« 梅佳代 on 情熱大陸 | Main | さびしかったわどうしたの »

January 21, 2007

無料マンガ誌 / 『コミックガンボ』

Gamboこの間、有楽町の駅前を歩いていたらなにかを配っていて、またクーポン誌かと思ってやり過ごそうとしてよく見たらマンガ雑誌だった。
そういえば、そんなニュースをどこかで見たような覚束ない記憶を辿って慌ててもらうことにした。

コミック・ガンボは出版社のデジマが創刊した週刊マンガ誌でなんと無料。毎週火曜と水曜の朝と夕方に首都圏の駅前などで配布。地域により配布日と時間が異なっていて、次号をもらおうと思えば巻末の配布予定を良くチェックしておくと貰い損ないがすくなくなるだろう。同じコンテンツがパソコンやケータイでも読めるという趣向で、おそらくというより勿論フリーを成立させているのは広告収入なのだろう。

商業誌と異なりフリーであれば全て原稿料の高い人気作家で埋める必要はなく、むしろ目玉となる著名な作家を一人設定しておけば、あとは単価の安い新人を起用してコストを安くすることが出来る。
このガンボの場合、江川達也の「BOCCHAN 坊ちゃん」がこれに当たるのだろう。
フリーであればこそ、商業誌にないスタンスで新人の起用もしやすくなり、ことによるとこれを踏み台にしたメジャーデビュー作家も今後出てくるかも知れない。

広告効果という意味ではそれがマンガであれば配布時の受け取り率は高くなるだろうし、連載を続けることでリピータ率を上げることにつながる。その意味でマンガというメディアに目を付けたのはなかなか良いアイデアだ。

しかし広告で成り立っているとはいえ、それほど商業誌に較べて広告が多い感じもない。ちゃんとグラビア頁まである。この辺りはタレント事務所とのコラボなどのビジネスもあるかも知れないが、無料とはいえなかなか立派なものだ。
ビジネスモデルとして目新しく面白い試みなだけにその今後が気になる。とりあえず来週ももらっておこうかと。

■関連サイト
- コミック・ガンボ「GUMBO」
http://gumbo.jp/pc/

« 梅佳代 on 情熱大陸 | Main | さびしかったわどうしたの »

マンガ・劇画」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21097/13604821

Listed below are links to weblogs that reference 無料マンガ誌 / 『コミックガンボ』:

« 梅佳代 on 情熱大陸 | Main | さびしかったわどうしたの »

NAVIGATION

無料ブログはココログ

search


  • Google

thank you!