Flickr


  • www.flickr.com

exhibition

« 百合の香りと夢の街 | Main | 森山大道写真展 / 『森山大道展 Ⅰ. レトロスペクティヴ 1965-2005/ Ⅱ. ハワイ 』 »

April 30, 2008

嘘を築地の御門跡

神保町の三省堂でいましろたかしの新刊「グチ文学 気に病む」が出ているのをみて立ち読み。なんと漫画ではなくエッセイ集で思い切り意表を突かれたが、マガジンハウスの雑誌に連載されていたものをまとめたとかで、その事実すら知らなかった不覚さ。エッセイも漫画同様の脱力感がいい感じだが、巻末に著者近影があって初めてその顔写真をみた。何となく線が細くてまじめそうでこれも意表を突かれる思いだが、良く見ると17歳の時の写真と。巻末に鉛筆で書いた漫画のゲラ付き。しかしなんでゲラなのか。ちゃんと仕上げていないところがいかにも。

孤独のグルメ 【新装版】並びに谷口ジローの「孤独のグルメ」が新装版で復刊されていた。原案は久住昌之。なかでも万世橋の肉の万世のカツサンドの回のカツサンド(くどい)の美味しそうなこと。しかし万世ビルになんで6階が無いのかがかねてからの疑問だったが、実はここがカツサンドの工場になっているって知ってました?

NHK教育の子供向け番組「にほんごであそぼ」で、いわゆる江戸地口の歌をやっているのを見て嬉しくなる。地口とは粋な駄洒落のことで、例えば「おそれ入谷の鬼子母神」みたいな軽口のことだが、その歌の名も「たまげた、駒下駄、東下駄」なんぞという人を食ったようなもの。浪曲師の国本武春が子供と踊りながら名調子で歌うのだが、例えば「生姜なければ茗荷がある」とか、「バチが当たれば太鼓で受ける」などとお江戸の遊び人か下っ引きが片肘まくってまくしたてるような風情。

ははん、さては例の美しい日本語の先生が一枚噛んでいるに違いないと想像したが、確かに意味は判らずとも名文のリズムに子供の頃から親しむのはよいことには違いない。でもこんな軽口をたたく子供が増えるのもどうかと思う(笑)。「金太郎、お小遣いを遣るから取りに来なさい。」「お父さん有り難う。蟻が鯛なら芋虫ゃ鯨。」などと軽口を叩こうものなら坊主頭の一つも引っぱたかれるものと相場が決まっている。小生も企画会議のプレゼンでクライアントの質問に「そうで有馬の水天宮」などと受けたら多分クビだ。(でも一度やってみたい。)

しかし、国本武春の浪花節にはカタルシスがあって、一度じっくり聞いてみたいものだ。

« 百合の香りと夢の街 | Main | 森山大道写真展 / 『森山大道展 Ⅰ. レトロスペクティヴ 1965-2005/ Ⅱ. ハワイ 』 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21097/41048168

Listed below are links to weblogs that reference 嘘を築地の御門跡:

« 百合の香りと夢の街 | Main | 森山大道写真展 / 『森山大道展 Ⅰ. レトロスペクティヴ 1965-2005/ Ⅱ. ハワイ 』 »

NAVIGATION

GALLERY


  • Gangs of Kabukicho.
    渡辺克巳

    097154803X
    新潮社フォトミュゼの「新宿」が絶版となっているなかで最近刊行された渡辺克巳の最新写真集。洋書。



    先般亡くなった路上の写真家、渡辺克巳の写真集。インサイダーとして夜の新宿を流した彼の生の証はその写された人々と共に永く記憶されるべき。


    ジャパン
    倉田 精二
    4106024330
    渡辺克巳とくれば倉田精二を挙げずにはいられない。日本のウィージーと言われたストリートフォトの神髄。都市の殺伐と虚像をこれほど表現した写真はない。

    にっぽん劇場写真帖
    寺山 修司・森山大道
    4106024187
    寺山と森山のコラボレーションは「あゝ、荒野」以前にもこの作品で既に成就していた。68年刊のこの作品は強烈なコントラストとイメージで時代を色濃く表現している。腰巻きの惹句「奇才ふたりが火花を散らすイメージ地獄巡り」も凄いが、天井桟敷率いる寺山へぶつける森山の渾身の「返歌」が熱い。中平卓馬がカメラを構える有名なショットもあり。これを見ずに森山は語れない。


    奈良原の写真は既に絶版になった朝日新聞社の「昭和写真全仕事」を所有しているが、トラピスト修道院に取材した「沈黙の国」「人間の土地」「消滅した時間」などパースを駆使した知的で静謐な写真は独特の美。「無国籍地」は廃墟をモチーフにした写真集。その圧倒的な画面の構成美を。

    Cui Cui
    川内 倫子
    4902943026
    川内の作品は柔らかい光と深度の浅いクローズアップなどを多用して日常の「合い間」を独特の色調で表現している。小生の勝手な感覚ではあるが彼女の作品にはどこか「彼岸の匂い」のようなものが感じられてならない。明るく静かな日常。ふと視線を外して見上げる窓の外の空。こよないものたちの空間。この作品は家族の何気ない日常をテーマとした写真集。なぜだろう、頁をめくってゆくたびに胸が詰まってくるのは。


    この間東京都写真美術館で行われた回顧展で再び植田の仕事が再評価されている。砂丘シリーズに代表されるこのモダニズムはいつまでも古びない。

Blog People

無料ブログはココログ

search


  • Google

thank you!