« カメラが壊れる | Main | 内澤旬子、水木しげるそして超能力部隊 »

July 01, 2007

『中井英夫―虚実の間に生きた作家』

中井英夫―虚実の間に生きた作家河出書房新社より雑誌「中井英夫―虚実の間に生きた作家」が刊行されて、早速amazonで注文した。高校生の頃に「虚無への供物」(64年)に出会ってから何冊かを通読して心酔した。その頃、神保町の確か八木書店だったかで「とらんぷ譚 」の初版を買ったりこの時分にはほかにも椿実などの幻想文学ばかり読んでいた。

「黒衣の短歌史」は短歌雑誌の編集をやっていた昭和短歌界の生き証人たる中井の名著で、ここから中條ふみ子とか葛原妙子、山中智恵子などへ導かれていった。ワイズ出版の定本版はまだ在庫がある様子。東京創元社の「中井英夫全集」にも収録されている。とにかく到着が楽しみです。

« カメラが壊れる | Main | 内澤旬子、水木しげるそして超能力部隊 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 『中井英夫―虚実の間に生きた作家』:

« カメラが壊れる | Main | 内澤旬子、水木しげるそして超能力部隊 »

NAVIGATION

無料ブログはココログ

search


  • Google

thank you!