« 終わりの季節 | Main | すずらん通りで鬱金色 »

March 04, 2008

『AERA MOVIE ニッポンの映画監督』

AERA MOVIE ニッポンの映画監督 (AERA Mook AERA MOVIE)

AREAのムック本。映画監督を軸に邦画の現在を俯瞰した一冊。
観損ねていた作品や、普段レンタル店で目に入りながらも気に留めていなかった作品でこの本から観たくなったものがいくつかあった。青山真治、黒沢清、三池崇史へのインタビューと西川美和、山下敦弘の対談を掲載。
但し、例えば若松孝二などの名はない。比較的若い世代の監督を中心にした編集なのだが、60,70年代の邦画ファンとしてはこのコンセプトで戦後辺りから纏めたものが欲しくなった。

« 終わりの季節 | Main | すずらん通りで鬱金色 »

CINEMA」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21097/40347317

Listed below are links to weblogs that reference 『AERA MOVIE ニッポンの映画監督』:

« 終わりの季節 | Main | すずらん通りで鬱金色 »

NAVIGATION

無料ブログはココログ

search


  • Google

thank you!