Flickr


  • www.flickr.com

exhibition

« 神保町シアター / 『こどもたちのいた風景』 | Main | untitled »

July 16, 2007

丸井太郎と飯田蝶子 / 『温泉女医』

先週の水曜日、小雨のなかをラピュタ阿佐ヶ谷で上映の木村恵吾監督「温泉女医」を観に行った。
ラピュタはいま「映画x温泉 湯けむり日本映画紀行」という特集をやっていて本作はその一つ。ちなみに水曜日は割引で一般が千円だ。

主演はちょうどいまなにかと話題の黒川紀章夫人、若尾文子。64年の作品だから当時31歳で、60年代らしい髪型とメイクは時代を感じさせるが、若い頃から大人っぽい雰囲気で綺麗。でも女医というよりは手だれたバーの若マダムという感じがなんとも。

話は温泉場の(伊東温泉らしい)医院に代用医師として赴任してきた若い女医を巡るコメディで、藪内医院などという名前もいかにも喜劇風。医大をでたものの医師とならず養蜂業を目指す息子に丸井太郎。父親役の菅井一郎扮する藪内医師に勘当されているが、孤児の面倒をみるなどいいお兄ちゃん振りを発揮している。温泉旅館の主に二代目中村雁治郎(中村玉緒のお父さんですね。そっくりです。ちなみに三代目中村雁治郎は扇千景の旦那で現、坂田藤十郎)。コメディらしくチョイ役で当時人気絶頂の林家三平、ミヤコ蝶々や美人女医に通い詰める魚屋の旦那に柳家金語楼などが出演。三平も金語楼もしょこたん風に言えばテラナツカシスって感じ(汗)。

普段は大映の脇役として素朴で実直な農民などを演じていた丸井太郎は本作では主演格という珍しい作品。最後は女医と結ばれるという設定でなかなかいい味を出している。

しかし、丸井は本作の3年後に自殺してしまうのだ。それを知りつつこの作品を観るのは辛い。
柴田錬三郎原作の「図々しい奴」のテレビドラマで丸井は主役として大当たりしたが、当時映画俳優とテレビ俳優の区別が厳然としてあり、映画俳優に戻らざるを得なかった丸井は大映に戻ったあとも脇役に甘んじる他なかった。
自殺はこのあたりが原因と言われているが、そういう背景で観ると丸井が主役格のこの作品は特別に感慨深い。
小生の好きな雷蔵演ずる眠狂四郎や座頭市、同じ雷蔵主演の「大菩薩峠」や「大魔神」などでも脇役ながら存在感を出していたが。享年32歳とは若すぎる。

医院の古いお手伝いさんを飯田蝶子が演じているがこれも懐かしい顔。小生のほんの子供の頃のテレビに昔からおばあさん役でよく出ていたが、たしか久世光彦脚本の「時間ですよ」とかよく覚えている。そんな懐かしい顔に図らずも出会えるのが古い邦画通いの醍醐味かも。他、三原葉子、姿三千子など。1964年、78分、大映。

« 神保町シアター / 『こどもたちのいた風景』 | Main | untitled »

CINEMA」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21097/15772889

Listed below are links to weblogs that reference 丸井太郎と飯田蝶子 / 『温泉女医』:

« 神保町シアター / 『こどもたちのいた風景』 | Main | untitled »

NAVIGATION

GALLERY


  • Gangs of Kabukicho.
    渡辺克巳

    097154803X
    新潮社フォトミュゼの「新宿」が絶版となっているなかで最近刊行された渡辺克巳の最新写真集。洋書。



    先般亡くなった路上の写真家、渡辺克巳の写真集。インサイダーとして夜の新宿を流した彼の生の証はその写された人々と共に永く記憶されるべき。


    ジャパン
    倉田 精二
    4106024330
    渡辺克巳とくれば倉田精二を挙げずにはいられない。日本のウィージーと言われたストリートフォトの神髄。都市の殺伐と虚像をこれほど表現した写真はない。

    にっぽん劇場写真帖
    寺山 修司・森山大道
    4106024187
    寺山と森山のコラボレーションは「あゝ、荒野」以前にもこの作品で既に成就していた。68年刊のこの作品は強烈なコントラストとイメージで時代を色濃く表現している。腰巻きの惹句「奇才ふたりが火花を散らすイメージ地獄巡り」も凄いが、天井桟敷率いる寺山へぶつける森山の渾身の「返歌」が熱い。中平卓馬がカメラを構える有名なショットもあり。これを見ずに森山は語れない。


    奈良原の写真は既に絶版になった朝日新聞社の「昭和写真全仕事」を所有しているが、トラピスト修道院に取材した「沈黙の国」「人間の土地」「消滅した時間」などパースを駆使した知的で静謐な写真は独特の美。「無国籍地」は廃墟をモチーフにした写真集。その圧倒的な画面の構成美を。

    Cui Cui
    川内 倫子
    4902943026
    川内の作品は柔らかい光と深度の浅いクローズアップなどを多用して日常の「合い間」を独特の色調で表現している。小生の勝手な感覚ではあるが彼女の作品にはどこか「彼岸の匂い」のようなものが感じられてならない。明るく静かな日常。ふと視線を外して見上げる窓の外の空。こよないものたちの空間。この作品は家族の何気ない日常をテーマとした写真集。なぜだろう、頁をめくってゆくたびに胸が詰まってくるのは。


    この間東京都写真美術館で行われた回顧展で再び植田の仕事が再評価されている。砂丘シリーズに代表されるこのモダニズムはいつまでも古びない。

Blog People

無料ブログはココログ

search


  • Google

thank you!