« 都知事選に思う | Main | 鬼海弘雄 / 『東京夢譚―labyrinthos』 »

February 23, 2007

共栄堂と増村保造『でんきくらげ』

でんきくらげ清洲橋から水天宮を眺めつつ都バスに乗って神田駅まで行き、共栄堂のカツカレーを食べてから帰宅。この共栄堂は神保町のスマトラカレーの共栄堂とは親戚らしいが、そのカレーは全然違う。神保町共栄堂にはかれこれ25年近くも行っているが、この神田共栄堂へ行くのは初めてだ。どちらかというと神田は神保町よりもサラサラしていてスープに近い感じ。でも慣れ親しんだ神保町のほうが好きかも。

で、胸ポケットに入れた筈のバスカードがなくなっているのにふと気が付いた。普段、ポケットには5x3カードを束ねたHipstarPDAを入れているが、これを出し入れするうちにバスカードを落としてしまったらしい。まだ3500円位の残額があったのに。痛い・・・。明日の昼食はカップラーメンにしようかなどと。

気を取り直して、昨夜録画しておいた映画、増村保造監督「でんきくらげ」を観た。
渥美マリ主演、川津祐介、根岸明美、中原早苗、西村晃、永井智雄、玉川良一ほか。
渥美の作品はほか「しびれくらげ」(70年) 「夜のいそぎんちゃく」(70年)の「軟体動物シリーズ」(しかしなんというシリーズだ・・・)などお色気路線が中心だが作名に騙されてはいけない。
バーのホステスである母親(根岸)の男に関係を強要され、それを知った母親は男(玉川)を殺し服役する。その母親への想いから由美(渥美)は自らホステスとなり男を手玉に取りながら大金を手にする。誰にも所有されず飽くまで自分の生きたいように生きるという女性像、これは80年代以降によくドラマのモチーフとなった女性の自立というテーマを先取りした作品ともいえるかも知れない。
弁護士崩れでバーのマスターの野沢(川津)も結果的に利用されるのだが、この時代の映画で必ずと言って良いほど出てくるゴーゴーシーンの渥美と川津の踊りが必見。いつものことながらいま見るともうなんというか、つい笑ってしまう。渥美のセリフ回しは意図的なのかどうか、押し殺したような棒読みなのが不気味な迫力を醸していてこのテイストに気が付いてしまうとつい一連の作品を通して観たくなってしまう。1970年、92分、大映。

« 都知事選に思う | Main | 鬼海弘雄 / 『東京夢譚―labyrinthos』 »

CINEMA」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21097/14029646

Listed below are links to weblogs that reference 共栄堂と増村保造『でんきくらげ』:

« 都知事選に思う | Main | 鬼海弘雄 / 『東京夢譚―labyrinthos』 »

NAVIGATION

無料ブログはココログ

search


  • Google

thank you!