« 美術手帖2008年1月号 / 『特集 松井冬子』 | Main | 松井良彦 / 『追悼のざわめき』 »

January 01, 2008

明けましておめでとうございます

という題名のエントリでブログ界は埋め尽くされていると思うのだけれど、取りあえず新年のご挨拶を。

今年も写真集、写真の周辺と日本映画を中心にエントリしていきたいと思ってはいるが、そうはいっても結局のところおもいつきに終始しそうな予感もあって、これはこれで良いかと思っている。
いっそのことブログ名を思いつきに掛けて月球儀の月の連想で「想い月」などと変えてみようかとおもったりしたのだが、検索してみるとこの名前のサイトが結構あって、皆考えることは同じと思った次第。

元旦の今朝、早朝に普段しもしない散歩をしてみたのだが、道に人の髪の毛がごっそり落ちているのをみてギョっとした。新年早々かなりホラー的出だしだが、よく見るとエクステだった。多分、年末の飲み会かなにかで酔って落としたんだろうと思うが、そういえば昨年みた園子温監督、栗山千明主演の映画「エクステ」ではこの髪の束がエライことになるホラー映画だった。この映画、主演は栗山千明だが実は大杉漣が主演と言っても良いホラー&コメディ。なんと言っても髪の毛を偏愛する大杉が「ヘアー、ヘアー、マイヘアーヘアーっ」などとテーマソングまで歌ってしまうという園テイスト満載な映画で、人によっては馬鹿馬鹿しくて映画館を退場してしまうかも知れない勢いだったが、特撮のプアさ(手作り感ともいう)と相俟ってぴあフイルムフェスティバル的ないわばアマチュア精神の出た感じがなかなか良かった。コピーも「恐怖爆髪」ですから。

栗山千明といえば、昨年末の三連休中に再放送されたNHKドラマ「ハゲタカ」全6話は秀逸だった。
ファンド、銀行などのTOBやM&Aを現実世界さながらにその罪と罰を描くドラマ。栗山は銀行の貸し渋りから父親を失ったテレビキャスターの役柄。思わず引き込まれる硬派なドラマで、既にDVDが出ているのでこの正月休みにご興味のある方には是非おすすめ。

硬派といえばフジテレビ系で放送中の「SP(エスピー)」は毎回見ているが、なかでも真木よう子の演ずる女性SPがなかなかクールでいい。それで彼女の主演映画「ベロニカは死ぬことにした」を借りてみたが、近頃これほどの凡作は無いというのが失礼ではあるが正直な感想。映画館では確実に睡眠もしくは途中退席していたと思う。おそらく演出と脚本が原因とは思うが劇団の新人発表会のようで残念。

それでは本年もどうかよろしくお願い申し上げます。

エクステ ハゲタカ DVD-BOX ベロニカは死ぬことにした

« 美術手帖2008年1月号 / 『特集 松井冬子』 | Main | 松井良彦 / 『追悼のざわめき』 »

CINEMA」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

azusayumi様

いつも私の知らない世界を教えて頂きありがとうございます。azumiyumi様のおかげで私の「favorites」が増えました。
今年もエントリ、楽しみにしております。

xyzさん、こんにちは。コメント有り難うございます。むかし日テレで「あなたの知らない世界」というドラマ仕立てのもうトラウマになるほど怖い番組があってそれを思い出してしまいました。
なので、人様のトラウマになるような記事だけは書かないように気を付けようと思いました(笑)。まずはちゃんと更新するのが今年の抱負です。よろしくお願いいたします。

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21097/17543108

Listed below are links to weblogs that reference 明けましておめでとうございます:

« 美術手帖2008年1月号 / 『特集 松井冬子』 | Main | 松井良彦 / 『追悼のざわめき』 »

NAVIGATION

無料ブログはココログ

search


  • Google

thank you!