Flickr


  • www.flickr.com

exhibition

« 紋次郎、アウトサイダーアートそしてフランシーヌ | Main | やくざ坊主と錆朱色 »

April 17, 2008

学研から8mm映写機発売 / 『大人の科学 8ミリ映写機』

大人の科学 8ミリ映写機
大人の科学 8ミリ映写機
学研の大人の科学からなんと8mm映写機が発売される。すでにmixiなどでは早くから話題になっていたが、2008年になって8mmフィルム映写機の新製品が発売されるというのはそれがたとえおもちゃであっても朗報というほかない。しかもシングル、スーパー、ダブルまで映写でき、また簡単な編集グッズまでついているという念の入れように拍手喝采。切れ易く代替がきかない電球は使わず今時のLEDが使われているのは映写機の進化形だ。
フィルム送りは手回し。
あとは手回しかゼンマイを使ったシングルエイトカメラの発売を希求するのみ。
これももしかしたら発売されるかも知れないという噂もあって、目が離せない。
とにかく映写するフィルムがなくても小生のようにどうしても動かないジャンクのP300しかカメラがなくてもまずは買いだ。あとは何とかなる、と思う(笑)。

« 紋次郎、アウトサイダーアートそしてフランシーヌ | Main | やくざ坊主と錆朱色 »

ビデオアート/8mm」カテゴリの記事

Comments

今晩は、、。
月初めの入学式に見慣れないカメラを持っておられる御仁を見つけ、その様子を窺っていました。それは間違いなく"フジカ"だと思いました。

今なぜ流行っているんでしょうか? CGでノイズなどの人為的作為(悪意かな?)に飽きた若い人たちが、よりリアルな画像?を求めて使い始めたのでしょうか?
ウルトラQや怪奇大作戦の中で隊員が持っていたように、その人がだんだん松山省二に見えてなりませんでした。

あの日入学式にモードラ付けたニコン持っていく私も、ヘンな風に思われていたでしょうが、、。

入学式で8ミリとはその人はかなりのこだわりがあるんでしょうね。
やはり拡大された銀塩粒子と駒落ち、独特の色調が持つノスタルジーが8ミリならではなのではと思います。ビデオをafter effectなどでそれらしく後加工も出来ますが、やはりフイルムのもつ独特の質感は他には代え難いのではないでしょうか。
表現手段のバリエーションとしてこのメディアは残してもらいたいものだと思います。

やはりニコンにモードラでさえ今では浮いてしまうんですね。これも驚きですね、時代ですねぇ。

これはちょっと衝撃的ですね。先日レトロ通販に行ったら置いてありました。とりあえずエルモの映写機があるので買いませんが、どんな映りをするのか興味があります。
ところで、シングルエイトカメラの噂ってのは、どんなものでしょうか。富士フイルムはシングル8フィルムの生産と現像を当面続けるようですが、スーパー8ともども、ここが怖いところです。

レトロに置いてありましたか。早く実物を見てみたいものです。
mixiやサイドバーのリンクにあるムエン通信に詳細が写真付きでレポートされていますが、カメラは電池駆動でシングルかスーパーかは未定だそうです。それ以前に商品化も未定で、映写機に同封のアンケートにもしカメラが出たら買いますかという質問があるそうで、皆で発売を乞おうとあります。
シングルが延長したと言ってもあと5年だそうですし、線香花火のように燃え尽きる前の一瞬のきらめきに似たところを遊ぶのも一興ではと思ったりしています。
しかし消えてゆくものにこそ惹かれてしまうというのは何故なのでしょうか。このカメラはどうしても欲しいですね。

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21097/40907928

Listed below are links to weblogs that reference 学研から8mm映写機発売 / 『大人の科学 8ミリ映写機』:

« 紋次郎、アウトサイダーアートそしてフランシーヌ | Main | やくざ坊主と錆朱色 »

NAVIGATION

GALLERY


  • Gangs of Kabukicho.
    渡辺克巳

    097154803X
    新潮社フォトミュゼの「新宿」が絶版となっているなかで最近刊行された渡辺克巳の最新写真集。洋書。



    先般亡くなった路上の写真家、渡辺克巳の写真集。インサイダーとして夜の新宿を流した彼の生の証はその写された人々と共に永く記憶されるべき。


    ジャパン
    倉田 精二
    4106024330
    渡辺克巳とくれば倉田精二を挙げずにはいられない。日本のウィージーと言われたストリートフォトの神髄。都市の殺伐と虚像をこれほど表現した写真はない。

    にっぽん劇場写真帖
    寺山 修司・森山大道
    4106024187
    寺山と森山のコラボレーションは「あゝ、荒野」以前にもこの作品で既に成就していた。68年刊のこの作品は強烈なコントラストとイメージで時代を色濃く表現している。腰巻きの惹句「奇才ふたりが火花を散らすイメージ地獄巡り」も凄いが、天井桟敷率いる寺山へぶつける森山の渾身の「返歌」が熱い。中平卓馬がカメラを構える有名なショットもあり。これを見ずに森山は語れない。


    奈良原の写真は既に絶版になった朝日新聞社の「昭和写真全仕事」を所有しているが、トラピスト修道院に取材した「沈黙の国」「人間の土地」「消滅した時間」などパースを駆使した知的で静謐な写真は独特の美。「無国籍地」は廃墟をモチーフにした写真集。その圧倒的な画面の構成美を。

    Cui Cui
    川内 倫子
    4902943026
    川内の作品は柔らかい光と深度の浅いクローズアップなどを多用して日常の「合い間」を独特の色調で表現している。小生の勝手な感覚ではあるが彼女の作品にはどこか「彼岸の匂い」のようなものが感じられてならない。明るく静かな日常。ふと視線を外して見上げる窓の外の空。こよないものたちの空間。この作品は家族の何気ない日常をテーマとした写真集。なぜだろう、頁をめくってゆくたびに胸が詰まってくるのは。


    この間東京都写真美術館で行われた回顧展で再び植田の仕事が再評価されている。砂丘シリーズに代表されるこのモダニズムはいつまでも古びない。

Blog People

無料ブログはココログ

search


  • Google

thank you!