Flickr


  • www.flickr.com

exhibition

« 余りに暑いので | Main | Brothers Quay / 『Piano Tuner of Earthquakes』がようやく上映 »

September 06, 2008

煙のごとくたゆたいて


運河より, Amsterdam

この間読んだ四方田犬彦「月島物語ふたたび」(2007年、工作舎)には月島に縁の深い作家として、きだみのると大泉黒石に触れているのだが、この大泉黒石とは俳優の故、大泉滉の父親だ。大泉黒石はロシア文学者であり「人間開業」等の作品で知られる作家だが、ロシア人とのハーフで写真の風貌も日本人離れしている。つまり息子の大泉滉はクォーターということになる。あのダリに似た髭の風貌と甲高い声で以前は良くテレビ、映画に出演していた。

以前、友人と「水曜どうでしょう」の話をしていたときに友人が「大泉洋って、あのダリに似てる、野菜作ってるおじさんでしょ!?」とのたまったのには流石に驚いたが、今頃殆ど口の端にのぼらない大泉滉とわざわざ間違えるというのも一つの才能かと思って逆に感心した。そういえば大泉洋がまだメジャーでない頃に、有楽町の北海道物産店だったかで大泉洋プロデュースと銘打ったスープカレーのレトルトが売られているのをみて、小生もそのときはてっきり、あぁ、あの「肥料はボク!」の大泉滉かと勘違いしていたことをここに告白し懺悔したい。

* * *

先週旅してきたアムステルダムは初めての街だったが、東京駅が模したと言われる中央駅からの大通り周辺は混沌としていた。この季節ということもあってか、バカンスの観光客で混雑しており、まさにごった煮の様相だった。運河の美しい街並みが印象的だったが、中心部の大雑把な空気というか印象は上野か浅草に近いと個人的には思う。ダム広場から中央駅に向かって左側の地域には有名な「飾り窓」地帯があり、陽も高いというのに殆ど裸体のおねえさんがガラス窓越しに客引きをしていたが、そんな後ろめたさもない程に観光ルートとなっていて、平気で子供の手を引いた家族連れが前を通って行くのには少々驚いた。この飾り窓というのはアムステルダム以外にもあるようだが、ここはいわゆる公娼制度となっていて日本でいえば昔の赤線にあたる。公娼であるから政府の管理下に置かれており、禁止して地下に潜るのならば逆に認めて管理した方がよいという発想なのだろう。病気の管理なども目的なのだろうが、一番の狙いは税収なのだろうと思う。この厄介なものを認めて逆に管理するという発想は街中至る所にあるコーヒーショップにも表れている。(コーヒーショップについてはググってください。)しかしこれほどの自由と引き替えに自己責任が厳しく問われる街がアムステルダムなのだろう。

« 余りに暑いので | Main | Brothers Quay / 『Piano Tuner of Earthquakes』がようやく上映 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21097/42350714

Listed below are links to weblogs that reference 煙のごとくたゆたいて:

« 余りに暑いので | Main | Brothers Quay / 『Piano Tuner of Earthquakes』がようやく上映 »

NAVIGATION

GALLERY


  • Gangs of Kabukicho.
    渡辺克巳

    097154803X
    新潮社フォトミュゼの「新宿」が絶版となっているなかで最近刊行された渡辺克巳の最新写真集。洋書。



    先般亡くなった路上の写真家、渡辺克巳の写真集。インサイダーとして夜の新宿を流した彼の生の証はその写された人々と共に永く記憶されるべき。


    ジャパン
    倉田 精二
    4106024330
    渡辺克巳とくれば倉田精二を挙げずにはいられない。日本のウィージーと言われたストリートフォトの神髄。都市の殺伐と虚像をこれほど表現した写真はない。

    にっぽん劇場写真帖
    寺山 修司・森山大道
    4106024187
    寺山と森山のコラボレーションは「あゝ、荒野」以前にもこの作品で既に成就していた。68年刊のこの作品は強烈なコントラストとイメージで時代を色濃く表現している。腰巻きの惹句「奇才ふたりが火花を散らすイメージ地獄巡り」も凄いが、天井桟敷率いる寺山へぶつける森山の渾身の「返歌」が熱い。中平卓馬がカメラを構える有名なショットもあり。これを見ずに森山は語れない。


    奈良原の写真は既に絶版になった朝日新聞社の「昭和写真全仕事」を所有しているが、トラピスト修道院に取材した「沈黙の国」「人間の土地」「消滅した時間」などパースを駆使した知的で静謐な写真は独特の美。「無国籍地」は廃墟をモチーフにした写真集。その圧倒的な画面の構成美を。

    Cui Cui
    川内 倫子
    4902943026
    川内の作品は柔らかい光と深度の浅いクローズアップなどを多用して日常の「合い間」を独特の色調で表現している。小生の勝手な感覚ではあるが彼女の作品にはどこか「彼岸の匂い」のようなものが感じられてならない。明るく静かな日常。ふと視線を外して見上げる窓の外の空。こよないものたちの空間。この作品は家族の何気ない日常をテーマとした写真集。なぜだろう、頁をめくってゆくたびに胸が詰まってくるのは。


    この間東京都写真美術館で行われた回顧展で再び植田の仕事が再評価されている。砂丘シリーズに代表されるこのモダニズムはいつまでも古びない。

Blog People

無料ブログはココログ

search


  • Google

thank you!