Flickr


  • www.flickr.com

exhibition

« J・A・シーザー / 『国境巡礼歌』と『J・A・シーザーの世界』 | Main | ちょっと旅にでています »

May 07, 2007

甲斐庄楠音から溝口健二『雨月物語』へ

ぼっけえ、きょうてえ独特のデカダンスな美人画で知られる日本画家、甲斐庄楠音の伝記「女人讃歌 甲斐庄楠音の生涯」(栗田勇/87年/新潮社)を読み始めた。明日からまた旅なのでこの続きは機内で読むことにするが、代表作の一つ、「横櫛」(1918年)は岩井志麻子の「ぼっけえ、きょうてえ」の表紙ともなっていて、生々しいまでにデモーニッシュな人物造形、特に白粉と地肌のあわいのリアリズムと様式美の共存には抗しがたい魅力がある。

甲斐庄は大正15年、国画会の土田麦僊に酷評され画壇から映画界へ衣装考証家として活躍の場を移し、溝口健二の作品にその美意識を投影することとなった。その代表作、ベネチア映画祭銀獅子賞受賞作である「雨月物語」(1953年、大映)を昨日借りて観た。既に以前観ているので再度観たことになるが、森雅之、田中絹代、京マチ子らの演技や溝口の演出、宮川一夫のカメラワークなどもさることながら森が妻役の田中に買い与える着物の美しさはモノクロ作品ながら見て取れる気がした。

甲斐庄は同性愛者だったという説もあり作品にその美意識のありようを伺わせる気もするがその辺りの消息は代表作の図版や甲斐庄自身の写真も多数展覧する下記のサイトに詳しい。このサイト、「議論」がすこぶる面白し。ここからリンクされている別サイト「甲斐庄楠音外伝」も必読。

- 甲斐庄楠音研究室
http://members.at.infoseek.co.jp/kainoshou/index.html

甲斐庄の画集は検索してもなかなか見つからない。美術館のカタログなどを古書で捜すしかないか。
昨年放送のNHK新・日曜美術館の甲斐庄特集は松井冬子、松岡正剛の解説もあって録画していなかったのが悔やまれる。

« J・A・シーザー / 『国境巡礼歌』と『J・A・シーザーの世界』 | Main | ちょっと旅にでています »

CINEMA」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21097/14973056

Listed below are links to weblogs that reference 甲斐庄楠音から溝口健二『雨月物語』へ:

« J・A・シーザー / 『国境巡礼歌』と『J・A・シーザーの世界』 | Main | ちょっと旅にでています »

NAVIGATION

GALLERY


  • Gangs of Kabukicho.
    渡辺克巳

    097154803X
    新潮社フォトミュゼの「新宿」が絶版となっているなかで最近刊行された渡辺克巳の最新写真集。洋書。



    先般亡くなった路上の写真家、渡辺克巳の写真集。インサイダーとして夜の新宿を流した彼の生の証はその写された人々と共に永く記憶されるべき。


    ジャパン
    倉田 精二
    4106024330
    渡辺克巳とくれば倉田精二を挙げずにはいられない。日本のウィージーと言われたストリートフォトの神髄。都市の殺伐と虚像をこれほど表現した写真はない。

    にっぽん劇場写真帖
    寺山 修司・森山大道
    4106024187
    寺山と森山のコラボレーションは「あゝ、荒野」以前にもこの作品で既に成就していた。68年刊のこの作品は強烈なコントラストとイメージで時代を色濃く表現している。腰巻きの惹句「奇才ふたりが火花を散らすイメージ地獄巡り」も凄いが、天井桟敷率いる寺山へぶつける森山の渾身の「返歌」が熱い。中平卓馬がカメラを構える有名なショットもあり。これを見ずに森山は語れない。


    奈良原の写真は既に絶版になった朝日新聞社の「昭和写真全仕事」を所有しているが、トラピスト修道院に取材した「沈黙の国」「人間の土地」「消滅した時間」などパースを駆使した知的で静謐な写真は独特の美。「無国籍地」は廃墟をモチーフにした写真集。その圧倒的な画面の構成美を。

    Cui Cui
    川内 倫子
    4902943026
    川内の作品は柔らかい光と深度の浅いクローズアップなどを多用して日常の「合い間」を独特の色調で表現している。小生の勝手な感覚ではあるが彼女の作品にはどこか「彼岸の匂い」のようなものが感じられてならない。明るく静かな日常。ふと視線を外して見上げる窓の外の空。こよないものたちの空間。この作品は家族の何気ない日常をテーマとした写真集。なぜだろう、頁をめくってゆくたびに胸が詰まってくるのは。


    この間東京都写真美術館で行われた回顧展で再び植田の仕事が再評価されている。砂丘シリーズに代表されるこのモダニズムはいつまでも古びない。

Blog People

無料ブログはココログ

search


  • Google

thank you!