Flickr


  • www.flickr.com

exhibition

« 高梨豊 / 『囲市(kakoi-machi)』 | Main | 千鳥ヶ淵の夜は更けて »

March 31, 2007

レバニラとスプーン

神保町1-1、三省堂の隣に昨年出来たばかりの中華料理店、九頭鳥でレバニラ炒め定食を頼む。実は小生、レバーもニラも苦手。じゃぁ何で頼んだかというと近頃鉄分が足りないような気がしたから。時折覚える立ち眩みに一昨年だったかに患った強烈な眩暈が思い出されて怖じ気づいた。医師の見立てでは前庭神経炎という病気だったらしい。前庭とは三半規管の一部のことだ。待合室から診察室までの10歩すらまともに歩けない小生の眼をのぞき込むやいなや「あ、こりゃ駄目だ。入院します?」といわれて「え?!いや準備がなにも・・・」などといいながら自宅から信濃町の某病院までよく来れたなと自分でも感心した。感心してる場合じゃなかったが、あれから半年は時差通勤を許してもらって寝坊三昧だった・・・。朝寝坊か・・・いま一番の憧れ。うっとりする響き。

いや前庭神経炎と鉄分は多分全然関係ないと思うのだが、何故か普段嫌いなものも今日ばかりは体が求めているような不思議な気分。
で、「レバニラ炒めを」と言って全然通じず、しばらくして「ア、ニラレバネ、オマチクダサイ。」とようやく。

とどうでも良い話から始めますが、ドキュメンタリスト、森達也の「職業欄はエスパー」がYOU TUBEに上がっていて同名の本がなかなか面白かったこともあり興味深く観た。これはフジテレビのNONFIXで放映されたドキュメンタリーで、何度か渋谷のアップリンクで森達也特集として上映されたりしたが、行けずに未見だったもの。
超能力者の秋山眞人、スプーン曲げの清田益章、ダウジングの堤裕司の三人を森らしい視点で編んだ作品だ。

秋山眞人はUFOを呼ぶ少年として登場した人物。毎年大晦日に放送される超能力番組では大槻教授に食ってかかり、挙げ句の果てに番組を途中退場する人といえば分かるかも。
清田益章はついこのあいだ大麻所持で逮捕されたばかり。堤は最近テレビに登場しなくなったが彼の主宰する日本ダウザー協会のサイトもいつのまにか見つからなくなっている。(昨年、娘さんと歩いているのをお見かけしましたが。)

ユリ・ゲラーが70年代に来日してから続々と登場したスプーン曲げ少年たち。当時放送の翌日に登校するとみんなスプーンを手にしていたりした。丁度小生と同年代の彼らもその殆どは多分普通の大人になっているのだろうが、この二人はいまもそのまま超能力少年の延長上にいる(この作品もすでに10年近くが経過しているが)。そういう視点がもう少し鮮明だったならばと思う。30分番組の制約のなかでは難しいとも思うし、それだからこそ言い足りない部分を本として書いているのかも知れないが。著作と映像を同時に観ると興味深い。

■関連サイト
- YOU TUBE 「職業欄はエスパー」の検索結果


職業欄はエスパー

« 高梨豊 / 『囲市(kakoi-machi)』 | Main | 千鳥ヶ淵の夜は更けて »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21097/14419718

Listed below are links to weblogs that reference レバニラとスプーン:

« 高梨豊 / 『囲市(kakoi-machi)』 | Main | 千鳥ヶ淵の夜は更けて »

NAVIGATION

GALLERY


  • Gangs of Kabukicho.
    渡辺克巳

    097154803X
    新潮社フォトミュゼの「新宿」が絶版となっているなかで最近刊行された渡辺克巳の最新写真集。洋書。



    先般亡くなった路上の写真家、渡辺克巳の写真集。インサイダーとして夜の新宿を流した彼の生の証はその写された人々と共に永く記憶されるべき。


    ジャパン
    倉田 精二
    4106024330
    渡辺克巳とくれば倉田精二を挙げずにはいられない。日本のウィージーと言われたストリートフォトの神髄。都市の殺伐と虚像をこれほど表現した写真はない。

    にっぽん劇場写真帖
    寺山 修司・森山大道
    4106024187
    寺山と森山のコラボレーションは「あゝ、荒野」以前にもこの作品で既に成就していた。68年刊のこの作品は強烈なコントラストとイメージで時代を色濃く表現している。腰巻きの惹句「奇才ふたりが火花を散らすイメージ地獄巡り」も凄いが、天井桟敷率いる寺山へぶつける森山の渾身の「返歌」が熱い。中平卓馬がカメラを構える有名なショットもあり。これを見ずに森山は語れない。


    奈良原の写真は既に絶版になった朝日新聞社の「昭和写真全仕事」を所有しているが、トラピスト修道院に取材した「沈黙の国」「人間の土地」「消滅した時間」などパースを駆使した知的で静謐な写真は独特の美。「無国籍地」は廃墟をモチーフにした写真集。その圧倒的な画面の構成美を。

    Cui Cui
    川内 倫子
    4902943026
    川内の作品は柔らかい光と深度の浅いクローズアップなどを多用して日常の「合い間」を独特の色調で表現している。小生の勝手な感覚ではあるが彼女の作品にはどこか「彼岸の匂い」のようなものが感じられてならない。明るく静かな日常。ふと視線を外して見上げる窓の外の空。こよないものたちの空間。この作品は家族の何気ない日常をテーマとした写真集。なぜだろう、頁をめくってゆくたびに胸が詰まってくるのは。


    この間東京都写真美術館で行われた回顧展で再び植田の仕事が再評価されている。砂丘シリーズに代表されるこのモダニズムはいつまでも古びない。

Blog People

無料ブログはココログ

search


  • Google

thank you!