Flickr


  • www.flickr.com

exhibition

« March 2007 | Main | May 2007 »

15 posts from April 2007

April 30, 2007

ヴァニラとマニラとホワッツ・テラヤマ?

「ヴァニラとマニラ」は稲垣足穂に同名の作品があるがそもそもはMarquis de Sadeの獄中書簡が出典だ。その名を冠した画廊で作場知生作品展、【SOLITUDE】が開催中と知った。銀座ヴァニラ画廊で4月23日-5月5日迄。
(このblogは作場さんの素材をお借りしています。)

* * *

さて、先週借りた本。
■松山巌「うわさの遠近法」(講談社学術文庫)
■宇佐見辰一「きつねうどん口伝」(ちくま文庫)
■港千尋「注視者の日記」(みすず書房)
■水木しげる「本日の水木サン」(草思社)

* * *

昨日放送のNHK特集「ホワッツ・テラヤマ? 再考・団塊の青春」の録画を観る。
60年代の狂騒を壮大なる学園祭と位置づけ政治闘争に明け暮れた学生の本音は結局「自分捜し」だったとの括り。その狂言回しに寺山修司を見立てる趣向。唐十郎の赤テント(状況劇場)を旗揚げするにあたり寺山に跋文(ママ)を依頼しに行く話や、美輪明宏のインタビューなどは面白し。天井桟敷と状況劇場とはその当初にこんなエピソードがあった訳か。フーテン、サイケ、新宿騒乱、西口フォークゲリラなど60年代当時の映像が貴重だ。寺山の映画「草迷宮」(79年)は83年、日本での公開当時に休講を良いことに池袋文芸座へ観に行った記憶があるが、60年代のテーマとしては79年の映画の登場が不可解ではある。唐と美輪のインタビューはもう少し長く聴いていたかった。

森山大道写真展『SOLITUDE DE L’OEIL 眼の孤独』

日本橋2丁目の丸善で森山大道の写真展『SOLITUDE DE L’OEIL 眼の孤独』が開催される模様。

  会期:2007年5月17日(木)~23日(水)
  場所:日本橋丸善3階ギャラリー [site]

丸善のサイトに記載の、この同時に刊行される40部限定の写真集とは一体いくらするのだろう。すぐにこういうことを考えるのは悪い癖だが少々気になる。(どちらにしろ小生の手の届く価格でないことは間違いないが。)

会場ではこの写真集の展示も行われ、またオリジナルプリント、ポスターの販売も行われるとのこと。ワーキングプアの小生でもポスターなら買えるかもしれず期待大(これも無理か)。
会期も小生の帰国後で仕事帰りには寄りやすいロケーションなので是非行ってみたい。

しかし、marmotbabyさんのサイトで教えて頂いた続々と刊行される著作の数々や現在スペインのアンダルシアで開催中の大規模な展覧会など、フォロアーとしては「息が付けない」状況だ。

April 29, 2007

港千尋 / 『 文字の母たち Le Voyage Typographique』

文字の母たち Le Voyage Typographique
グーテンベルクの発明以来活版印刷を伝承し2006年に閉鎖されたパリ・フランス国立印刷所と日本で精華秀英体という明朝体の金属活字を伝える大日本印刷に取材した、消えゆく活版印刷をテーマとした写真集。
文化史的な視点の深さと同時に写真そのものの美しさが共に際立つ著者の作品はいつもながらに素晴らしい。

April 25, 2007

明日から晴れそう

最近ASPブログサービスの多くがモバイル対応し始めて、いや随分前からかも知れないけれど、少なくともココログはつい最近、サイドバー用にQRコードが表示できるようになった。

シチフリして表示させるようにしてみたが、これがモバイル用のサイトの入り口だったとはしばらくの間気づかなかった。

「月球儀通信」モバイル

ケータイ用のテキストベース表示になっているが、記事のみに特化してサイドバーの余計なゴチャゴチャが見えないのは淋しいような、スッキリしたような。モバイル用の管理画面もあって軽くていい感じ。ちょっと目障りな広告バナーが入るのがうるさいが、電車のなかからケータイでアクセスするのに便利。

関係ないけれど、このQRコードで書かれたブログの存在を発見。余りにもユニークなためか結構有名らしい。
■QRコードブログ
http://www.qrcodeblog.com/
よ、読めない・・・(笑)。読もうとすれば本文はコードからテキストに変換しないといけない。練習すれば人間QRコードリーダとなって睨んでいるうちに読めるようになるかも(んなわけない)。

April 24, 2007

さて今回の旅本は

黄金週間に海外に遊びに行く人たちと逆行するように休み明けからまた米国に遊びに行くことにしたが、今回の旅本はこれに決定。

平凡パンチの三島由紀夫
平凡パンチの三島由紀夫

面白そう。

April 22, 2007

先週の書籍リスト

先週購入・読書の書籍リスト。相変わらず興味の赴くままの雑食性です。

■中村雅彦「21世紀の祓い―禁断の日本的霊性を読み解く」(アルテ)
著者は愛媛大学大学院の心理学教授であり同時に宮司、稲荷行者でもある。四国で祈祷師の修行を行ったインサイダーとしての視点から日本的霊性を読み解く試みは刺激的だ。前著「呪いの研究-拡張する意識と霊性」(トランスビュー)での祈祷師同士の命がけの祈祷の応酬などのエピソードはすこぶる面白し。祈祷師の実像をアカデミックな視点から語ることのできるものは著者をおいて他に例を見ない。
 (関連サイト)やおよろず.COM

■甲野善紀「古の武術を知れば動きが変わるカラダが変わる」(MCプレス)
甲野は古来伝わる剣豪や武術家の超人的なエピソードが単なる伝説ではないことを検証するというスタンスから武術を研究する古武術家。現代人の動きは知らず西欧的な教育から身に付いているものと知らされる。
江戸以前の日本人にとって、走るということが水泳と同じく特殊技能だったなど他の著作も知的好奇心を擽る。
有名な井桁理論の提唱者で、スポーツや介護への応用など実用へ結びつけていることが素晴らしい。
NHK放映の人間講座「古の武術に学ぶ」からの映像がDVDで付録されている。手と足を同時に前に出して歩く「なんば歩き」は目からウロコだ。研究の成果に応じて技が次第に進化・深化しているのが凄い。
 (関連サイト)松聲館

■森山大道「遠野物語」(光文社文庫)
買ってしまいました。装丁家の鈴木一誌のあとがきあり。
 (関連エントリ)月球儀通信 : 森山大道『遠野物語』 光文社文庫より復刊


付記:
昨日気が付くとユニークアクセス数100,000を超えていました。
とりとめのないサイトにも拘わらずお越しくださり有り難うございます。
これからもこんな感じで向上心なく(笑)続けて行こうと思いますので
よろしくお願いいたします。
「月球儀通信」管理人 azusayumi拝

April 20, 2007

サクサクしっとりきなこ中毒の私

告白するときなこ(砂糖入り)をご飯にかけて食べるというのが好きなのだけれど、何故かこういう話をすると驚かれたりして、その反応にこちらが逆に驚くという話はよく考えてみたら以前既にエントリしていたが、そんなきなこ原理主義者の小生が最近好きなのが「サクサクしっとりきなこ」だ。

リスカという一歩間違えると結構アブナイ名前のメーカから出ているスナック菓子なのだが、これが美味しくて仕事帰りについ一袋買って、気が付くと全部食べてしまったりする。今日こそは半分迄にして明日食べようと思うのだが結局挫けてしまうこの敗北感。きな粉がパフに染み込んでいて美味しすぎ。

全然関係ないけれど、若い女の子のタレントがよくテレビのグルメ番組なんかで料理を口にして「うまい!」などと言うのに少々引っかかるのですが、変でしょうか。「うまい」というのは男言葉で、「をみなことば」では「おいしい」だと思うのだけれど、友人に言わせるとそんなことを考えるのは正真正銘のオヤジになったからだと。まだ30代になったばかりだというのに参ったよ(嘘)。

さていまもし自分に娘が産まれたら間違いなく「きなこ」と名前をつけてしまうだろう。
希奈子とかどうですか。梓希奈子とか(笑)
絶対いま生まれないからいい加減なこと言ってますが。

今日はそんなエントリで。

April 19, 2007

Web写真美術館という試み

富士フイルムが先月オープンしたWeb写真美術館はサイトをバーチャルな写真美術館に見立てた趣向だが、考えてみると実在の美術館が持つサイトというものは数多くあるが、サイトそのものが美術館として成り立っている例はあまりなかったように思う。そういう意味では新しい試みということはいえるかも知れない。しかし、例えば個人のサイトで自身の写真を並べるというのは星の数ほどある訳で、そのような単にWeb上の写真の羅列を敢えて美術館という体裁、趣向にしただけともいえそうな感じもする。

しかしどうも掲載の画像データには電子透かしなどのセキュリティ技術を盛り込んでいるらしく、それが少なくとも写真という複製芸術をWebという際限なく複製可能な大海に放り投げるときに、独立した美術館として成立させ得る必要条件だったとすれば、まさしく新しい試みとはいえるかも知れない。オリジナルがデジタルという現在ならなおさら必要な技術だろう。

勿論、写真家は錚々たる方々ばかりで、富士フイルムという会社の写真界における隠然たる実力を見せつけられる訳だけれど、同時に作品はプリントとして注文もできるショップともなっていて、企業の単なる文化事業というわけでもなさそうだ。

館内に入るまでのFLASHアニメーションがなかなか凝った作りになっているが、写真にたどり着くまでが少々まどろっこしい感もある。

以前もエントリしたが、こういう試みは一民間企業が継続性を保証しないまま行う前に、まずは国や自治体が作品の収蔵から一歩を進めて継続的に進めて行くべき内容ではないかと思う。

小生の畏敬する森山大道もカラー作品を出しているが、残念ながらプリント販売の対象外となっている。

April 17, 2007

じゃあのとうるし部

竹原慎二のブログが話題になっているらしい。竹原と言えば元WBA世界ミドル級チャンピオンのボクサーだけれど、なんでそんなに話題になっているのかと会議中に通信社内のLANとは別にコッソリ仕込んだ無線LANに繋げて早速サイトに行ってみた。端からみるとまるで議事録を取っているように見えるに違いない(と思う、いや思いたい)が、ではなんで時折笑いを噛み殺しているのかが疑問という微妙な姿だったかも。

で、みてみるとこの尋常でない更新頻度はまるで「男しょこたん」だった。出身地である広島弁のつぶやきが妙な間の改行で数行、最後におきまりの締め文句、「じゃあの」で終わるスタイル。コメントの数も日に日に増えていて、真似して「じゃあの」で終わっているのをみて笑った。いや今は笑っちゃいけない。あぶない。
しかし広島弁って男くさいね。菅原文太を連想してしまったり。ジャーノと書くとイタリア語みたいだ(いま会議中)。

-----------------

うるし漫画家の堀道広の初の単行本、「青春うるはし! うるし部」が青林工藝舎から出て嬉しくなって思わずamazonでポチっと購入。もう小生のツボというか経絡というか秘孔に入ってしまって。そういえばこの間のアックスで特集されていたが。
しかしうるし漫画家というのはどういうジャンルなんだ(笑)
ご本人はうるし工芸家なんですね。

青春うるはし!うるし部
青春うるはし!うるし部

April 15, 2007

『時効警察』 と「医者はどこだ」

いつものようにネットを散策していたらある方のブログでテレビ朝日系の深夜ドラマ「時効警察」が復活しているのを知って嬉しくなった。先週は見逃したがこれで金曜の夜のぐだぐだ加減が、時効警察→タモリ倶楽部→検索ちゃん→我慢しきれず睡眠という段階的脱力フローとなって浮世のしがらみから理想的かつ完璧に解放される期待も(あほか)。

その前の「特命係長 只野仁」も結構面白かったけれど、最近そのしがらみがさらに重みを増している状況で困る。おまけに奥歯まで痛みだして、今までの経験から他人の口から出る評判の当てにならなさを文字通り痛感しているので、仕事場に近い歯科医をネットで検索してクチコミが検索できるサイトを見つけたものの、その殆どが歯科医本人が書いているとしか思えない称賛ぷりで、さらに訳が分からなくなった。「ねじ式」ではないけれど、医者はどこだ、と聞きたい気分。どなたか○×方式を応用した治療をお願いします。

そのなかで良さそうな医院を数件選び、あとは仕方なくダウジングででも決めるほかないのだろうか(笑)。そのサイトは悪評も掲載しているが、もしかして商売仇の悪口合戦かもしれず、さらに完全に医院名が伏せられているので参考にならないうえに結果、不安だけが煽られることになってしまった。
とはいえ依然として痛いので首、じゃなくて腹をくくってどこかの医院を決めるしかないか。


クイックジャパンで時効警察が特集されているのを発見。
いまやサブカル系雑誌は太田出版の独占販売のようになっている感も。

クイック・ジャパン (Vol.71)

April 13, 2007

ジョナスメカスと中平卓馬

ジョナス・メカスの作品を観たのは90年頃、京都四条大宮駅近く、居酒屋の二階にあったスペース・ベンゲットだった。この映画館はもう既に閉館しているが、自主制作から古い邦画までを常に特集していて好きな小屋の一つだった。観たのはたしか「リトアニアへの旅の追憶」(72年)と「ロスト・ロスト・ロスト」(76年)の2本立てだったと思う。

京都の映画小屋で共通に使える友の会のようなものがあって、年会費を払うと無料券や会員証の提示で割引が効いたりして随分使った。(その会の名前をいま思い出そうとしたがどうしても出てこない・・・)京都は嵐山に撮影所があるなど映画とは縁が深い土地柄だが、四条烏丸にある京都文化博物館の地下にはフイルムライブラリーがあって邦画の特集上映が行われていたり、ブースで作品が無料で観られたりと邦画好きなら入り浸ってしまいそうなところで、事実入り浸っていたわけだけれど(笑)、改めてサイトをみてみると新幹線に乗って直ぐにでも行きたくなるような作品ラインナップで眩暈がする。

そのジョナス・メカスのボレックスで綴る日常の延々とした映像日記と、最近の中平卓馬の淡々とした日常のシークエンスとはどこか通じるところがある気がして、いま丁度それぞれの展覧会が開催されていて時間を見つけて行ってみたい。

中平卓馬 展
会場: シュウゴアーツ
スケジュール: 2007年04月07日 ~ 2007年05月12日
住所: 〒135-0024 東京都江東区清澄1-3-2-5F
電話: 03-5621-6434 ファックス: 03-5621-6435

ジョナス・メカス 展
会場: IN Gallery
スケジュール: 2007年04月08日 ~ 2007年04月21日
住所: 〒158-0081 東京都世田谷区深沢1-11-15
電話: 03-3701-0613 ファックス: 03-3701-0613

April 12, 2007

森山大道『遠野物語』 光文社文庫より復刊

遠野物語

森山大道の「遠野物語」が光文社文庫より復刊発売された。
オリジナルは朝日ソノラマの現代カメラ新書No.26で1976年11月が初版だ。

北島敬三、倉田精二らと新宿2丁目でCAMPを開店したばかりの森山38歳当時の著作。
オリジナルには「語りおろし」と副題にあるように、写真とモノローグで構成されている。

大型本での復刊を個人的には望んでいたが文庫はオリジナル近い版型でもあり、初版本を所持しているもののやはり押さえておくべき一冊と思う。

■関連エントリ
- 月球儀通信 : 『遠野物語』 / 森山大道
http://azusayumi.tea-nifty.com/fragment/2004/05/_.html

April 10, 2007

WordPressをLaCoocanで運用するの巻 その2

で、NiftyのLaCoocan(ラクーカン)でWordPressを入れて遊んでいるのだけれど、インストールはとにかくあっという間に終了するほど簡単。MTのようにconfigをエディタで修正することもなくそのままFTPでフォルダにコピーするだけ。あとはブラウザでのウィザードで完了する。とりあえず直ぐに形になるのだけれど、その前にサーバにデータベースをインストールする必要がある。phpとMySQLが動くことがサーバの要件だ。

しかし、ここで問題が発生。WPはリクエストに応じてデータベースからコンテンツを引き出してその都度ページを生成する仕組みだが、それゆえこの動的ページのURLは固定ではないため、Googleなどの検索ロボットが情報を収集しづらい。従って検索エンジンに拾って貰えずSEO上も不利だ。この対策としてURLをあたかも静的ページのように見せるパーマリンクという機能がWPにはデフォルトで付いている。
(詳しくないのに知ったかぶっております・・・)

これを機能させようとしたが、何度やっても上手く行かずネットを捜してみたところ、どうもこのパーマリンク設定はサーバがmod_rewriteをサポートしていないと機能しないらしい。NiftyのラクーカンはApacheでもIIsでもないまた別のシステムらしく、そうであればApacheのモジュールであるmod_rewriteはサポートされているはずもない。
mod_rewriteを使わずにパーマリンクを使うという方法についてある方が掲示板で親切に教えてくれたが、試してみたものの残念ながら上手く行かなかった。

パーマリンクが使えないというのはちょっと痛い。で、やはりラクーカンは試用期間のみにして別のサーバを捜したほうが良さそうだと思い始めた。

ロリポ+ムームードメインかXREA+辺りはWPのユーザ数も多いようで有力候補かもしれない・・・(続くかも)

WordPress標準ガイドブック―導入&基本操作からフルチューンまで
マクラケン 直子 WordPress Japan
4839921695

導入から応用の入り口まで網羅。分かりやすいです。

April 04, 2007

WordPressをサーバに置いたり置かなかったり

どっちなんだ(笑)、というのもサーバ(にふのラクーカン)のお試し期間が1ヶ月もあるので、インストールしたり削除したりで遊んでいるわけで。MovableTypeは資本系が大手に渡って個人使用のライセンスは無料だけれど、なにか窮屈な感じがしてきたから、というわけでもないけれど、オープンソースのWordPressに俄然興味が湧いてきて、ネットで情報収集したり、まだまだ数少ない解説書まで買っていま勉強中です。

同時にXOOPSもサーバに入れてお遊戯中。どちらもデータベースを使っていて、MTのような性的、いや静的コンテンツと違って、ユーザのリクエストに応じてデータベースからコンテンツがその都度引き出されてページを作る動的コンテンツというところがWordPressの特徴、らしい(実は今知ったばかり)。

ブログのみならず普通のWebページのようにも作れるので、日本での普及率はまだまだで日本語のネット情報が少ないとはいえしばらくこれで遊んでみようかと。

「点取り占い」なるブログパーツをお遊びで貼ってみました。
リロードする度に違った言葉が現れます。
しかし次から次へとよく考えつくものですね。

April 01, 2007

千鳥ヶ淵の夜は更けて

千代田区の主宰する桜祭りで通りに露台が並ぶ神保町から九段下まで友人と待ち合わせの昭和館までそぞろ歩きしながら建て替えが決まったらしい九段下ビルの古びた姿を眺めた。以前何度か写真に撮ったりしたが、昨年撮ったスティッチ写真はこんな感じ。もういまはビル全体に網がかかっているが、まだ営業を続けている店舗もあるようだ。このビルは後ろから眺めると面白い構造になっている。

Stitching "etude #006"

昭和館前は千鳥ヶ淵の桜を愛でる客で大賑わいで、毎年いつみても美しい。武道館の「大きなタマネギ」を借景に風に舞う桜を見ていると周囲の喧噪も忘れるようだ。しかしカメラを持って来なかったのが悔やまれる。約束の時間よりかなり早く着いてしまったので、昭和館一階の古い映像コーナーで昭和11年の朝日ニュースをみたが、まだ時間が余ってしまい特別展「手塚治虫の漫画の原点」をみた。手塚の原画を見られたのが収穫。

そのまま友人と合流して靖國神社に参拝し、久しぶりに遊就館に行ってみた。リニューアル後の遊就館は初めてだ。死地に赴く直前に「お母さん、お母さん」と何行にもわたって書かかれた手紙を見て胸が詰まった。まだ二十歳そこそこの若さで逝ったこの人に今の日本を見てどう思うかを聞いてみたい衝動に駆られる。
靖國神社は九段の坂を登りつめた、言ってみれば丘の上にあるため参道の入り口から見ると大鳥居の背景が空だけになって美しい。丁度空に鳥居が浮かんでいるような景色だ。歩を進めると次第に大村益次郎像が現れてくるのがなかなか良い。

靖國の境内には出店が出ていて、有志により寄贈された桜のもと焼きそばとお好み焼きとビールでしばらく夜桜の花見をして神保町に戻りいつもの古瀬戸でお茶。見慣れた仕事場も九段から逆に歩くと何故か新鮮な気分。

« March 2007 | Main | May 2007 »

NAVIGATION

GALLERY


  • Gangs of Kabukicho.
    渡辺克巳

    097154803X
    新潮社フォトミュゼの「新宿」が絶版となっているなかで最近刊行された渡辺克巳の最新写真集。洋書。



    先般亡くなった路上の写真家、渡辺克巳の写真集。インサイダーとして夜の新宿を流した彼の生の証はその写された人々と共に永く記憶されるべき。


    ジャパン
    倉田 精二
    4106024330
    渡辺克巳とくれば倉田精二を挙げずにはいられない。日本のウィージーと言われたストリートフォトの神髄。都市の殺伐と虚像をこれほど表現した写真はない。

    にっぽん劇場写真帖
    寺山 修司・森山大道
    4106024187
    寺山と森山のコラボレーションは「あゝ、荒野」以前にもこの作品で既に成就していた。68年刊のこの作品は強烈なコントラストとイメージで時代を色濃く表現している。腰巻きの惹句「奇才ふたりが火花を散らすイメージ地獄巡り」も凄いが、天井桟敷率いる寺山へぶつける森山の渾身の「返歌」が熱い。中平卓馬がカメラを構える有名なショットもあり。これを見ずに森山は語れない。


    奈良原の写真は既に絶版になった朝日新聞社の「昭和写真全仕事」を所有しているが、トラピスト修道院に取材した「沈黙の国」「人間の土地」「消滅した時間」などパースを駆使した知的で静謐な写真は独特の美。「無国籍地」は廃墟をモチーフにした写真集。その圧倒的な画面の構成美を。

    Cui Cui
    川内 倫子
    4902943026
    川内の作品は柔らかい光と深度の浅いクローズアップなどを多用して日常の「合い間」を独特の色調で表現している。小生の勝手な感覚ではあるが彼女の作品にはどこか「彼岸の匂い」のようなものが感じられてならない。明るく静かな日常。ふと視線を外して見上げる窓の外の空。こよないものたちの空間。この作品は家族の何気ない日常をテーマとした写真集。なぜだろう、頁をめくってゆくたびに胸が詰まってくるのは。


    この間東京都写真美術館で行われた回顧展で再び植田の仕事が再評価されている。砂丘シリーズに代表されるこのモダニズムはいつまでも古びない。

Blog People

無料ブログはココログ

search


  • Google

thank you!