しく見守りたいタイプだからでしょう。
まあ、どちらについても最終的に言える事は、もう誰からも逃げなくても良いという事。百恵&友和の演じたカップルも最期の瞬間、吉永&浜田の体験したような2人だけの世界を思い描き、楽しみながら旅立った事でしょうから。

A-chanさん、ご返事が遅くなり申し訳ありません。
百恵友和版は未見ですが、試練に耐えるタイプというのはなるほどそういう感じですね。浜田や小百合はどちらかというとあどけない感じですものね。
こういう心中ものは近松の昔からいわば日本の伝統ですね。

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21097/44949612

Listed below are links to weblogs that reference 小百合&光夫 / 『泥だらけの純情』:

« 歴史的仮名遣ひ | Main | ポラロイドが復活?! »

NAVIGATION

GALLERY


  • Gangs of Kabukicho.
    渡辺克巳

    097154803X
    新潮社フォトミュゼの「新宿」が絶版となっているなかで最近刊行された渡辺克巳の最新写真集。洋書。



    先般亡くなった路上の写真家、渡辺克巳の写真集。インサイダーとして夜の新宿を流した彼の生の証はその写された人々と共に永く記憶されるべき。


    ジャパン
    倉田 精二
    4106024330
    渡辺克巳とくれば倉田精二を挙げずにはいられない。日本のウィージーと言われたストリートフォトの神髄。都市の殺伐と虚像をこれほど表現した写真はない。

    にっぽん劇場写真帖
    寺山 修司・森山大道
    4106024187
    寺山と森山のコラボレーションは「あゝ、荒野」以前にもこの作品で既に成就していた。68年刊のこの作品は強烈なコントラストとイメージで時代を色濃く表現している。腰巻きの惹句「奇才ふたりが火花を散らすイメージ地獄巡り」も凄いが、天井桟敷率いる寺山へぶつける森山の渾身の「返歌」が熱い。中平卓馬がカメラを構える有名なショットもあり。これを見ずに森山は語れない。


    奈良原の写真は既に絶版になった朝日新聞社の「昭和写真全仕事」を所有しているが、トラピスト修道院に取材した「沈黙の国」「人間の土地」「消滅した時間」などパースを駆使した知的で静謐な写真は独特の美。「無国籍地」は廃墟をモチーフにした写真集。その圧倒的な画面の構成美を。

    Cui Cui
    川内 倫子
    4902943026
    川内の作品は柔らかい光と深度の浅いクローズアップなどを多用して日常の「合い間」を独特の色調で表現している。小生の勝手な感覚ではあるが彼女の作品にはどこか「彼岸の匂い」のようなものが感じられてならない。明るく静かな日常。ふと視線を外して見上げる窓の外の空。こよないものたちの空間。この作品は家族の何気ない日常をテーマとした写真集。なぜだろう、頁をめくってゆくたびに胸が詰まってくるのは。


    この間東京都写真美術館で行われた回顧展で再び植田の仕事が再評価されている。砂丘シリーズに代表されるこのモダニズムはいつまでも古びない。

Blog People

無料ブログはココログ

search


  • Google

thank you!