« 『漏光』 / 杉本博司写真展 | Main | 『植田正治 小さい伝記』 »

December 23, 2007

『書肆アクセスという本屋があった―神保町すずらん通り1976-2007』

書肆アクセスという本屋があった―神保町すずらん通り1976-2007

2007年11月17日に惜しまれつつ閉店した神保町すずらん通りの「書肆アクセス」へのいわば「追悼文集」。
地方・小出版流通センターのアンテナショップとして76年に開店し、経営の悪化から閉店を余儀なくされるまでのおよそ30年間を、一般の流通に乗らない書籍、雑誌、個人発行のミニコミ誌に至るまでを扱い出版文化に貢献した。閉店後はその機能を神保町三省堂の地方・小出版流通センターコーナーへと引き継いでいる。

編者代表の岡崎武志、イラストの内澤旬子を始めとして堀切直人、林哲夫、今柊二、串間努、塩山芳明、南陀楼綾繁、近代ナリコ、海野弘、中山亜弓など100人を超える寄稿に年表、店内写真を併載。発行は右文書院。

現在まだ店舗のあった場所はシャッターが降りたままになっているが、その後ここに何が入るのだろうか。
少なくとも神保町らしい個性のある書店が入ることを期待したい。

■関連エントリ
- 月球儀通信 : 神保町『書肆アクセス』が閉店!?
http://azusayumi.tea-nifty.com/fragment/2007/07/post_a0f0.html

« 『漏光』 / 杉本博司写真展 | Main | 『植田正治 小さい伝記』 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21097/17450869

Listed below are links to weblogs that reference 『書肆アクセスという本屋があった―神保町すずらん通り1976-2007』:

« 『漏光』 / 杉本博司写真展 | Main | 『植田正治 小さい伝記』 »

NAVIGATION

無料ブログはココログ

search


  • Google

thank you!