Flickr


  • www.flickr.com

exhibition

« 甲斐庄楠音の画集が刊行 | Main | 松江泰治 / 『cell』 »

March 22, 2009

彼岸過ぎまで

大分長くなった髪を切ろうと美容室に予約を入れたが、もう5,6年も面倒をみてくれていた店の担当者が別の店に異動になっていてどうしようと取りあえず様子見。こんなちょっとしたことでも困ってしまうのだが、仕方なく別の店を物色中だ。一度話の種に十分千円の店に行ってみようかとも思うのだが、しかし十分でちゃんとやってくれるのだろうかと少々心配。それともこれを機会にいっそ肩まで伸ばしてみようかと。

* * *

昨日放送のNHK「日本の、これから」のテーマはテレビだった。さぞやメディアのモラルについて深く議論がなされると思っていたが全くの期待外れ。そもそもメディア側のテレビマンがバラエティの制作担当だけという、いかにも「用心した」人選となっているし、何故か電通、博報堂などの広告代理店が視聴者側に座っているのも不思議。
内容は全くなにもなくただテレビ製作者側の立場でいま現在のテレビのあり方を追認しただけという趣きで、ネットやアメリカでの新しいオンデマンド試聴への動きについても製作者側からは何も意見が出ないという酷さだった。例えばバンキシャやあるある大辞典での捏造、いわゆる騒音おばさん事件のメディアのあり方について試聴者側から折角の問いかけがあったにも拘わらず、驚くべきことに一切の沈黙と司会者による無視で答えるというとんだ茶番で、これこそ番組中取材ビデオで流したように若者のテレビ離れの原因と思わせる、別の意味でテレビ業界の問題があからさまになった番組ではあった。

そもそも、社会の公器たるメディアがスポンサーにより成立せざるを得ないことに根本的な矛盾があり、現在ほどその矛盾が露呈した時期も無いだろうと思う。

NHK副会長今井義典氏が図らずも番組の終わりに、メディアは視聴者の要求に応えることは大事だが、一方、視聴者の方向性を進んで提示し導くという使命もある、という意味の発言をしたが、これはそのまま聞くとかなり恐ろしい内容だ。ではその方向性が誤りであったり偏向したものだったときにどう検証し自浄してゆくのか、椿事件の教訓は一体どうなったのか、メディアリテラシーをネットその他で得られる現在、視聴者の質問に無視で答えるというこの現状には、旧態依然としたこの業界に明るい未来がないという結論をメディア自ら下しているようにしか見えない。

* * *

一週間ほど前に知らない女性の声でこんこんと墓参りに行けと諭される夢をみて不思議に思っていたが、そういえば昨日お彼岸だと気が付いて久しぶりに墓参した。考えてみればかれこれ二十年ぶりのことだ。これまでの非礼を詫びつつ今まで気付かずにいたもやもやが少しだけ晴れたような気がした。

« 甲斐庄楠音の画集が刊行 | Main | 松江泰治 / 『cell』 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21097/44427717

Listed below are links to weblogs that reference 彼岸過ぎまで:

« 甲斐庄楠音の画集が刊行 | Main | 松江泰治 / 『cell』 »

NAVIGATION

GALLERY


  • Gangs of Kabukicho.
    渡辺克巳

    097154803X
    新潮社フォトミュゼの「新宿」が絶版となっているなかで最近刊行された渡辺克巳の最新写真集。洋書。



    先般亡くなった路上の写真家、渡辺克巳の写真集。インサイダーとして夜の新宿を流した彼の生の証はその写された人々と共に永く記憶されるべき。


    ジャパン
    倉田 精二
    4106024330
    渡辺克巳とくれば倉田精二を挙げずにはいられない。日本のウィージーと言われたストリートフォトの神髄。都市の殺伐と虚像をこれほど表現した写真はない。

    にっぽん劇場写真帖
    寺山 修司・森山大道
    4106024187
    寺山と森山のコラボレーションは「あゝ、荒野」以前にもこの作品で既に成就していた。68年刊のこの作品は強烈なコントラストとイメージで時代を色濃く表現している。腰巻きの惹句「奇才ふたりが火花を散らすイメージ地獄巡り」も凄いが、天井桟敷率いる寺山へぶつける森山の渾身の「返歌」が熱い。中平卓馬がカメラを構える有名なショットもあり。これを見ずに森山は語れない。


    奈良原の写真は既に絶版になった朝日新聞社の「昭和写真全仕事」を所有しているが、トラピスト修道院に取材した「沈黙の国」「人間の土地」「消滅した時間」などパースを駆使した知的で静謐な写真は独特の美。「無国籍地」は廃墟をモチーフにした写真集。その圧倒的な画面の構成美を。

    Cui Cui
    川内 倫子
    4902943026
    川内の作品は柔らかい光と深度の浅いクローズアップなどを多用して日常の「合い間」を独特の色調で表現している。小生の勝手な感覚ではあるが彼女の作品にはどこか「彼岸の匂い」のようなものが感じられてならない。明るく静かな日常。ふと視線を外して見上げる窓の外の空。こよないものたちの空間。この作品は家族の何気ない日常をテーマとした写真集。なぜだろう、頁をめくってゆくたびに胸が詰まってくるのは。


    この間東京都写真美術館で行われた回顧展で再び植田の仕事が再評価されている。砂丘シリーズに代表されるこのモダニズムはいつまでも古びない。

Blog People

無料ブログはココログ

search


  • Google

thank you!