Flickr


  • www.flickr.com

exhibition

« 『寺山修司劇場美術館』 | Main | 『森山大道論』 »

June 12, 2008

父は秋葉原を「あきばはら」という

先週の秋葉原の事件が世間を震撼させているが、丁度その日は一日に何度もリセットを繰り返さなければならない程古くなったPCを買い換えるため秋葉原に行こうと思っていたので、もし行っていたらと思うとぞっとした。急な別の用事が出来たために行けなくなったのだが、多分、行っていたとしたら丁度事件の時刻に歩行者天国を歩いていたかも知れないタイミングだった。先頃テレビの番組で日本における近頃の犯罪率は増加しているという感覚があるが実は年々低下しており、そんな感覚を受けるのは以前は報道されなかった事件の数々がメディアの発達によって知らされるようになったためにさも犯罪が増加しているように感じているだけなのだという話をやっていたが、その量はともかくも、質は凶悪になってきているような気がする。発生率ではなく強度率が高まっているという感覚が依然として拭い去れない。怨恨や物盗りという勿論犯罪自体首肯は出来ないがある意味多少なりとも情状が手繰れる事件から、今回のような無差別殺人という容易には理解し難いケースが増えているという感覚だ。

しかも最近その犯罪が異常であればあるほど裁判では被告に有利となるような判例ばかりなのは納得できない。人権派と言われるような弁護士が主張するおきまりの詭弁、犯行時の心神喪失というリアリティが増すからだ。人を一人殺すより十人を、しかも出来るだけ異常な方法で殺せば結果的に罪が軽くなってしまうという矛盾。被害者より加害者が守られるという司法のあり方こそ異常と言わざるを得ない事件が多い。

今回の事件でも一部報道があったが、逮捕拘束する前に一度警官が路地に犯人を追いつめたがそこで身柄の確保が出来ずに犯人は再び路上に飛び出して数人を刺傷したらしい。iza!でのニュースだったと思うが今捜すと見つからない。誤報で削除された可能性もある。しかしそうとすればこの路地に追いつめたとき何故発砲しなかったのだろうか。確かに歩行者天国ではその使用は危険だが路地での発砲は出来た筈だという。行きすぎた人権思想が警官の適正な拳銃使用を過剰に抑制し、結果的に被害者を増やしてしまったということはないのか。こういう見えない部分の検証をこそ是非やって貰いたい。

« 『寺山修司劇場美術館』 | Main | 『森山大道論』 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21097/41538319

Listed below are links to weblogs that reference 父は秋葉原を「あきばはら」という:

« 『寺山修司劇場美術館』 | Main | 『森山大道論』 »

NAVIGATION

GALLERY


  • Gangs of Kabukicho.
    渡辺克巳

    097154803X
    新潮社フォトミュゼの「新宿」が絶版となっているなかで最近刊行された渡辺克巳の最新写真集。洋書。



    先般亡くなった路上の写真家、渡辺克巳の写真集。インサイダーとして夜の新宿を流した彼の生の証はその写された人々と共に永く記憶されるべき。


    ジャパン
    倉田 精二
    4106024330
    渡辺克巳とくれば倉田精二を挙げずにはいられない。日本のウィージーと言われたストリートフォトの神髄。都市の殺伐と虚像をこれほど表現した写真はない。

    にっぽん劇場写真帖
    寺山 修司・森山大道
    4106024187
    寺山と森山のコラボレーションは「あゝ、荒野」以前にもこの作品で既に成就していた。68年刊のこの作品は強烈なコントラストとイメージで時代を色濃く表現している。腰巻きの惹句「奇才ふたりが火花を散らすイメージ地獄巡り」も凄いが、天井桟敷率いる寺山へぶつける森山の渾身の「返歌」が熱い。中平卓馬がカメラを構える有名なショットもあり。これを見ずに森山は語れない。


    奈良原の写真は既に絶版になった朝日新聞社の「昭和写真全仕事」を所有しているが、トラピスト修道院に取材した「沈黙の国」「人間の土地」「消滅した時間」などパースを駆使した知的で静謐な写真は独特の美。「無国籍地」は廃墟をモチーフにした写真集。その圧倒的な画面の構成美を。

    Cui Cui
    川内 倫子
    4902943026
    川内の作品は柔らかい光と深度の浅いクローズアップなどを多用して日常の「合い間」を独特の色調で表現している。小生の勝手な感覚ではあるが彼女の作品にはどこか「彼岸の匂い」のようなものが感じられてならない。明るく静かな日常。ふと視線を外して見上げる窓の外の空。こよないものたちの空間。この作品は家族の何気ない日常をテーマとした写真集。なぜだろう、頁をめくってゆくたびに胸が詰まってくるのは。


    この間東京都写真美術館で行われた回顧展で再び植田の仕事が再評価されている。砂丘シリーズに代表されるこのモダニズムはいつまでも古びない。

Blog People

無料ブログはココログ

search


  • Google

thank you!