« トイカメラのシミュレーション | Main | カシマシい »

January 17, 2009

肖像権のポスターと不時着とPC

新宿駅の地下道をふらふらと彷徨っていたら壁にズラッとタレントの写真が並んでいて思わず足を止めた。
調べてみるとこれは社団法人日本音楽事業者協会という団体が進めている肖像権啓蒙キャンペーンと呼ばれる活動の一環らしい。ネットでの無断使用やパブリシティ権の侵害は多分モグラ叩きに等しいのだろうとは思うが、これからはこういう権利関係をよく考えないと思わぬ竹篦返しを受けてしまうことにもなりかねないのかも。

↓「肖像権啓蒙キャンペーン」 日本音楽事業者協会
http://www.jame.or.jp/syozoken/

といいながらポスターの写真を撮ったが、これがまた肖像権の侵害になってしまうという罠に。
ボケボケにしか写らないチープなケータイカメラで良かった(泣)。

*  *  *

NYで旅客機が不時着したとの報が。NYという大都会で不時着するには川に降りるしかないのだろうとは思うが、乗客全員が生還したというのは奇跡のような話。国際線に良く乗る小生としてはこんなニュースは聞きたくないのだけれど、旅客機事故は何故か連続して起こるという話もあってしばらくは乗りたくない気分。確率としてはとてつもなく低いとはいうものの、考えてみればあんな重量物が空を飛ぶこと自体おかしいだろうと思ったり。連続するというのは単なるジンクスのようなものではなく、ニュースなどを観ていると実際にそういう傾向があると思うのだが、それは何故なのかと考えてみると、乗客が「この間落ちたばかりだけれど今回は大丈夫だろうか。」と思うその心が潜在意識に刷り込まれて現実化してしまうというという理屈ではないかと。今度乗るときには出来るだけ馬鹿馬鹿しいことを考えながら乗ろう(笑)。そんなわけないが。

*  *  *

最近、良くものを落としてしまうことが多くて、携帯とかボールペンとかその他もろもろがつい手からすべってしまうのだけれど、これは運動不足から来る反射神経の鈍化(笑)なのではないかと思っていたが、ある人から、それは脳内出血とか脳溢血の前駆症状なのではないかと言われて、そういえば最近、普通に平らなところを歩いていてもついつまづいてしまうこともあって恐ろしくなり、近所の藪医者に行って紹介状だけ書いて貰い、大学病院で検査をしてみようかと思っている。
で、その落としたものどものなかにノートパソコンが含まれていたのは痛かった。
あっと思ったがもう遅く、恐る恐る画面を見てみると液晶に絶望的な亀裂が入っていた。かなり古いものだし、もう買い換えようと思っていたので、まあこれでその決心がついたとも思うしかないが、その液晶を指で撫でているうちに画面の半分だけ見えるようになったので、当座にはそれでメールを書いたりしていた。しかし画面のもう半分には70年代のサイケデザインみたいな極彩色のおどろおどろしい模様が渦巻いていて見ていると気持ちが悪くなって来るのでやはり今日辺り秋葉原にでも行って来ようかと。

« トイカメラのシミュレーション | Main | カシマシい »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21097/43761738

Listed below are links to weblogs that reference 肖像権のポスターと不時着とPC:

« トイカメラのシミュレーション | Main | カシマシい »

NAVIGATION

無料ブログはココログ

search


  • Google

thank you!