« 【更新再開致します】 | Main | 花輪和一 / 『刑務所の前 第3集』 »

December 15, 2007

『季刊 d/sign no.15』 / 特集『写真都市』

季刊デザイン no.15 (15)
季刊デザイン no.15 (15)

今月発売になった太田出版の季刊誌「d/sign」15号は特集を「写真都市」として伊藤俊治、飯沢耕太郎などいわばテーマに定番の執筆陣となっているが、伊藤の著書である『写真都市』(1984年、冬樹社)は都市をキーワードとした当時気鋭の写真評論だった。その名を冠した本号の特集では伊藤の「『写真都市』その後 ポストコロニアル・フォトグラフィー」と題した記事を掲載している。

巻頭の森山大道インタビューだけでも購入しておきたい一冊。瀬戸正人の最新作「binran」を掲載。
このbinranとはビンロウ樹の実のことであり、熱帯地方で口中を毒々しく真っ赤にして噛むあのビンロウのことだが、台湾ではあちこちの道路脇にこのビンロウ売りのスタンドがあって、そのカウンタには必ずといって良いほど扇情的な衣装の若い女性が売り子になっている。詳しくは知らないが多分売色とも繋がっているのだろう。これはそんな売り子たちのポートレート作品だ。中判カメラの細密なディテールで亜熱帯の息遣いが伝わるいかにも瀬戸らしい作品。写真集の発売が待たれる。

同誌はことある毎に森山の作品とインタビューを掲載しており要チェックだ。

« 【更新再開致します】 | Main | 花輪和一 / 『刑務所の前 第3集』 »

写真」カテゴリの記事

Comments

心から再開を喜び、歓迎しています(嬉)。今後ともよろしくお願いします。しかも、d/Sign最新号の情報まで....。まったく、知りませんでした。森山さんのインタビューはもちろんですが、本当に楽しみです。

mbさん、こんにちは。コメント有り難うございます。また性懲りも臆面もなく再開してしまいました。更新といってもどれほど出来るか分かりませんが宜しくお願いいたします。
しかしd/signは森山のロングインタビューが好きですね。ほんの何号か前にも特集されていてほんのりデジャヴ感があるのですが、いつもは立ち読みで済ませるところが瀬戸のグラビアでつい買ってしまいました。

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21097/17371572

Listed below are links to weblogs that reference 『季刊 d/sign no.15』 / 特集『写真都市』:

« 【更新再開致します】 | Main | 花輪和一 / 『刑務所の前 第3集』 »

NAVIGATION

無料ブログはココログ

search


  • Google

thank you!