« 森山大道 / 『蜻蛉 Kagero & Colors / Daido Moriyama』 | Main | 神保町に花月が »

June 24, 2007

勝新太郎没後10年 / 『新・兵隊やくざ 火線』

昨日、勝新太郎が亡くなって今年で10年になるのを池袋新文芸坐の上映特集「没後十年 誇り高き昭和の天才役者 天衣無縫 勝新太郎」のフライヤーで知って、よく見るとその丁度昨日の上映に兵隊やくざシリーズで小生が未見の「新兵隊やくざ火線」があるのを発見し、これを逃してはならじと取るものも取りあえず池袋へ直行した。

というのも以前、勝新座頭市全26作+「不知火検校」を走破ならぬ全巻見通す「座頭市マラソン」という一人イベントをやっていてこれは既に走破しているが、続けて「兵隊やくざ」シリーズに移行してシリーズ第8作目の「兵隊やくざ強奪」までの全てを観たまま、この一作がなかなか観られなかったからだ。なぜかこの作品だけDVD化されていないこともあるが、東京に点在する邦画専門の映画館でもなかなか掛からなかったこともある。(関係ないが、この映画が「掛かる」という言い方が懐かしくて好き。)

で、力みすぎて少々早めについてしまって、近くにある「えるびす」でラーメンを食べてから鑑賞。

「兵隊やくざ」(1965年)
「続兵隊やくざ」(1965年) )
「新兵隊やくざ」(1966年) )
「兵隊やくざ脱獄」(1966年) )
「兵隊やくざ大脱走」(1966年)
「兵隊やくざ俺にまかせろ」(1967年)
「兵隊やくざ・殴り込み」(1967年)
「兵隊やくざ強奪」(1968年)
「新兵隊やくざ火線」(1972年)

やっと取消線が引ける。涙・・・うぅ・・(あほか)
「新兵隊やくざ火線」(1972年)

しかし65年に始まったこのシリーズもこの作品に至ってはやたらに殴り合いのシーンばかりでプロットにも惹かれるものがない。ロケもほとんどスタジオセットのなかというもので、8作目から4年を経て制作を勝プロに移し、映画が斜陽化しつつあるなかで人気シリーズ作品を打ち出すという策もどうやら上手く行かなかったようだ。期待が大きかったこともあるかも知れないが、小生としては好きなシリーズなだけに残念。座頭市もそうだが、勝プロに移ってからはテイストが変わってしまい、どうも細部まで練られた60年代のレベルが維持できなくなっているのはやはり時代の流れなのだろうか。
増村保造監督。有田上等兵に田村高廣、大宮二等兵に勝新太郎、神永軍曹に宍戸錠、八路軍のスパイに安田道代(現、大楠道代)など。1972年、92分、大映。

■関連エントリ
- 月球儀通信 : 祝! とうとう座頭市マラソン完走!
http://azusayumi.tea-nifty.com/fragment/2006/02/post_2789.html

« 森山大道 / 『蜻蛉 Kagero & Colors / Daido Moriyama』 | Main | 神保町に花月が »

CINEMA」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21097/15540897

Listed below are links to weblogs that reference 勝新太郎没後10年 / 『新・兵隊やくざ 火線』:

« 森山大道 / 『蜻蛉 Kagero & Colors / Daido Moriyama』 | Main | 神保町に花月が »

NAVIGATION

無料ブログはココログ

search


  • Google

thank you!