« 目玉はなぜ親父なのか~ゲゲゲのルーツ | Main | 『出版業界最底辺日記』と『裁判長!ここは懲役4年でどうすか』 »

September 03, 2006

カメラの匂い

少々変な話ではあるが・・・カメラには機能、デザインと並んで実は匂いという要素がある、と思う。などと言うとカメラマニアの戯れ言、変態的偏愛嗜好などと言われるかも知れないが、その通りで返す言葉がない(笑)。
カメラを構えるときに光学ファインダーを(光学などとわざわざ言わなければならない今日この頃)覗くと、自然と裏蓋に鼻が来てそこはかとなく香るカメラの匂い。金属と塗料、そして表面に張られた皮やグッタペルカの香りといってしまえばそれまでだが、この香りが緻密に詰まった内部のメカニカルを想像させてグッと来てしまうことがよくある。
ことに中古カメラにはその香りに恐らく内部のグリスの劣化やほのかな金属のサビが加わって、得も言われぬ香りが醸し出されていることがあって、ショーケースからカメラを出して貰い、シャッターや巻き上げなどを確認するフリをしてコッソリ匂いを確かめることがよくある。不審に思われないよう飽くまでもコッソリとだ。そうやっているうちにマウント蓋や裏蓋を開けて思い切り匂いを確認したくなる衝動に駆られたりする。そんなことをすると多分店の人に変態扱いされるに違いない。出入り禁止の上、翌日から「匂いフェチのかたお断り」などと紙が貼り出されているかも知れない。
以前購入したローライコードには皮製のカメラケースが付属していたが、前の持ち主が恐らくこの皮を手入れした際に塗り込んだ皮革クリームの香りの、外国のしかも古い時代の得も言われぬ匂いに郷愁を感じてしまった。
ロシアや中国のカメラにはこれまた独特の香りがある。

この匂いが最近の銀塩でもデジタルでも薄くなっているような気がして残念だ。
表面がプラスチックになっているからだろうし、内部も金属の使用が極端に減っているからだろう。
焼き付け塗装という技術も、もう使われなくなっているのかも知れない。

書痴、書物偏愛などという言葉を語るとき、必ず古書の持つ匂いについて触れられたりするが、これはカメラにも当てはまる。しまいにエスカレートしてカメラ店でいきなりカメラを舐めたりしないよう今から気を付けなくちゃ(笑)。

両手を伸ばして液晶を眺めるデジタルカメラではカメラの匂いはなかなか嗅げませんよ(笑)
第一、そんな構えでは手ブレしますし。あ、手ブレ補正でしたか・・・

« 目玉はなぜ親父なのか~ゲゲゲのルーツ | Main | 『出版業界最底辺日記』と『裁判長!ここは懲役4年でどうすか』 »

写真」カテゴリの記事

Comments

gutta-percha ぐったぺるか ガタパーチャ って杜仲の木の樹液からも採れるのだとか。
知らなかったです。

どうも、コメント有り難うございます。グッタペルカってカメラ用の人工皮革のことと思っていましたが、天然素材だったのですね。私もググって今知りました(笑)
杜仲から・・・道理で漢方薬臭いと思いました、そんなことないか(笑)

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21097/11739213

Listed below are links to weblogs that reference カメラの匂い:

« 目玉はなぜ親父なのか~ゲゲゲのルーツ | Main | 『出版業界最底辺日記』と『裁判長!ここは懲役4年でどうすか』 »

NAVIGATION

無料ブログはココログ

search


  • Google

thank you!