« 古写真、松本俊夫、聖橋 | Main | 演じる家族 / 浅田政志『浅田家』 »

August 08, 2008

金子國義、天野可淡

金子國義の世界 (コロナ・ブックス 141)

金子國義の代表作にアトリエや書斎に並ぶ氏の美意識を投影したインテリアを纏めた一冊。平凡社コロナブックス。写真は平地勲。

そういえば、この間テレビで人形屋佐吉の運営する「マリアの心臓」での人形展覧会を取材していた。
人形屋佐吉30周年、マリアの心臓5周年と題した「八月のパラドックス」という展覧会だ。
畳敷きの展示会場の奥に故、天野可淡の人形が並んでいたのが印象的だった。

随分昔のことだが、まだ学生だったときに渋谷東急で行われた人形展に友人と行ったのだが、そこでは人形屋佐吉の出品もされていた。ジュモーなどのアンティークビスクとともに四谷シモン、与勇輝や確か天野可淡の人形もあったような気がする。そこでは佐吉のご主人にいろいろとお話を伺った記憶もあって、番組は懐かしく拝見した。

人形展「八月のパラドックス」は8月一杯の開催とのこと。天野の人形を直接見る得難い機会であり是非行きたいが、余りに暑いので来週からまた欧州へ旅行の予定で残念ながら行けそうもない。

■関連エントリ
- 月球儀通信 : 天野可淡 / 苦悶の天使
http://azusayumi.tea-nifty.com/fragment/2007/01/__160f.html


« 古写真、松本俊夫、聖橋 | Main | 演じる家族 / 浅田政志『浅田家』 »

文化・芸術」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 金子國義、天野可淡:

« 古写真、松本俊夫、聖橋 | Main | 演じる家族 / 浅田政志『浅田家』 »

NAVIGATION

無料ブログはココログ

search


  • Google

thank you!