« 新藤兼人 / 『讃歌』 | Main | ブロードウェイから8ミリカメラへ »

January 19, 2008

『Photo Square Magazine Final号』


1977年「ロッコール」No,36 表紙:牛腸茂雄「self and others」

コニカミノルタフォトクラブが会員向けに発行する季刊誌、「Photo Square Magazine」が昨年の写真事業撤退を受けて2008年1月号で終刊となった。この雑誌の前身であるミノルタの「ロッコール」誌が1955年、コニカの「SAKURA family」誌が1960年に創刊と50余年にわたってアマチュアユーザ向けに刊行され続けた、書店の店頭には並ばないが息の長い写真誌だった。

このfinal号では真継不二夫、細江英公、大竹省二、中村正也などから始まり2007年秋号の繰上和美まで、荒木経惟、須田一政、大西みつぐ、柳沢信、武田花、奈良原一高、東松照明、清家冨夫など著名写真家による表紙をその創刊号からコレクションし回顧したもので、森山大道や牛腸茂雄などの作品も見える。

メーカは単に製品を作るだけでなく、こういう会員向けの雑誌やフォトコンテスト、撮影会などを開催することでその底辺から写真文化を支えてきたということなのだろうし、その間には商業誌の創廃刊があった訳だが、しかし最近ではむしろ商業誌は以前に比べ増えてきている感さえする。しかもデジカメ全盛の昨今にあって若い女性向けの銀塩を中心にした雑誌が増えているのをみても、実は今はメディアの進歩の時代ではなく、「多様化の時代」なのだと考えても良いのかもしれないし、そう思いたい。こんな期間がどれだけ続くかは分からないが、その意味ではユーザとしてはむしろ逆説的に嬉しい環境とは言えるかもしれない。

これは個人的な感覚でしかないが、銀塩カメラの中古市場は以前に較べてかなり値を下げてきているし、先般エントリした8mmフィルムも無理すれば(これにはかなりの、という形容詞がつくが)この今から出来ないこともない。
銀塩は騒がれる程にはすぐには無くならないし、例え万一無くなったとしてもそれはそれでよいと最近思うようになった。無くなるということは別のメディアが実用になっているということだからだ。そもそもよく考えればフィルムに敢えてこだわる意味も実は既に無くそれは単にノスタルジーでしかないのかも知れないし、メディアは常に新たな表現を牽引するものだ。今の状況はそもそも自分が写真を撮り、鑑賞するという行為の目的が何なのかをあらためて問われ突きつけられる時なのかも知れない、などとこの雑誌をみながら思った次第。

« 新藤兼人 / 『讃歌』 | Main | ブロードウェイから8ミリカメラへ »

写真」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21097/17748515

Listed below are links to weblogs that reference 『Photo Square Magazine Final号』:

« 新藤兼人 / 『讃歌』 | Main | ブロードウェイから8ミリカメラへ »

NAVIGATION

無料ブログはココログ

search


  • Google

thank you!