« シュヴァンクマイエル / 「アリス」2題 | Main | 金子國義、天野可淡 »

July 29, 2008

古写真、松本俊夫、聖橋

しかし暑い日々。昨日の人身事故に引き続いて今日も東京駅のポイント故障で中央線がストップし、早く帰宅しようとすると決まってこんな状況に。これはマーフィーの法則なのか、法則以前に単に毎日トラブルが発生しているだけなのか。一昨日、タコシェでいつものようにフリペコーナーを物色していたら早稲田の映画研究会が発行する小冊子、「FILM STUDIES 映画学」の2007年21号がフリーで置いてあり持ち帰る。巻頭の松本俊夫のインタビューに得した気分。待ち合わせの新宿へ向かおうと店を出しなにカウボーイハットの眼光ただならぬ人とすれ違ったが、よく見ると、あの映画「エメラルド・カウボーイ」の主人公、早田英志だった。そういえばタコシェの一日店長をやるというのは今日だったのかと思い出して、そうであれば確か特殊漫画家の根本敬も来る筈と周りを見回したがおられず、時間もないのでそそくさと新宿へ。(「エメラルド・カウボーイ」についてはこちらのエントリへ。)

* * *

ネットで古写真を検索していたら、長崎大学の幕末・明治期日本古写真データベースに明治20年頃に撮影されたお茶の水の写真を見つけた。丁度お茶の水橋から聖橋を眺める構図のその写真はまだ中央線の影も形もなく、聖橋も今の石造りの重厚な雰囲気とは趣を異にして木造の華奢な作りで感慨深い。ちなみにこの聖橋の名の由来は湯島聖堂から来ているのかと思っていたが、その聖とは実はニコライ堂のことらしい。

A.ファサリ「お茶の水と聖橋」(長崎大学 幕末・明治期日本古写真データベース)
http://oldphoto.lb.nagasaki-u.ac.jp/jp/target.php?id=4196


そんな写真をみつけながらネットを逍遙するうちに、「幕末古写真ジェネレーター 」というサイトを発見した。
urlはhttp://labs.wanokoto.jp/olds
普通の写真もいかにも幕末に湿式乾板で撮影したような感じに変換できるというもので、試しにやってみたのがこれ。

上が元の写真で、変換したのが下の写真だが、いかにもな感じに仕上がって感心した。(写真はDusseldorfのケーニッヒアレーでみたサンドイッチマン。広告の筒を被って練り歩いています。)

« シュヴァンクマイエル / 「アリス」2題 | Main | 金子國義、天野可淡 »

CINEMA」カテゴリの記事

写真」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21097/42007688

Listed below are links to weblogs that reference 古写真、松本俊夫、聖橋:

« シュヴァンクマイエル / 「アリス」2題 | Main | 金子國義、天野可淡 »

NAVIGATION

無料ブログはココログ

search


  • Google

thank you!